タグ別アーカイブ: Editors

アルバム『In Dream』 (かんたん感想)

前作『The Weight of Your Love』から2年と3か月。Editorsの新作を待っている間の時間は、自分にとってはいつも果てしなく長いです。
そういうわけで、今回で彼らのアルバム『In Dream』も通算5作目。今年唯一にして一番楽しみにしていたCD。いや本当に……、本当に何より待ち望んでいました。

イン・ドリーム

イントロダクション

今年は、2005年の1stアルバム『The Back Room』から10周年という年でもあり、今作は彼らにとっては一つの節目となるアルバム。
これまでのアルバムは、毎作誰かしらプロデューサーとタッグを組んで製作されていましたが、今回は初のバンドによるセルフ・プロデュース作となったようです。ある意味では今までで一番バンド自身の価値観が自由に発露しているアルバムかも。
2015年の4月には先行シングル『No Harm』がリリースされ(この時点では時期的に夏にアルバム発売かと思ってました……)、6月には『Marching Order』、8月には『Life is a Fear』がそれぞれ発表。こうして見るとアルバム発売までに2か月ごとに何かしら発表してたんですね。

あと、ミュージック・ビデオやジャケットの撮影まで、写真家のRahi Rezvaniとコラボしてるのも今作のプロモーションの特徴。常にモノクロ調の画像が印象的で、バンドの雰囲気とはよく合っていると思います。

レビュー

全体としては、前作よりもコンピューターとエレクトロニック色が強まっていて、そこはかとなく3rdアルバム『In This Light And On This Evening』の音に回帰したかに聞こえます。が、通しで聴いてみれば、ロックらしい壮大さと世界観の広さは健在。むしろ実態としては、3rd以前に作ってきた音楽路線と、5人編成以後にできてきた新しいバンド路線とがミックスされてできた感じです。(この辺りの感想は、日本版のライナーノーツに書かれてることと同じです。)

アルバムを貫くテーマというものは、今回はあまりはっきりとは見えません。でも個人的に、アルバムタイトルの”Dream”という言葉から「幻想」を感じます。
幻想はEditors初期の曲から繰り返し見られるテーマで、夢とも現実とも付かないようなヴィジョンが歌詞にも現われてきました。今作も例えば2曲目の『Ocean Of Night』、4曲目の『Salvation』、5曲目の『Life Is A Fear』、そして10曲目『Marching Orders』と、どこか現実とは違う世界が見えていそうなサウンドが印象的でした。

あと、途中で雰囲気がガラリと変わる曲が何曲か。7曲目『Our Love』と8曲目『All The Kings』は、初めて聴いた時にはトラックが途中で変わったのかと思いました。それぐらい、今作の曲は構成のバリエーションが多彩だと思います。

各曲レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -音楽

『Open Your Arms』&『Distance』レビュー -アルバム『The Back Room』 各論編

アルバム『The Back Room』を各曲レビューしていく試みも、ギリギリ2013年内に終わりそうです。最後の2曲は一気に見ていきます。途中では脱線話として、音楽をアルバムで聴く醍醐味についても書いてみました。

ライナーノーツ的解説

『Open Your Arms』

“Open your arms and welcome people to your town”
 (腕を広げて 君の町に人々を迎えるんだ)

続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -音楽

『Someone Says』レビュー -アルバム『The Back Room』 各論編

アルバム『The Back Room』の各曲レビューも、今回を含めてあと3曲分です(ボーナストラックは今回は省略します)。今回は『Someone Says』について。

ライナーノーツ的解説

“If no one can help you, then how can I?”
 (誰も君を助けられないなら、どうして僕にできる?)

続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -音楽

『Bullets』レビュー -アルバム『The Back Room』 各論編

もうだいぶ長いこと続いているこのレビューですが、今回はアルバム『The Back Room』の第8曲、『Bullets』について。

ライナーノーツ的解説

“You don’t need this disease
Not right now”
 (君にこの病は必要ない
 とにかく今は)

続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -音楽

あたふたしたこと

今日、私はとある理由から、フローチャートとかダイアグラムを作成できるフリーソフトを探していました。それで海外のソフト(名前は伏しますが)のインストーラーをダウンロードしました。
インストーラーをデスクトップに作っておいて、それを起動して手順を進んでいくと、ファイルをどこに展開するか、という段になります。Windowsを使っていたら、デフォルトの選択肢は大抵C:ドライブ内の「Program Files」ですよね。しかし、その時の私はついクセで「マイドキュメント」を選択しました。まだこのソフトがほんとに有用がどうか分からなくて、使えないならすぐに削除できるようにとりあえずそこに作っておこうと思ったわけです。
展開が終わって「マイドキュメント」を見てみると、なんとそのソフトのデータが、一つのフォルダにまとめられてなくて、バラバラの状態で存在していたのです。つまり、普通なら自動で作られたフォルダの中に入っているような実行形ソフトとか、readmeテキストとか、下位のデータフォルダとか、アンインストーラーとかがそのまんま「マイドキュメント」上に展開されてたんです。
(これは素直に「Program Files」に展開しときゃ良かったな……。)と思いましたが、まあまずはソフトを立ち上げてみよう、あとでファイルはまとめ直そう、と思ったんです。
ところが、ソフトが上手く起動されません。一瞬だけ準備画面が表示される気配があるのですが、待てども暮らせども起動しない。
これは諦めてもう一度ダウンロード・インストールし直した方が良いかと思って(その時点でインストーラーはもう用済みだと思って削除していたのです)、とりあえず今あるものをアンインストールしようと思いました。一応「マイドキュメント」上にアンインストーラーはあることですし。

アンインストーラーを起動すると、どこの国の言語か分からないウィザードが表示されました。なんかノルウェーとかどこかの言葉に見えましたが、読めません。言語設定をしていないからなのか、まあでも要するにやりたいことは分かるだろうと思って、そのまま「次へ進む」らしきボタンを数度クリックします。
ぽんぽんステップを進んでいくと、アンインストールが始まりました。ただ、気になったのが、途中何度かウィンドウが現れて、またしても何か分からない言葉で何かを知らせてきたんです。まあでも別に良いかと思って、「OK」らしきボタンをクリック。ほどなくしてアンインストールは完了しました。

そのとき何が起きていたか、PCに詳しい方ならもう察していると思います。
アンインストールが終わった後、「マイドキュメント」を見てみると、そこにあった件のソフトも含めた、あらゆるデータが一つ残らず削除されていたのです。
冷や汗って久しぶりにかきました。
見間違いかと思いました。
でも、今まで貯めてきた音楽、画像、動画などのデータが全部削除されてるんです。
原因はあのアンインストーラーです。あれは、そのアンインストーラー自身が含まれているフォルダの内容を全て削除する働きをします。なので、本来そのソフト専用に作られたフォルダ内でなら正しい働きをしてくれます。
でも、今回はそれが「マイドキュメント」というフォルダだった……。しかも知らない言語だったので警告の意味も分からなかった……。

真っ白になりかけた頭でも、「ファイル_復旧」というワードだけはすぐに思い浮かんだので、急いで検索し、ファイル復旧用ソフトをダウンロードし(今度はちゃんと「Program Files」にダウンロードしたよ!)、復旧作業を始めました。

そして現在に至ります。
ファイル復旧ソフトは7割方のデータを救い出してくれました。
復旧不可能なデータもありましたが、かなり妥協しました。CDから取り込んだ音楽データとかなら、またCDから取り込めば良いだけと思い、もうどこでも手に入らない壁紙データもいくつか手元に残ってる分で満足しようと。
……でも、悔やしかったのが、ダウンロード販売でしか入手できない音楽データが2曲戻らなかったこと。最近このブログで紹介しているEditorsの、B面曲などを含んだデジタルアルバム”You Are Fading”の中から、”Some Kind of Spark”と”I Want a Forest”という曲が復旧されませんでした。
うーん……、でも2曲のためにまた$10.99(全体の価格)を払うのもなぁ……、と思って悩んでます。日頃からバックアップを取っておかなかったのが悔やまれます。
復旧された音楽データも、よく聴いてみると音が飛んで破損してるものもありました。嫌なものですね……。というわけでまたCDを引っ張り出してきて取り込み直す作業をやってきます。
たまのブログの更新が、こんなトホホな内容で申し訳ないですが、最後に自分への戒めとして教訓を載せて終わりたいと思います。

教訓1. フリーソフトをダウンロードするときは、とりあえずはデフォルトの展開先に展開して、一つのフォルダにまとめること。
教訓2. 「マイドキュメント」など、他の重要データがたくさんあるフォルダにアンインストーラーが無いかどうか注意すること。
教訓3. 貴重そうなデータは、面倒くさがらず別のデバイスにバックアップをとっておくこと。お金を払ってダウンロードしたデータは特に。

コメントする

カテゴリー: 気になること