タグ別アーカイブ: Editors

アルバム『Violence』(かんたん感想)

Editors(エディターズ)の第6作目のアルバムが!約2年半ぶりに出ました!…と当たり前のようにこの投稿を書き始めようとしましたが、ふと手を止めて冷静に考えました。

6枚目のアルバム。今私が持ってるどのアーティストのCDよりも多い数です。個人的にもともと好きになるバンドの数は少ないんですが、これだけ多くの数のCDを持つことになるなんて今まで想像したこともありませんでした。

ヴァイオレンス

レビュー

いやもう、本当にどうしたら良いんでしょうか? このバンドは毎回最高傑作を作ることしかできないんでしょうか? と思ってしまうほどとんでもなく素晴らしいサウンドでした。軽率な発言と分かってても、私は迷わず「最高傑作」と評したいです。『Violence』というアルバムは、Editorsをさらなる高みに導きました。

サウンドの印象を一言で言い表すなら、まさにヴォーカルのトム自身が言う通り、”Brutal(粗暴)”
シンセサイザーは前作『In Dream』から引き続き残されていますが、ギターサウンドはかつてないほど鮮やかで鋭くなり、ドラムビートはかつてないほど激しくなっています。踊り出したくなるほどの躍動感。クリアでどこまでも広がっていきそうな開放感。
今回も何か一つの統一的なテーマやコンセプトに沿って作られたアルバムではありません。詳しくは2017年9月の↓のインタビューを参照いただきたいんですが、ベースのラッセルは今回のアルバムを、一曲一曲の継ぎはぎ(patchwork)的な制作と回答しています。

Editors on their next album, career highlights + their soaring popularity in Europe – GIGWISE
https://www.gigwise.com/features/110679/editors-on-their-next-album-russell-leetch-and-ed-lay

同じインタビューの中で、過去作のサウンドとの比較について問われた際、ラッセルは「『An End Has A Start』と『In Dream』に掛け合わせた」感じと答えてますが、私の印象もまさにそんな感じで、『AEHAS』のギターの疾走感と『In Dream』のシンセ主体の音作りが互いに絶妙なバランスで着地したイメージです。

それにしても、この『Violence』というタイトル。初めて見た時はどきりとさせられました。なんて不穏な単語でしょう。ある意味で彼ららしくないワードチョイスだと最初感じました。改めて過去のアルバムタイトルを振り返ると、

『The Back Room』=「奥の部屋」
『An End Has A Start』=「終わりが始まる」
『In This Light and On This Evening』=「この黄昏のこの光の中で」
『The Weight of Your Love』=「お前の愛の重さ」
『In Dream』=「夢の中で」

このラインアップの中に、この一単語が加わるわけです。

『Violence』=「狂おしき力」

2016年にイギリスはBrexitという大きな局面を迎えていて、そういった情勢がバンドの心理にも何かしら影響を与えていたのかもと勘繰ってしまいいました。先行公開されていた『Magazine』や『Hallelujah (So Low)』の印象もあり、今回どこかポリティカルなとげとげしさに走ってしまうのではないかと。

そういった心配は、結局は杞憂で済みました。時代が新しくなってもEditorsはEditorsらしさを見失ったりしていません。そして同時に、Editorsは常に新しい存在に生まれ変わり続けていきます。
それこそがきっとこのバンドの姿なんでしょう。一つ所に安住せず、常にどこかを目指して進み続ける。私の憧れているスタイルです。

では、以下でいつもの通り各曲レビューを。
続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -音楽

アルバム『In Dream』 (かんたん感想)

前作『The Weight of Your Love』から2年と3か月。Editorsの新作を待っている間の時間は、自分にとってはいつも果てしなく長いです。
そういうわけで、今回で彼らのアルバム『In Dream』も通算5作目。今年唯一にして一番楽しみにしていたCD。いや本当に……、本当に何より待ち望んでいました。

イン・ドリーム

イントロダクション

今年は、2005年の1stアルバム『The Back Room』から10周年という年でもあり、今作は彼らにとっては一つの節目となるアルバム。
これまでのアルバムは、毎作誰かしらプロデューサーとタッグを組んで製作されていましたが、今回は初のバンドによるセルフ・プロデュース作となったようです。ある意味では今までで一番バンド自身の価値観が自由に発露しているアルバムかも。
2015年の4月には先行シングル『No Harm』がリリースされ(この時点では時期的に夏にアルバム発売かと思ってました……)、6月には『Marching Order』、8月には『Life is a Fear』がそれぞれ発表。こうして見るとアルバム発売までに2か月ごとに何かしら発表してたんですね。

あと、ミュージック・ビデオやジャケットの撮影まで、写真家のRahi Rezvaniとコラボしてるのも今作のプロモーションの特徴。常にモノクロ調の画像が印象的で、バンドの雰囲気とはよく合っていると思います。

レビュー

全体としては、前作よりもコンピューターとエレクトロニック色が強まっていて、そこはかとなく3rdアルバム『In This Light And On This Evening』の音に回帰したかに聞こえます。が、通しで聴いてみれば、ロックらしい壮大さと世界観の広さは健在。むしろ実態としては、3rd以前に作ってきた音楽路線と、5人編成以後にできてきた新しいバンド路線とがミックスされてできた感じです。(この辺りの感想は、日本版のライナーノーツに書かれてることと同じです。)

アルバムを貫くテーマというものは、今回はあまりはっきりとは見えません。でも個人的に、アルバムタイトルの”Dream”という言葉から「幻想」を感じます。
幻想はEditors初期の曲から繰り返し見られるテーマで、夢とも現実とも付かないようなヴィジョンが歌詞にも現われてきました。今作も例えば2曲目の『Ocean Of Night』、4曲目の『Salvation』、5曲目の『Life Is A Fear』、そして10曲目『Marching Orders』と、どこか現実とは違う世界が見えていそうなサウンドが印象的でした。

あと、途中で雰囲気がガラリと変わる曲が何曲か。7曲目『Our Love』と8曲目『All The Kings』は、初めて聴いた時にはトラックが途中で変わったのかと思いました。それぐらい、今作の曲は構成のバリエーションが多彩だと思います。

各曲レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -音楽

『Open Your Arms』&『Distance』レビュー -アルバム『The Back Room』 各論編

アルバム『The Back Room』を各曲レビューしていく試みも、ギリギリ2013年内に終わりそうです。最後の2曲は一気に見ていきます。途中では脱線話として、音楽をアルバムで聴く醍醐味についても書いてみました。

ライナーノーツ的解説

『Open Your Arms』

“Open your arms and welcome people to your town”
 (腕を広げて 君の町に人々を迎えるんだ)

続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -音楽

『Someone Says』レビュー -アルバム『The Back Room』 各論編

アルバム『The Back Room』の各曲レビューも、今回を含めてあと3曲分です(ボーナストラックは今回は省略します)。今回は『Someone Says』について。

ライナーノーツ的解説

“If no one can help you, then how can I?”
 (誰も君を助けられないなら、どうして僕にできる?)

続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -音楽

『Bullets』レビュー -アルバム『The Back Room』 各論編

もうだいぶ長いこと続いているこのレビューですが、今回はアルバム『The Back Room』の第8曲、『Bullets』について。

ライナーノーツ的解説

“You don’t need this disease
Not right now”
 (君にこの病は必要ない
 とにかく今は)

続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -音楽