タグ別アーカイブ: 音楽

2015年に出会った作品達を振り返る

もうすぐ2015年終わるという感覚がしないのですが、もう終わりみたいです。
個人的に今年は色々と変化が多かった一年で、それに順応していくので精一杯という印象でした。やろうと思っていたことができなかったり、だらだらと先延ばしになったり。当たり前ですけど、時間って有限ですね……。
そんな中でもきちんと本を読んだり映画観る時間は確保したいなと思ってます。というわけで今年もこれやります。

映画

新作

  • トラッシュ!-この街が輝く日まで-
    トラッシュ!-この街が輝く日まで- [DVD]
  • ベイマックス
    ベイマックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
  • アメリカン・スナイパー
    アメリカン・スナイパー [DVD]
  • イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
    イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 コレクターズ・エディション(2枚組)[初回限定生産]アウタースリーブ付 [DVD]
  • バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
    バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [DVD]
  • セッション
    セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]
  • チャッピー
    CHAPPIE/チャッピー アンレイテッド・バージョン  [DVD]
  • マッドマックス 怒りのデス・ロード
    マッドマックス 怒りのデス・ロード [Blu-ray]
  • ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
    ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
  • ナイトクローラー
    ナイトクローラー [DVD]
  • キングスマン
    KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [DVD]
  • ジョン・ウィック
    ジョン・ウィック コレクターズ・エディション(スチールブック仕様・日本オリジナルデザイン) [Blu-ray]
  • 屍者の帝国
    屍者の帝国 [DVD]
  • ハーモニー
    ハーモニー [DVD]
  • コードネーム U.N.C.L.E.
    The Man from U.N.C.L.E コードネーム U.N.C.L.E. US盤Blu-ray
  • 007 スペクター
    映画パンフレット 007 SPECTRE スペクター
  • スター・ウォーズ/フォースの覚醒
    スター・ウォーズ/フォースの覚醒 [Blu-ray]

旧作

コラテラル
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

映画の当たり年なので、観たい映画は機会を逃さずに観に行けたかと思います。何度かリピートで観に行った作品もあって、今年映画館に行った回数で言えば20回ですね。
実は今年でIMAX上映を初めて観に行くようになったんですけど……、映像と音響に完全にハマってしまいました。今後は気になる映画はIMAXでチェックすることにすると思います。少し料金を足してでも観に行く価値があります。
ちなみに、『ジョン・ウィック』のIMAX上映は2回観に行きました。おかげで、せっかくムビチケカードを買ったのに一度も使わないまま(IMAX上映の席予約には使えないので)、上映期間が終了してしまいましたが、今となっては良い思い出です。
いやホントに今年の映画は何から何まで伝説級です……。
続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: 当ブログについて, 気になること

アルバム『In Dream』 (かんたん感想)

前作『The Weight of Your Love』から2年と3か月。Editorsの新作を待っている間の時間は、自分にとってはいつも果てしなく長いです。
そういうわけで、今回で彼らのアルバム『In Dream』も通算5作目。今年唯一にして一番楽しみにしていたCD。いや本当に……、本当に何より待ち望んでいました。

イン・ドリーム

イントロダクション

今年は、2005年の1stアルバム『The Back Room』から10周年という年でもあり、今作は彼らにとっては一つの節目となるアルバム。
これまでのアルバムは、毎作誰かしらプロデューサーとタッグを組んで製作されていましたが、今回は初のバンドによるセルフ・プロデュース作となったようです。ある意味では今までで一番バンド自身の価値観が自由に発露しているアルバムかも。
2015年の4月には先行シングル『No Harm』がリリースされ(この時点では時期的に夏にアルバム発売かと思ってました……)、6月には『Marching Order』、8月には『Life is a Fear』がそれぞれ発表。こうして見るとアルバム発売までに2か月ごとに何かしら発表してたんですね。

あと、ミュージック・ビデオやジャケットの撮影まで、写真家のRahi Rezvaniとコラボしてるのも今作のプロモーションの特徴。常にモノクロ調の画像が印象的で、バンドの雰囲気とはよく合っていると思います。

レビュー

全体としては、前作よりもコンピューターとエレクトロニック色が強まっていて、そこはかとなく3rdアルバム『In This Light And On This Evening』の音に回帰したかに聞こえます。が、通しで聴いてみれば、ロックらしい壮大さと世界観の広さは健在。むしろ実態としては、3rd以前に作ってきた音楽路線と、5人編成以後にできてきた新しいバンド路線とがミックスされてできた感じです。(この辺りの感想は、日本版のライナーノーツに書かれてることと同じです。)

アルバムを貫くテーマというものは、今回はあまりはっきりとは見えません。でも個人的に、アルバムタイトルの”Dream”という言葉から「幻想」を感じます。
幻想はEditors初期の曲から繰り返し見られるテーマで、夢とも現実とも付かないようなヴィジョンが歌詞にも現われてきました。今作も例えば2曲目の『Ocean Of Night』、4曲目の『Salvation』、5曲目の『Life Is A Fear』、そして10曲目『Marching Orders』と、どこか現実とは違う世界が見えていそうなサウンドが印象的でした。

あと、途中で雰囲気がガラリと変わる曲が何曲か。7曲目『Our Love』と8曲目『All The Kings』は、初めて聴いた時にはトラックが途中で変わったのかと思いました。それぐらい、今作の曲は構成のバリエーションが多彩だと思います。

各曲レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -音楽

映画『セッション』を観た (かんたん感想)

4月は2週連続で、アカデミー賞獲得作の公開でした。2週目に観たのがこれ。
もともと個人的にノーマークの映画だったんですが、一部の人が「『バードマン』を越える衝撃!」と絶賛して以来、気になっていました。

イントロダクション

音楽学校に通うジャズ・ドラマーの青年が、スパルタ教育の鬼教師に出会い、自らの音楽への情熱を次第に変質させていくドラマ。

監督は若手のデミアン・チャゼルで、自らも過去にジャズ・ドラムをやったことがあり、また厳しい教師に教えられたことがあったそうで、この映画はその経験が基になっているそうです。

主演はマイルズ・テラーで、劇中で実際に披露しているドラムさばきが本当に凄まじいです。そして、音楽界のハートマン軍曹と呼ばれそうな鬼教師役に、J・K・シモンズ。個人的に『スパイダーマン』シリーズの編集長役のイメージしか無かったのですが……、この映画では喋っていても黙っていても本当に怖かったです。

アカデミー賞で助演男優賞と編集賞、録音賞を受賞。アメリカでの公開が2014年10月10日で、日本では2015年4月17日に封切り。

あらすじ

19歳のアンドリュー・ニーマン(演: マイルズ・テラー)は、アメリカの名門シェイファー音楽学校で、ジャズ・ドラムの演奏をしている。ある時、学校の優秀な生徒を集めたバンドを率いる、フレッチャー教授(演: J・K・シモンズ)と出会ったニーマンは、勢い込んでドラムの腕を披露するが、フレッチャーはまともに聴かずに帰ってしまう。一度は落ち込む彼だが、授業中に抜き打ちで再びフレッチャー教授のテストを受けた際には認められ、彼のバンドへとスカウトされる。ニーマンは、憧れを抱いていた女性ニコル(演: メリッサ・ブノワ)をデートに誘うことにも成功し、満ち足りた気持ちになっていた。
しかし、練習の初日、彼は寝坊をして朝6時の集合に遅刻する。慌てて練習場所に向かったが、部屋には誰もおらず、実際の練習開始時間は9時だった。その時間が近づくとバンドメンバーが続々と集まるが、9時ちょうどにフレッチャーが現われた瞬間、部屋の空気は一気に張りつめたものとなる。事情をよく呑み込めないニーマン。しかし、練習が始まると、フレッチャーはバンドメンバーの一人の演奏の出来を、激しい罵り言葉で叱責する。メンバーはやがて泣きながら退場させられてしまう。
ニーマンもドラムを演奏するが、フレッチャーに「テンポが狂っている」と何度も指摘され、しまいには椅子を投げられ、頬を叩かれる。怒声を浴び続け涙を流したニーマンだが、その後、まさに血の滲むような自主練習に打ち込み始める。それは、フレッチャーに認められ、偉大なドラマーになるという夢を叶えるためだった。練習に時間を割くため、彼は付き合っていたニコルとも別れる。しかし、ニーマンは依然としてドラムの主演奏者の側で、楽譜のページめくりという役割しか与えられない。
ある演奏大会に出場した際、主演奏者から演奏曲「ウィップラッシュ」の楽譜を預けられたニーマンは、僅かに目を離した間に楽譜を無くしてしまう。楽譜無しでは主演奏者は演奏できないが、猛烈な自主練習によって楽譜を暗記していたニーマンは、自分が代わりに「ウィップラッシュ」を演奏すると名乗り出て――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『セッション』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

2014年に出会った作品達を振り返る

最近は年の終わりを迎えると、「今年は昨年よりたくさん映画を観られたのかなぁ」とか、「今年は昨年よりたくさん本を読めたのかなぁ」ということを思うようになっています。
というわけで、清算の時は来ました。この1年で自分が出会った映画や音楽、小説などなどを思い出せる限り振り返ってみます。(順不同です。)

映画

以上、全て映画館で鑑賞しました。昨年2回しか映画館に行かなかったことを考えれば、我ながら進歩した気がします。
というか、今年は「観たい!」と思わせる良作揃いでしたね! 本当に。都合で泣く泣く見送った作品や、興味の無かった作品でも、後の評判を聞いて「やっぱ観ときゃ良かった……」ってなったこともしばしばでした。

    番外編 「気になっていたけど観られなかった映画」:
    『ケープタウン』、『ゴーン・ガール』、『フューリー』

    「観なかったけど後から観たくなった映画」:
    『LEGO ムービー』、『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』、『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』、『6才のボクが、大人になるまで。』、『her 世界でひとつの彼女』

来年は来年で、『Star Wars Force Awakening』とか、007の『Spectre』とか、特大タイトルが控えている当たり年になりそうですね。全部見切れると良いですけど……。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 当ブログについて, 気になること

アルバム『x』(マルティプライ)を聴いてみた (かんたん感想)

6月25日に発売されたEd Sheeran(エド・シーラン)のセカンドアルバム、『x』(マルティプライ)を、遅ればせながら入手しました! もちろん日本版、デラックスエディションの方ですよ。

Multiply (X)←通常盤
X←デラックスエディション(見分けが付かない)

先日アルバム『+』を買った時以来、もうすっかりEdのファンになってしまったわけです。つい最近、8月上旬にも来日してライブをやってましたが、そのことを私は彼自身の来日直後のツイートで知ったものですから、当然ライブのチケットは取れなくてそもそも予定も空けてなくて……、行けませんでした。残念無念。
いやぁ、凄い行ってみたかったんですけど。チケット争奪戦も激しかったのかな。
あ、代わりに日テレ系の朝番組「スッキリ!!」での生演奏はバッチリ観ましたよ! テレビで動いてるEdの姿を見るのは何だか新鮮な感じでした。
次の来日があれば、その時こそライブで見たいですね。

と、いうわけで、セカンドアルバムです。
これを書いてる時点で「全英チャート8週連続1位」だそうで、すさまじい人気です。
では以下で、いつものごとくかんたんに感想を。

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -音楽