タグ別アーカイブ: 映画

『ブレードランナー2049』冒頭10分間のシーンで脚本の研究

『ブレードランナー2049』を好きな理由は色々ありますが、脚本の洗練された語り口も魅力の一つだと思っています。
特に冒頭10分間のシーンは、それ単独で一つの短編小説みたいに濃縮された面白さがあると思っていて、初めて観た時はもうそこだけで「これは凄い映画になるぞ…」という予感を持ったものです。実際それは当たってました。

というわけで、この記事では冒頭10分間のシーンの脚本を詳細に掘り下げていき、ストーリーテリングに使われているテクニックなどを見てみたいと思います。
なお、今回でいう「脚本」は、映画制作の段階で使われた脚本のことではなく、完成した映画本編の内容のことを指します。
(前者の脚本はあくまで「こういう物語にする」予定のことを書いてある台本で、実際には撮影現場でのアイデアを取り入れたり編集段階での修正を加えたりして、完成した映画は脚本とは異なるからです。)

そのため、以下の劇中の文章は、映画の脚本を引用したものではなく、本編の映像を筆者が観て一から書き起こしたものです。
ご了承ください。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ブレードランナー2049』
※冒頭10分以内の重大なネタバレを含みます。

それでは、まずはオープニングスクリプトから。

 

REPLICANTS ARE BIOENGINEERED HUMANS, DESIGNED BY TYRELL CORPORATION FOR USE OFF-WORLD.
THEIR ENHANCED STRENGTH MADE THEM IDEAL SLAVE LABOR

(レプリカント地球外惑星オフワールドでの使用を目的として、タイレル社により開発された人造人間である。彼らの強化された身体能力は、理想的な奴隷労働力として使われた)

AFTER A SERIES OF VIOLENT REBELLIONS, THEIR MANUFACTURE BECAME PROHIBITED AND TYRELL CORP WENT BANKRUPT
(だが何度も反乱を起こしたためその製造は禁止され、タイレル社は倒産する)

THE COLLAPSE OF ECOSYSTEMS IN THE MID 2020s LED TO THE RISE OF INDUSTRIALIST NIANDER WALLACE, WHOSE MASTERY OF SYNTHETIC FARMING AVERTED FAMINE
(2020年代半ばの生態系エコシステムの崩壊により、企業家二アンダー・ウォレスが台頭。彼の合成農業によって人類は飢餓を回避した)

WALLACE ACQUIRED THE REMAINS OF TYRELL CORP AND CREATED A NEW LINE OF REPLICANTS WHO OBEY
(ウォレスはタイレル社の資産を取得し、より従順な新型レプリカントの製造を開始)

MANY OLDER MODEL REPLICANTS – NEXUS 8s WITH OPEN-ENDED LIFESPANS – SURVIVED.
THEY ARE HUNTED DOWN AND ‘RETIRED’

(旧型のレプリカント――寿命の制限のないネクサス8型――は多数生き延びたが、”解任”の対象となり追跡された)

THOSE THAT HUNT THEM STILL GO BY THE NAME…
(彼らを追う捜査官は今もこう呼ばれる…)

B L A D E R U N N E R
(ブレードランナー)

 

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -映画

[トリビア]『ジョン・ウィック』の劇中で”Hitman”(殺し屋)という単語は一度も使われない

明日使えないムダ知識をあなたに
 

概要

いきなりですが、ジョン・ウィックというキャラクターは、元々何の職業の人だったでしょう?

あなたの頭に一つの答えが浮かぶはずです……しかし、その単語、本当に映画の中で使われている単語ですか?

タイトルの通りですが、実は映画『ジョン・ウィック』および『ジョン・ウィック:チャプター2』の劇中で、“hitman”(殺し屋)や”assassin”(暗殺者)という単語は、一度も使われないという事実に、ふとしたことで気付いてしまいました。

そうだったっけ? と思う方はぜひ今すぐBD/DVDを引っ張り出してぜひご確認ください。

面倒だという方のために、以下、検証内容をお届けします。

検証

まず、ジョン・ウィックの本性が最初に明らかにされる例のシーンから。

  • ヨセフ「相手? あんなの誰でもねえだろ」(Who? That fucking nobody?)
     
    ヴィゴ「その”誰でもない男”は――ジョン・ウィックだ。以前彼は我々の仲間だった。別名は”ババー・ヤガー”」(That “fuckin’ nobody”… is John Wick. He once was an associate of ours. We call him “Baba Yaga.”)

    ヨセフ「ブギーマン?」(The Boogeyman?)

    ヴィゴ「厳密にはジョンがブギーマンなのではない。そのブギーマンを殺すために送り込む男が、彼だ」(Well John wasn’t exactly the Boogeyman. He was the one you sent to kill the fucking Boogeyman.)

    ヨセフ「Oh…」

ここで一度もジョンという男の具体的な職業名は言及されません。しかし、この台詞だけでどれほどジョンが恐るべき存在なのかが、端的に示されています。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -映画

映画『ブレードランナー』+『ブレードランナー2049』(かんたん感想)

〈↓ネタバレありSpoiler Alert!↓〉
・映画『ブレードランナー』
・映画『ブレードランナー2049』

1982年の『ブレードランナー』という映画は、私にとって長い間、観ておくべきかどうか迷っていた作品でした。
多くのクリエイターがこの映画に影響を受けたという話は聞きます。後に続く数多くのSF作品が、この一本の映画にインスパイアされたということも知りました。
それでもこの2017年になるまでに、私がこの「原点」なるものに触れてみようと思うきっかけはありませんでした。だって自分が生まれるより約10年も前の作品だし、他に今に観たいものもたくさんあるし……と。

そこにやってきたのが『ブレードランナー2049』でした。続編を作ることさえ畏れ多いとまで言われた作品。しかもリドリー・スコット本人が監督するわけでもない。
しかし『2049』の本編が公開される約1か月前に、相次いで公開された3本の短編映像が斬新で私の目を引きました。前作と続編の空白期間を描く、3つの前日譚。私は観てすぐにその世界観に引き込まれていくのが分かりました。


『2049』公開の1週間前の休日、やっぱり予習はしておくべきだと思い立ち、私は『ブレードランナー:ファイナル・カット』(字幕版)のバージョンを手に取りました。

そういうわけで、以下の感想ではこれら2つの映画を、別々の作品というよりかは、一続きの自分なりの体験として扱っています。
ちょっと長くなりますがどうぞお付き合いください。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

必要最小限の単語で話す「ジョン・ウィック話法」を会得しよう

人とのコミュニケーションに何かしら悩みを抱えている方は多いと思います。
話し始めたは良いけどどう終わらせたら良いか分からなかったり。本当は短く済ませられる話をついダラダラと長引かせたり。大事なことを伝えたいのに要点が伝わらなかったり……

そんな悩みに役立つのが、あの伝説の殺し屋ジョン・ウィックさんが創始したと言われる会話法、名付けて「ジョン・ウィック話法」です。必要最小限の言葉を発するだけで、コミュニケーションを成り立たせてしまうというこの話法をマスターすれば、あなたも会話で苦労することは減るはずです。

この記事では、初級から中級、上級まで3つのステップで、この特殊なジョン・ウィック話法を解説していきます。
あなたもこのジョン・ウィック話法を身に着けて、言葉のミニマリストを目指してみましょう。
 
img_0562-1
 

初級編:主語・修飾語の省略

実際のジョン・ウィックさんの話しぶりは下記のような感じです。

ウィンストン「私の記憶では、君は殴る方であって殴られる方ではないはずだが」(Now, as I recall, weren’t you the one tasked to dole out the beatings, not to receive them?)

ジョン『腕が落ちた』(Rusty, I guess.)

ウィンストン「私には分かっているぞ、ジョナサン。まず訊きたい。この世界に本当に戻ったのか?」(I’m familiar with the parlance, Jonathan. I want to ask you this. Have you return to the fold?)

ジョン『立ち寄っただけだ』(Just visiting.)

相手が話してる単語の量と、ジョンさんが返す単語の量の差を見比べれば一目瞭然です。本当に必要なことだけを話すだけで、会話というものは成立するのです。

コツは、とにかく余計な主語や修飾語を省略すること。最低限必要な目的語と述語だけを相手にぶん投げてやるのです。それでほとんどの会話は事足ります。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -映画

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』(ネタバレ)「掟」を破ったことの意味

『チャプター2』、個人的に今年1番期待してた作品でしたが、その期待の遥か上を飛んで行ってくれる素晴らしい作品でした。
前作超えはもちろん、間違いなくこの2010年代殺し屋映画ベストに余裕でランクインしてくれる内容です。

あのアクションシーンが好きとかこのキャラが好きとかそういう話はもう無限に書くことができてしまってキリが無いのですが、正直私が何よりも衝撃を受けたのが、今回のストーリーのテーマとそのラストの展開です。


公開初日に観に行けたのですが、あのラストの衝撃が実は今も結構後を引いてます。なので、居てもたってもいられなくなってブログに書き殴りました。

というわけで、以下、ラストシーンについてのネタバレあり所感です。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ジョン・ウィック』
・映画『ジョン・ウィック:チャプター2』

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画