タグ別アーカイブ: 小説

2015年に出会った作品達を振り返る

もうすぐ2015年終わるという感覚がしないのですが、もう終わりみたいです。
個人的に今年は色々と変化が多かった一年で、それに順応していくので精一杯という印象でした。やろうと思っていたことができなかったり、だらだらと先延ばしになったり。当たり前ですけど、時間って有限ですね……。
そんな中でもきちんと本を読んだり映画観る時間は確保したいなと思ってます。というわけで今年もこれやります。

映画

新作

  • トラッシュ!-この街が輝く日まで-
    トラッシュ!-この街が輝く日まで- [DVD]
  • ベイマックス
    ベイマックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
  • アメリカン・スナイパー
    アメリカン・スナイパー [DVD]
  • イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
    イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 コレクターズ・エディション(2枚組)[初回限定生産]アウタースリーブ付 [DVD]
  • バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
    バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [DVD]
  • セッション
    セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]
  • チャッピー
    CHAPPIE/チャッピー アンレイテッド・バージョン  [DVD]
  • マッドマックス 怒りのデス・ロード
    マッドマックス 怒りのデス・ロード [Blu-ray]
  • ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
    ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
  • ナイトクローラー
    ナイトクローラー [DVD]
  • キングスマン
    KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [DVD]
  • ジョン・ウィック
    ジョン・ウィック コレクターズ・エディション(スチールブック仕様・日本オリジナルデザイン) [Blu-ray]
  • 屍者の帝国
    屍者の帝国 [DVD]
  • ハーモニー
    ハーモニー [DVD]
  • コードネーム U.N.C.L.E.
    The Man from U.N.C.L.E コードネーム U.N.C.L.E. US盤Blu-ray
  • 007 スペクター
    映画パンフレット 007 SPECTRE スペクター
  • スター・ウォーズ/フォースの覚醒
    スター・ウォーズ/フォースの覚醒 [Blu-ray]

旧作

コラテラル
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

映画の当たり年なので、観たい映画は機会を逃さずに観に行けたかと思います。何度かリピートで観に行った作品もあって、今年映画館に行った回数で言えば20回ですね。
実は今年でIMAX上映を初めて観に行くようになったんですけど……、映像と音響に完全にハマってしまいました。今後は気になる映画はIMAXでチェックすることにすると思います。少し料金を足してでも観に行く価値があります。
ちなみに、『ジョン・ウィック』のIMAX上映は2回観に行きました。おかげで、せっかくムビチケカードを買ったのに一度も使わないまま(IMAX上映の席予約には使えないので)、上映期間が終了してしまいましたが、今となっては良い思い出です。
いやホントに今年の映画は何から何まで伝説級です……。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 当ブログについて, 気になること

2014年に出会った作品達を振り返る

最近は年の終わりを迎えると、「今年は昨年よりたくさん映画を観られたのかなぁ」とか、「今年は昨年よりたくさん本を読めたのかなぁ」ということを思うようになっています。
というわけで、清算の時は来ました。この1年で自分が出会った映画や音楽、小説などなどを思い出せる限り振り返ってみます。(順不同です。)

映画

以上、全て映画館で鑑賞しました。昨年2回しか映画館に行かなかったことを考えれば、我ながら進歩した気がします。
というか、今年は「観たい!」と思わせる良作揃いでしたね! 本当に。都合で泣く泣く見送った作品や、興味の無かった作品でも、後の評判を聞いて「やっぱ観ときゃ良かった……」ってなったこともしばしばでした。

    番外編 「気になっていたけど観られなかった映画」:
    『ケープタウン』、『ゴーン・ガール』、『フューリー』

    「観なかったけど後から観たくなった映画」:
    『LEGO ムービー』、『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』、『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』、『6才のボクが、大人になるまで。』、『her 世界でひとつの彼女』

来年は来年で、『Star Wars Force Awakening』とか、007の『Spectre』とか、特大タイトルが控えている当たり年になりそうですね。全部見切れると良いですけど……。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 当ブログについて, 気になること

2014年名古屋SFシンポジウムに行ってきた 簡易レポート

以前から何度かTwitterでも言及してきましたが、昨日9月27日に開催された名古屋SFシンポジウムに参加してまいりました(サークルメンバーと共に)。
IMG_0224

個人的にこういった文芸関連のシンポジウムに参加するのは初めてでしたが、パネルの内容に興味がありましたし、SFについてしっかり勉強したいと思うところもありまして、行ってまいりました。

一言で言って濃密でしたね。次から次へと国内外・新旧問わずSF作家・作品名がパネリストの口から飛び出してきて、恥ずかしながら付いていくのに必死……という感じでした。
とはいえ、今回貴重な体験ができて大満足です!

そんな今回のイベントの内容をレポート……ですが、正直どこまで内容を覚えているか怪しいのと、個人的に疲れが溜まってることもあって、あまり本格的には書けないかもです……。
というわけで、イベント終了後の自分の感想ツイートを引用しつつそれを補足していく、という感じの手抜き簡易レポートでよろしければ、以下に書き起こします。頑張って記憶も掘り起こします。

イベント開始前

東山線星ヶ丘駅にて、サークルの友人達と待ち合わせ、会場である椙山女学園大学に向かいました。個人的に道中の星ヶ丘テラスのあまりのオシャレさに早くも萎縮気味でしたが。
坂の上に見えてきた女学園の正門をくぐり、正面に進むと、ありましたありました。

看板の右手にメイン会場があり、左側が物販コーナーでした。物販では、今回のパネリストに関連した書籍や、名古屋大学SF研究会の部誌などが販売されてました。(自分は財布の中身が寂しかったので手が出せず)

シンポジウム本会場に入ります。聴衆を見ていると、流石に社会人以上の年齢層の方が大半なようで、あんまり大学生の姿は見えないようでした(たぶんもっといたでしょうけど)。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 気になること

イベント告知+小説サンプル

ついに一度も更新の無い月ができてしまいました(5月のこと)……不覚です。月に最低一回は記事を書こうと思ってたんですが。
今現在、「良いモノ語り」カテゴリで、映画『ジェイソン・ボーン』三部作の総論編を鋭意執筆中ですが、あともうちょっとのところで終わりません。
近日中に掲載できたら…と思います。

さて、今回は事後告知事前告知を一つずつ。

まず事後告知。
去る2014年5月5日、東京で開催されていた第十八回文学フリマ
私の所属している名古屋大学文芸サークルが、このイベントのための特別誌『玉響』を販売していましたが、縁あって私もそこに短編小説を一つ寄稿していました。(参考:http://d.hatena.ne.jp/mei-bun/20140420/1397966567
部誌は企画誌で、テーマは「作中での経過時間、三秒」。物語中で経過する時間がたったの三秒間、というルールです。書く側としてはなかなか野心的で難しいテーマで、作品を書いていて非常に苦労させられました……。はい。私の作品は、カップラーメンを題材に書いています。

いやぁ……告知するの忘れてたんです! 私自身は東京に行かなかったのでつい……。すみません。

ちなみに、当ブログへのその作品の掲載は未定です。テーマ誌への書き下ろし作品って、なかなかその冊子での文脈が無いと面白さが分からないところもあったりするので、私の作品だけ切り出してここに載せても……、って感じがします。
まあまた気が変わったらご報告します。

そしてそして、ここからが重要です。事前告知。
2014年6月7日(土)と8日(日)の2日間に渡って、名古屋大学で開催される第55回名大祭で、名古屋大学文芸サークルが部誌『泡』vol.14とvol.15を販売いたします。(参考:http://meidaisai.com/?p=635
今回私は、vol.15の方に『From Beyond』というタイトルの作品を寄稿しております。約15000字の短編です。

販売期間は7日の10:00~18:00、および8日の10:00~16:00。場所は全学教育棟A館のA12教室。販売価格は、vol.14と15の2冊セットで400円です。合計440ページ以上で400円って安い……んじゃないでしょうか。
その他、イベントや冊子の詳しい情報は、サークルのブログの広報ページで紹介されているので、そちらをご参照ください。
……それにしても、3日前にここで告知ってどうなんでしょうね。

では、最後に新作『From Beyond』の冒頭約2200字をサンプルとして掲載します。SF、サスペンスなどの要素を含む小説です。
少しでも興味を持っていただければ幸いです。(なお、この作品全体の当ブログへの掲載は、少なくとも販売終了から3か月後以降にする予定です。)

もちろん、この作品以外にも素晴らしい作品がたくさん集まった冊子となっているので、行ける方はぜひ足を運んでみてください。
それでは。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 創作小説, 告知

私はスパイもの・殺し屋ものが好きだ

私が初めて「スパイ」や「殺し屋」といった存在に具体的な興味を持ったきっかけは、たぶん、アクション映画、『ジェイソン・ボーン』シリーズでした。
俳優マット・デイモンが演じる、任務に失敗した暗殺者、ジェイソン・ボーンは、けがの影響で記憶を失ってしまいます。しかし、殺し屋としてのテクニックは身体が覚えており、彼は無意識のうちにそれらしい行動をしてしまうのです。彼はそれに助けられながら、いくつもの危機を乗り越えていくのですが、彼が体得しているその殺し屋の行動理論が、この映画を面白くしている見所の一つです。

行動理論と言っても、それは特別な状況の中で活かされるものだけでなく、日常の平凡な生活の中で見えてくる類のものもあります。
例えばボーンは;

  1. レストランやカフェに入ると、店内を見渡せて、かつ店の出入口が見える席を選びます。
  2. どんなものを買うときでも、支払いは現金です。
  3. タクシーを降りるとき、目的地の目の前で降りるのではなく、少し離れた場所で降ります。
  4. 電話を使うとき、通話は必ず数十秒以内に終わらせます。
  5. 自分の携帯電話を持たずにプリペイド携帯を買い、さらに必ずイヤホンマイクを使って話します。

これらはどれも、私達一般人の目には、そこまで不思議に映る行動ではありません。仮に日常生活の中でこのような行動を取る人をチラッと見かけても、特段に注目するほどではないでしょう。せいぜい、ちょっと変わったルールを持ってる人だなぁ、と思うくらいで。言い換えると、その目的・理由を知らない限りは、不審に思われない行動なのです。
しかし、上記の1.~5.の行動の理由を種明かしすると; 続きを読む

コメントする

カテゴリー: 気になること