タグ別アーカイブ: マット・デイモン

映画『ジェイソン・ボーン』(2016) (かんたん感想)

色々あってブログの更新がとんでもなく久しぶりになってしまいましたが、この映画のために戻ってきました。

あらすじ

ギリシャとアルバニアの国境地域。かつて記憶喪失だった元CIAの暗殺者ジェイソン・ボーン(演:マット・デイモン)は、地下格闘技のプレーヤーとなり、目的の無い逃亡生活を送っていた。
一方アイスランド・レイキャビクでは、ボーンと同じくCIAを離反した元エージェント、ニッキー・パーソンズ(演:ジュリア・スタイルズ)が、あるコンピューターを使用してCIAのネットワーク内部に侵入し、極秘作戦に関するファイルのダウンロードを始める。ハッキングを検知したCIA本部では、ヘザー・リー(演:アリシア・ヴィキャンデル)が侵入元を特定すると、ニッキーのUSBメモリにマルウェアを送り込み、ニッキーのいる建物の電力供給を絶った。
CIA長官のロバート・デューイ(演:トミー・リー・ジョーンズ)は、ハッキングの被害を重く見て、ニッキーの暗殺を指令。ヘザーはその作戦の指揮を志願し、ギリシャ・アテネへと飛んだニッキーを本部から追跡する。その頃、アテネにいたボーンは、ニッキーからシンタグマ広場で落ち合うようメッセージを受ける。アテネ中心市街では、市民による政府へのデモ活動が始まろうとしており、続々と人が集まっていた。
CIAの現地工作員がニッキーの姿を捜している中、ボーンは数年ぶりにニッキーと再会する。ニッキーは、ボーンの父親がトレッドストーン作戦――かつてボーンを暗殺者に改造した作戦――の初期に関わっていたことを知らせる。ボーンは、父親はただの分析官であり、作戦とは無関係だったと否定するが、ニッキーによれば、ボーンがトレッドストーンへ自ら志願するずっと前から、彼はCIAに監視されていたという。動揺を見せるボーンだったが、CIAに見つかったことに気づき、暴徒化したデモ隊が荒れ狂うアテネで、ニッキーと逃走を始める。
だが、二人のすぐ近くに、デューイから指示を受けた暗殺者(演:ヴァンサン・カッセル)が迫っていた――。

レビュー

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画

2016年2月観た映画2本 『キャロル』、『オデッセイ』(かんたん感想)

今回も遅まきながら感想載せておきます。物語に関わる重大なネタバレは無しです。

『キャロル』

あらすじ

1950年代、ニューヨーク。テレーズ・ベリベット(演: ルーニー・マーラ)は、レストランで男の知り合いに声をかけられる。彼女は、キャロル・エアードという女性(演: ケイト・ブランシェット)と会話中だった。だが、キャロルは席を立ち、去ってしまう。その後、テレーズはキャロルとの思い出を回想する。
テレーズはデパートで働いていた。クリスマスの近づくある日、おもちゃ売り場で電車の模型を見ていたキャロルと目が合う。キャロルは テレーズのレジで模型を購入し、宅配の手続きをする。だが、キャロルは手袋を忘れて帰ってしまった。送り状から住所を知ったテレーズは、その手袋を郵送で届ける。
キャロルは一人娘と暮らしているが、夫と離婚協議中だった。キャロルの家に忘れ物が届くと、キャロルはデパートのテレーズに電話し、お礼にとランチに誘う。遠慮していたが承諾したテレーズはキャロルと再会し、その後何度か交友を重ね、互いの家も訪れるようになる。クリスマスの期間になると、テレーズとキャロルは、それぞれの身の回りの男性達と距離を置き、二人きりで国内旅行に出かけるが――。

レビュー

LGBTをテーマとした映画というか、そもそも恋愛映画自体あまり観たことが無いのですが、今作はそれらの中でも一番印象に残る作品になりました。
何から何まで美しいと思います。映像も音楽も。主演女優2人はもちろんのこと、50年代の地味な色調の風景の中で一際目を引く赤やピンクの帽子など、美術や衣装の面で細部まで素敵です。

観ていて、「距離」が重要な作品だと思いました。テレーズとキャロルの初めての出会いのシーンの、おもちゃ売り場の端と端の間の距離。レジを挟んで話す時に縮まる距離。二人の間の距離は動き続けます。テレーズがカメラを持って遠くからキャロルを撮る時。車で隣同士に座る時。肩に手をかける時。一方で、彼女達の距離の近さを不適切に思うのが、周囲の男性達であったり。かつて、同性があれだけ近い距離にいることに対して、世間が無理解だった時代。テレーズとキャロルは、互いの間の距離にも、社会との距離にも苦悩することになります。
紆余曲折を経た後の、ラストシーンの距離の変化は、初めての出会いのシーンとの対比を感じてはっとしました。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画

あえて比べるジェームズ・ボンドとジェイソン・ボーン(後編) -映画『ジェイソン・ボーン』三部作 各論編

だいぶ間が空きましたが、二人のJ.B.を比較してみる企画の後編。まずは前編からお読みください。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert↓〉
映画『ボーン・アイデンティティー』
映画『ボーン・スプレマシー』
映画『ボーン・アルティメイタム』

2.4.パーソナリティー

総じてジェームズ・ボンドは、「シニシスト」とか、「享楽主義的」、「女たらし」という風に評されます。
確かに彼は、敵はもちろん、仕事仲間や、上司のMに対してさえも皮肉を飛ばします。また、出先では品の良いホテルによく泊まり、身に付けているものもブランド品で、出会った女性といつの間にかベッドを共にしています。
彼は、自らがスパイであることを楽しんでいるようですが、その仕事精神の根底に、ユナイテッド・キングダムへの忠誠心があることは認めています。

シルヴァ「今の君がどうにかこうにかもってるのは、薬と酒のおかげ」
(Just look at you, barely held together by your pills and your drink.)

ボンド「憐れな愛国心も抜けてない」
(Don’t forget my pathetic love of country.)

――映画『007 スカイフォール』より(松崎広幸訳)

ボンドは、システムや権力に対して、どこか反発的・反骨的でありながら、やっぱり国を助けることを選んだ人間と言えそうです。

これまた、ジェイソン・ボーンは好対照を成しています。
彼はジョークらしいジョークを口にしません。特に2作目以降、ボーンが微笑むシーンは1秒もありません(写真の中や回想を除く)。また、彼は一人の女性を一途に愛し続けています。(そもそも出会う女性の人数自体少ないですが。)
大まかにいって、かなり「真面目」なキャラクターですが、一方で、内側から自身を突き動かすような強い感情も持っています。というより、彼の特色はその「人間臭さ」です。
社会から切り離された孤独な彼は、自分が信じられるものを捜しています。そして、過去に暗殺者としてやってきた自分の行為に対して罪の意識があり、とても内省的です。

ボーン「何度も謝罪しようとした……、自分のしたことを、自分の存在を。だが、罪の意識は消えない」
(I’ve tried to apologize for. . . for what I’ve done. . . for what I am. None of it makes it any better.)

――映画『ボーン・アルティメイタム』より(平田勝茂訳)

自己反省が行動の基点にあるボーンは、自分の記憶の真実を見つけるという目的がいつも頭にあり、ストイックかつ実直に振る舞うようです。 続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -映画

映画『インターステラー』を観てきた (かんたん感想)



公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/

イントロダクション

クリストファー・ノーラン監督による、169分のSF超大作。
製作や宣伝が秘密主義的で、なかなか内容に関する情報が見えてこなかったのを覚えています。死にかけた地球を脱して新天地を探しに行く物語だとは聞いていましたが……。

ノーラン作品らしく、スタッフ陣もだいたいいつもの顔ぶれです。脚本(ジョナサン・ノーラン)とか音楽(ハンス・ジマー)とか。撮影監督は、『トランセンデンス』(感想記事はこちら)を撮っていたウォーリー・フィスターに代わって、ホイテ・ヴァン・ホイテマ(個人的に好きな映画『裏切りのサーカス』などの撮影監督)が担当したそうですが。また、製作総指揮に、理論物理学者のキップ・ソーンを迎えたことでも話題になったそうです。

死に絶えていく地球に家族を残し、重大なミッションに挑む宇宙飛行士の主人公役に、マシュー・マコノヒー。彼と共に宇宙船に搭乗する科学者役に、『ダークナイト・ライジング』のキャットウーマン役が記憶に新しいアン・ハサウェイ
また、マイケル・ケインのようなノーラン作品常連のキャストがいる一方で、ジェシカ・チャステインケイシー・アフレックマット・デイモンなどの新たな役者陣もしっかりと物語を支えています。予告編でほぼ姿を見せていないのは、どうしても物語の性質上、ネタバレになるからでしょうね……。

アメリカでの公開は、2014年11月7日。日本では、同年11月22日に封切り。

あらすじ

かつてNASAの優秀なパイロットだったクーパー(演: マシュー・マコノヒー)は、墜落事故をきっかけに事実上の引退をし、愛する娘のマーフ(演: マッケンジー・フォイ)と息子トム(演: ティモシー・シャラメ)を育て、義父とともにトウモロコシ農場を経営していた。
地球の環境異変により、各地では砂嵐などの異常気象が起き、疫病で植物は死滅していった。クーパーの近所の作物も育たなくなり、彼の家族、そして人類全体は、確実に滅びに向かいつつあった。
マーフは、自分の部屋の本棚にあるものが、時々独りでに落ちる現象に気付き、幽霊の仕業だと言うが、一方でそれを記録し法則を見出そうとしていた。クーパーの周りではその後も、無人機の不可解な動作などが相次ぐ。砂嵐が起きたある日、マーフは自室の窓を閉め忘れて、部屋に大量の砂が入り込んでいた。クーパーは、床に溜まった砂の上に奇妙な模様が出来ていることに気づく。
彼はそれがある座標を示していると推測し、ついてきたマーフと共にその地点に向かう。怪しげな場所に辿り着いた二人は何者かに拘束されるが、そこがかつて解散したはずのNASAの基地であることを知る。
クーパーは、NASA時代の同僚ブランド教授(演: マイケル・ケイン)らに迎えられ、NASAが極秘に復活したのは、第二の地球を見つけるためだと説明される。太陽系に人類が居住可能な星は無いが、土星の付近に、数十年前に「何者か」によって作られたワームホールが出現しており、そこは別の銀河へと通じていた。既に3つの先遣隊がそこを通り、それぞれが有力な第二の地球候補の惑星を見つけたと信号を送ってきている。
教授はクーパーに、先遣隊と接触し、第二の地球に行くミッションに参加してほしいと説得する。それは、気の遠くなるような時間――あるいは永久に――クーパーと家族が離れ離れになることを意味していた。マーフは激しく拒絶し、本棚が表すメッセージは”S.T.A.Y.”(留まれ)だと教えるが、クーパーは参加を決意。自分の腕時計と同じ時間に合わせた別の腕時計を娘に託して、クーパーはブランド教授の娘アメリア(演: アン・ハサウェイ)らと共に、宇宙へと旅立つ――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『インターステラー』

レビュー

続きを読む

2件のコメント

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

あえて比べるジェームズ・ボンドとジェイソン・ボーン(前編) -映画『ジェイソン・ボーン』三部作 各論編

『ボーン』三部作紹介編総論編の投稿からかなり間が空きましたが、唐突に「良いモノ語り」を再開します。今回から各論編。

1.はじめに

共にイニシャルが「J.B.」である二人のアクション・ヒーローがいます。
方や50年以上にわたって継続的にシリーズが作り続けられている映画の主人公。方や21世紀のゼロ年代に印象的な三部作が作られた映画の主人公。

ネットを見てると、ジェームズ・ボンドとジェイソン・ボーンを比較してみようと試みるやり取りに、それなりに遭遇します。
この手の作品を越えた(時にジャンルすらも越えた)比較議論というのは、たいてい不毛でキリがありません。
実際、ただ立ち位置が似ているだけで共通点が少ないもの同士を比べたところで、あんまり意味が無いものです。

しかし、少し前から私は、この二人のヒーローの間の違いと類似点を考えてみるということをしたくなってきました。
というのも、比較することによって、それまでは見えてこなかったそれぞれのヒーローの特徴を浮かび上がらせることができるかもしれないと思ったからです。それぞれ映画史の中で一定の存在感を放っているヒーローを、あえて対比して見ることで、また彼らの姿が違って見えてくるかもしれません。

というわけで、まずこの前編では、二人のヒーローを様々な角度から改めて見てみたいと思います。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert↓〉
小説『暗殺者』(ロバート・ラドラム)

2.比較してみる

2.1.来歴

ジェームズ・ボンド
イアン・フレミングによって創作されたジェームズ・ボンド(James Bond)が最初に世に登場したのは、1953年の小説『カジノ・ロワイヤル』。英国諜報部きってのスパイで、「007」なるコードネームを持ち、任務中に自分の判断で敵を殺害しても不問にされるという「殺しのライセンス」を持つ男。英国を守るために世界を駆ける彼は、任務の途中で魅力的な謎の美女に出会い、危険な陰謀を企む者を追い、壮絶な闘いに勝利して任務を達成します。「スパイの本場」ともいえる英国で、シリアスで地味な本来のスパイ像とは離れた、華やかさを身にまとったスパイが生まれたのは、それ以降の「スパイ」に対する世間のイメージに決定的な影響を与えてしまったという点で、功罪あるかもしれませんが。
ともかく、映画化され、2014年現在まで6人の役者によって演じられてきた彼は、男性性やダンディズム、マッチョイズムのシンボルとしての地位を得ます。劇中に出る自動車や時計、銃、あるいはウォッカ・マティーニは、ジェームズ・ボンドと固く紐づけられた代物になっています。それだけ時代に影響を与えてきたヒーローです。

ジェイソン・ボーン
一方、ロバート・ラドラムによって創作されたジェイソン・ボーン(Jason Bourne)は、1980年に発表された小説『暗殺者』(The Bourne Identity)の主人公(山本光伸氏の訳的には「ジェーソン・ボーン」)。地中海上を漂流していたところ漁船に救助された彼は、自分の名前を含めた一切の記憶を失っていました。しかし彼の身体からは、コンタクトレンズの使用痕、毛髪を染めた跡、そして、臀部の皮膚の下に埋め込まれていたフィルムに記された、スイスの銀行口座の番号が見つかります。彼は自分のことをまったく覚えていませんが、格闘では明らかに素人ではない動きをし、拳銃の解体も無意識のうちにやってしまいます。
ここまでは原作は映画版とそう変わりませんが、この後は違ってきます。紹介編でも書いた通り、映画版は原作からいくつかの設定を借りているだけで、筋書きはかなり異なっており、特にボーンの正体はまったく違います。原作のボーンは、実際には暗殺者ではなく、架空の暗殺の実績を積み重ねることによって、世界的なテロリスト・カルロスの注意を引くために作り出された、ダミーの人格でした。これに対し、映画版のボーンは、CIAによる人格改造や精神矯正を経て生み出された、正真正銘、本物の暗殺者です。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -映画