タグ別アーカイブ: マシュー・マコノヒー

映画『インターステラー』を観てきた (かんたん感想)



公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/

イントロダクション

クリストファー・ノーラン監督による、169分のSF超大作。
製作や宣伝が秘密主義的で、なかなか内容に関する情報が見えてこなかったのを覚えています。死にかけた地球を脱して新天地を探しに行く物語だとは聞いていましたが……。

ノーラン作品らしく、スタッフ陣もだいたいいつもの顔ぶれです。脚本(ジョナサン・ノーラン)とか音楽(ハンス・ジマー)とか。撮影監督は、『トランセンデンス』(感想記事はこちら)を撮っていたウォーリー・フィスターに代わって、ホイテ・ヴァン・ホイテマ(個人的に好きな映画『裏切りのサーカス』などの撮影監督)が担当したそうですが。また、製作総指揮に、理論物理学者のキップ・ソーンを迎えたことでも話題になったそうです。

死に絶えていく地球に家族を残し、重大なミッションに挑む宇宙飛行士の主人公役に、マシュー・マコノヒー。彼と共に宇宙船に搭乗する科学者役に、『ダークナイト・ライジング』のキャットウーマン役が記憶に新しいアン・ハサウェイ
また、マイケル・ケインのようなノーラン作品常連のキャストがいる一方で、ジェシカ・チャステインケイシー・アフレックマット・デイモンなどの新たな役者陣もしっかりと物語を支えています。予告編でほぼ姿を見せていないのは、どうしても物語の性質上、ネタバレになるからでしょうね……。

アメリカでの公開は、2014年11月7日。日本では、同年11月22日に封切り。

あらすじ

かつてNASAの優秀なパイロットだったクーパー(演: マシュー・マコノヒー)は、墜落事故をきっかけに事実上の引退をし、愛する娘のマーフ(演: マッケンジー・フォイ)と息子トム(演: ティモシー・シャラメ)を育て、義父とともにトウモロコシ農場を経営していた。
地球の環境異変により、各地では砂嵐などの異常気象が起き、疫病で植物は死滅していった。クーパーの近所の作物も育たなくなり、彼の家族、そして人類全体は、確実に滅びに向かいつつあった。
マーフは、自分の部屋の本棚にあるものが、時々独りでに落ちる現象に気付き、幽霊の仕業だと言うが、一方でそれを記録し法則を見出そうとしていた。クーパーの周りではその後も、無人機の不可解な動作などが相次ぐ。砂嵐が起きたある日、マーフは自室の窓を閉め忘れて、部屋に大量の砂が入り込んでいた。クーパーは、床に溜まった砂の上に奇妙な模様が出来ていることに気づく。
彼はそれがある座標を示していると推測し、ついてきたマーフと共にその地点に向かう。怪しげな場所に辿り着いた二人は何者かに拘束されるが、そこがかつて解散したはずのNASAの基地であることを知る。
クーパーは、NASA時代の同僚ブランド教授(演: マイケル・ケイン)らに迎えられ、NASAが極秘に復活したのは、第二の地球を見つけるためだと説明される。太陽系に人類が居住可能な星は無いが、土星の付近に、数十年前に「何者か」によって作られたワームホールが出現しており、そこは別の銀河へと通じていた。既に3つの先遣隊がそこを通り、それぞれが有力な第二の地球候補の惑星を見つけたと信号を送ってきている。
教授はクーパーに、先遣隊と接触し、第二の地球に行くミッションに参加してほしいと説得する。それは、気の遠くなるような時間――あるいは永久に――クーパーと家族が離れ離れになることを意味していた。マーフは激しく拒絶し、本棚が表すメッセージは”S.T.A.Y.”(留まれ)だと教えるが、クーパーは参加を決意。自分の腕時計と同じ時間に合わせた別の腕時計を娘に託して、クーパーはブランド教授の娘アメリア(演: アン・ハサウェイ)らと共に、宇宙へと旅立つ――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『インターステラー』

レビュー

続きを読む

広告

2件のコメント

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画