タグ別アーカイブ: マイルズ・テラー

映画『セッション』を観た (かんたん感想)

4月は2週連続で、アカデミー賞獲得作の公開でした。2週目に観たのがこれ。
もともと個人的にノーマークの映画だったんですが、一部の人が「『バードマン』を越える衝撃!」と絶賛して以来、気になっていました。

イントロダクション

音楽学校に通うジャズ・ドラマーの青年が、スパルタ教育の鬼教師に出会い、自らの音楽への情熱を次第に変質させていくドラマ。

監督は若手のデミアン・チャゼルで、自らも過去にジャズ・ドラムをやったことがあり、また厳しい教師に教えられたことがあったそうで、この映画はその経験が基になっているそうです。

主演はマイルズ・テラーで、劇中で実際に披露しているドラムさばきが本当に凄まじいです。そして、音楽界のハートマン軍曹と呼ばれそうな鬼教師役に、J・K・シモンズ。個人的に『スパイダーマン』シリーズの編集長役のイメージしか無かったのですが……、この映画では喋っていても黙っていても本当に怖かったです。

アカデミー賞で助演男優賞と編集賞、録音賞を受賞。アメリカでの公開が2014年10月10日で、日本では2015年4月17日に封切り。

あらすじ

19歳のアンドリュー・ニーマン(演: マイルズ・テラー)は、アメリカの名門シェイファー音楽学校で、ジャズ・ドラムの演奏をしている。ある時、学校の優秀な生徒を集めたバンドを率いる、フレッチャー教授(演: J・K・シモンズ)と出会ったニーマンは、勢い込んでドラムの腕を披露するが、フレッチャーはまともに聴かずに帰ってしまう。一度は落ち込む彼だが、授業中に抜き打ちで再びフレッチャー教授のテストを受けた際には認められ、彼のバンドへとスカウトされる。ニーマンは、憧れを抱いていた女性ニコル(演: メリッサ・ブノワ)をデートに誘うことにも成功し、満ち足りた気持ちになっていた。
しかし、練習の初日、彼は寝坊をして朝6時の集合に遅刻する。慌てて練習場所に向かったが、部屋には誰もおらず、実際の練習開始時間は9時だった。その時間が近づくとバンドメンバーが続々と集まるが、9時ちょうどにフレッチャーが現われた瞬間、部屋の空気は一気に張りつめたものとなる。事情をよく呑み込めないニーマン。しかし、練習が始まると、フレッチャーはバンドメンバーの一人の演奏の出来を、激しい罵り言葉で叱責する。メンバーはやがて泣きながら退場させられてしまう。
ニーマンもドラムを演奏するが、フレッチャーに「テンポが狂っている」と何度も指摘され、しまいには椅子を投げられ、頬を叩かれる。怒声を浴び続け涙を流したニーマンだが、その後、まさに血の滲むような自主練習に打ち込み始める。それは、フレッチャーに認められ、偉大なドラマーになるという夢を叶えるためだった。練習に時間を割くため、彼は付き合っていたニコルとも別れる。しかし、ニーマンは依然としてドラムの主演奏者の側で、楽譜のページめくりという役割しか与えられない。
ある演奏大会に出場した際、主演奏者から演奏曲「ウィップラッシュ」の楽譜を預けられたニーマンは、僅かに目を離した間に楽譜を無くしてしまう。楽譜無しでは主演奏者は演奏できないが、猛烈な自主練習によって楽譜を暗記していたニーマンは、自分が代わりに「ウィップラッシュ」を演奏すると名乗り出て――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『セッション』

レビュー

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画