タグ別アーカイブ: ベネディクト・カンバーバッチ

2016年1月観た映画4本 『ブリッジ・オブ・スパイ』他(かんたん感想)

色々あってブログの更新が止まっておりました。
もう2月も半ばを過ぎてますが、1月に観てきた映画の分の感想を書けたのでまとめてアップします。というわけで、以下に観た順に一つずつ。いずれもネタバレ無しです。

『ブリッジ・オブ・スパイ』

あらすじ

1957年、ニューヨークのブルックリン。アトリエで絵を描いていたある中年の男性、ルドルフ・アベル(演: マーク・ライランス)のもとに電話がかかる。アベルは外に出かけるが、彼はFBIに尾行されていた。アベルがホテルの部屋に入ると、そこへFBIの捜査官達が一斉に突入し、彼をソビエト連邦のスパイとして逮捕する。
ジム・ドノヴァン(演: トム・ハンクス)は、保険の分野を専門としている弁護士。しかしある日、ジムはアベルの弁護人として推薦されることになる。かつてジムは刑事裁判も担当したこともあり、その優秀な能力を買われていた。アメリカ国内のあらゆる人間がアベルを敵視しており、どうやっても極刑は免れない裁判になることを知りつつも、ジムは彼の弁護人となる。
ジムは、後に万が一ソ連でアメリカ人がスパイとして囚われることがあった時のために、アベルを”交換用”の捕虜として生かしておくことを考えるが、周囲はそれを受け入れない。敵国のスパイを弁護するジムは、時には匿名の脅迫を受けながらも、合衆国憲法を根拠に、アベルにもアメリカ人としての権利を認めるよう訴える。そして、訪れた判決の日。裁判長への根気強い説得が功を奏し、奇跡的にアベルの死刑を回避することに成功する。
しかしその頃、CIAの作戦に参加していたあるアメリカ人パイロットが、ソ連領内で撃墜され、囚われの身となっていた。間もなく、東側にいるアベルの妻から、ジム宛てに手紙が届く。それは、夫のアベルを、捕虜のアメリカ人パイロットと交換して東側に返してほしいと頼むものだった。CIAはそれを受け、ジムにスパイ交換の交渉人となるように依頼する。交渉の地は、東ベルリンだった――。

レビュー

冒頭の、BGMが無く台詞もほとんど無い尾行シーンから既に最高です。とても地味で静かな(そしてスパイ向きの)中年男性。地下鉄に入り、カメラが徐々に後ろに移っていって、アベルが追われる人間であることが分かります。
河畔でベンチに座って、イーゼルの高さを調節してるように見せかけてこっそりコインを取る手元。ホテルのカミソリで慎重にそのコインを開く手元。FBIに部屋中を捜索されているその最中に、堂々と、しかし落ち着いて証拠を隠滅するその手元。手元をよく映すスパイ映画は名作(※個人の感想です。)

それにしても、主演のトム・ハンクスが画面に映っている時の、あの何とも言えない安心感たるや。彼自身が孤立無援の状況にある中、それでも人命を助けようとする信念。冷たい戦争の真っただ中にあっても、彼のキャラクターの存在が、この映画に温かい人間の血を通わせています。スパイ映画としても、人間ドラマとしても記憶に残る作品でした。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画

映画『イミテーション・ゲーム』を観た (かんたん感想)

イントロダクション

イギリスの天才数学者であり、第二次世界大戦中にドイツ軍が使用した最強の暗号「エニグマ」に挑んだ暗号解読者、アラン・チューリングの生涯を描く作品。
史実そのままのドキュメンタリーではありませんが、伝記『エニグマ -アラン・チューリング伝』を基にしているそうです。監督はノルウェー出身のモルテン・ティルドゥム

主演は我らがベネディクト・カンバーバッチ。ナイーブで一癖のある天才とか、頭の切れる超人を演じさせれば、当代で彼の右に出るものはいません。なるべくしてなったキャスティングというか何というか。
ヒロインは、チューリングと共に仕事をしていたジョーン・クラークに当たり、演じたのはキーラ・ナイトレイ。その他、MI6から解雇されたジム・プリドー役MI6長官メンジーズ役にはマーク・ストロングMI6でMを補佐するビル・タナー役終戦後にある事件を捜査する刑事役にはロリー・キニアなど、英国の豪華な俳優ばかりで安定感がありました。

アカデミー賞では脚色賞を獲得して、脚本のグレアム・ムーアの受賞スピーチが話題になったりしてましたね。

あらすじ

1951年。イギリスの天才数学者アラン・チューリング(演: ベネディクト・カンバーバッチ)の自宅に何者かが侵入したとの通報があった。捜査に向かったノック刑事(演: ロリー・キニア)は、荒らされた彼の家の中で巨大なマシンを目にする。チューリング自身は「何も盗まれていない」と言って、彼らを追い出すが、不思議に思った刑事は情報を集めようとする。
1939年。イギリスとドイツは戦争状態に入る。チューリングは英海軍によって、イギリス南東部の田舎にある邸宅「ブレッチリー・パーク」へ召集される。それは、ドイツ軍が使う解読不可能な暗号「エニグマ」を解読するプロジェクトのための面接だった。論理的だが、人との協調性に問題があるチューリングは、デニストン中佐(演: チャールズ・ダンス)らから白眼視されるが、彼は自分が解読すると名乗りを上げる。かくして、チェスのチャンピオンであるヒュー(演: マシュー・グッド)を始めとした頭脳達が取り掛かった。
エニグマは非常に難解なマシンで、文字の組み合わせの可能性は膨大な数がある。しかも、ドイツ軍の暗号設定は毎日変更され、一つの同じ暗号を解読できる時間を一日以上与えない。チューリングは早くから、これは人間に解くことは不可能であり、マシンに対抗できるのはマシンしかないと考えていた。それを作ることを同僚や中佐にかけ合うが、性格が災いして相手にされない。しかし、彼の考えをチャーチル首相に直訴する手紙が受け入れられ、チューリングは一転してリーダーとなる。
彼はさらに優秀な頭脳をチームに入れるため、新聞にクロスワード・パズルを載せ、それを解けた国民を候補者とした。その最終テストに、ケンブリッジ大卒の女性ジョーン・クラーク(演: キーラ・ナイトレイ)などが合格する。ジョーンは両親に配慮して、一旦は暗号解読計画への勧誘を断るものの、チューリングの熱心な説得を受けてブレッチリーに赴く。
そして、ついにチューリングは、「クリストファー」と名前を付けた暗号解読マシンを開発するが――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『イミテーション・ゲーム』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画