タグ別アーカイブ: ブラッド・ピット

映画『悪の法則』を観てきた (かんたん感想)

先日、最近の観たい映画についてのポストを投稿しましたが、それ以来、「悪の法則_感想」という検索ワード経由でこのブログに来られた方がチラホラ見られるようになりました。うーん、感想なんてまだ書いてもいないのに申し訳ないなぁ、と…。(ちなみに日本での公開前の出来事です。きっと原語版か試写を見ての感想を探した方が来られたんでしょうね。)
そういうわけで、複数の人から暗に「観ろよ」と言われた気がしたので。というのは冗談で、やっぱり気になったので、観てきましたよ。『悪の法則』

映画『悪の法則』ポスター

映画『悪の法則』ポスター

映画『悪の法則』オフィシャルサイト http://www.foxmovies.jp/akuno-housoku/

イントロダクション

巨匠リドリー・スコットの最新監督作。本格的なクライムスリラーです。脚本は、前回も紹介しましたが、小説家のコーマック・マッカーシー。私はこれ目当てで見ました。
そして、キャストの豪華なこと豪華なこと。主人公の弁護士”カウンセラー”には、マイケル・ファスベンダー。ヒロインはペネロペ・クルス。そしてその周りを固めるのがキャメロン・ディアスブラッド・ピット、そしてハビエル・バルデム。ハビエルといえば、映画『ノーカントリー』に出ていましたし、マッカーシーと縁がありますね。
米国での公開は、2013年10月25日。日本での公開は、同年11月15日。

あらすじ

有能な弁護士、通称”カウンセラー”と呼ばれる男(演: マイケル・ファスベンダー)は、ローラ(演: ペネロペ・クルス)と交際している。プロポーズのために高価なダイヤモンドの指輪を購入するが、その裏では、派手好きな実業家ライナー(演: ハビエル・バルデム)と組んで、麻薬ビジネスで利益を上げようとしていた。ライナーから紹介された麻薬の仲買人ウェストリー(演: ブラッド・ピット)は、裏社会の厳しさと非情さをカウンセラーに警告するが、彼はそれを受け入れていた。少なくとも表面的には。
ライナーは、彼と同棲している魅惑の美人マルキナ(演: キャメロン・ディアス)のことをカウンセラーに話す。彼女の魔性ともいうべき一面のことを聞かされても、カウンセラーには遠い世界の出来事としか思えなかった。ローラもマルキナと会話するが、彼女はマルキナとの間に、本質的な価値観の違いを垣間見るのだった。
カウンセラーらの計画は、着々と進んでいるように見えた。しかし、カウンセラーがある顧客の依頼で釈放させた男が、夜の道路上で何者かに殺害される。その男は、まさにカウンセラー達が取引しようとしていた、メキシコの麻薬カルテルの運び屋だった。間もなくカルテルの麻薬も盗まれ、疑いのかかったカウンセラー達の身に容赦なく危険が迫る――。

レビュー

〈!ネタバレあり Spoiler Alert!〉
映画『悪の法則』

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画