タグ別アーカイブ: フィリップ・シーモア・ホフマン

映画『誰よりも狙われた男』を観てきた (かんたん感想)

色々なところで書いてますが、私はジョン・ル・カレの小説の大ファンです。
映画『裏切りのサーカス』を入り口に、迷宮のように奥深い、冷戦時代のスパイ小説の世界にすっかりハマってしまいました。そんなル・カレが、9.11後の現代のテロリズムをめぐる情報の世界を描いた作品を出すと聞いて、これまた読まないわけにはいかないと。日本での出版時から間もなく、映画化の報も入っていましたし。

結局、忙しさもあって、原作は読み終えられないまま、先に映画で結末を知る形になってしまいましたが、近い時期に原作と映像を比べながら鑑賞できるというのも、なかなか悪くない体験だったかもしれない……と思うことにしてます。


映画公式サイト:http://nerawareta-otoko.jp/

イントロダクション

イギリスの情報機関の元職員であり、小説家であるジョン・ル・カレの2008年発表の同名原作の映画化。ル・カレといえば、前述のように、2011年にゲイリー・オールドマン主演で『裏切りのサーカス』という映画化作品があります。
今回の監督は、写真家という経歴も持つアントン・コービン(『コントロール』(07)など)。製作には、これまたル・カレの映画化作品『ナイロビの蜂』(05)を担当したことがあるゲイル・イーガン、そしてなんとル・カレご本人の息子であるスティーヴン・コーンウェルが参加しています。(ちなみにル・カレの本名はデイヴィッド・コーンウェル。)
フィリップ・シーモア・ホフマンは、これが最後の主演作となってしまいました。映画公開前にも、色々なところからそれを惜しむ声があったのを覚えています。理想に燃える弁護士役には、レイチェル・マクアダムス。裏のある銀行家の役には、ウィレム・デフォー(そういえばつい最近観た『ファーナス 訣別の朝』でも彼の姿を見たっけ)。鍵を握る謎の密入国者役には、グレゴリー・ドブリギン。あと、自分がこっそり注目しているところでは、ダニエル・ブリュールもホフマンの部下役で出演していたり。
米国での公開は、2014年7月25日。日本での封切りは2014年10月17日。

あらすじ

ドイツの港湾都市、ハンブルク――かつて9.11事件の実行犯達が潜伏し、テロを計画していた街。今なおテロへの監視が厳しいその都市で、深夜、一人の男(演: グレゴリー・ドブリギン)がひっそりと水中から港に上がり、やがて雑踏の中に彷徨いだした。
情報機関でテロ対策チームを率いるギュンター・バッハマン(演: フィリップ・シーモア・ホフマン)は、その男に注目し、素性を調べる。名前はイッサ・カルポフ、チェチェン出身、イスラム過激派と目され、投獄された過去を持っていた。バッハマンはイッサを追跡しつつ、あえて泳がせることにする。わざわざドイツに来たイッサが、テロ組織の大物に通じる糸口になると考えていたからだった。
一方、イッサはトルコ系の移民の親子の家に居候する。移民のドイツ市民権の取得を支援する人権団体の弁護士、アナベル・リヒター(演:レイチェル・マクアダムス)は、親子に頼まれてイッサと会う。そこで彼女は、イッサがハンブルクにやってきた目的を知る。トミー・ブルー(演: ウィレム・デフォー)という男が経営する市内の銀行に、イッサの父親であり、既に亡くなったロシアの軍人が預けた莫大な額の金があるのだった――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『誰よりも狙われた男』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画