タグ別アーカイブ: ピーター・ジャクソン

映画『ホビット 決戦のゆくえ』を観てきた (かんたん感想)

今年も色々な映画を観ることができましたが、2014年の映画納めはこの作品にしようと、前から決めておりました。というわけで、『ホビット』です! 公式サイト:http://www.hobbitmovie.jp

イントロダクション

『思いがけない冒険』(2012年)、『竜に奪われた王国』(2013)から続く、J・R・R・トールキンの児童書を原作とした『ホビット』三部作の最終章。原作のクライマックスにあたる「五軍の合戦」の様子を中心に描いています。 監督ピーター・ジャクソンは、『ロード・オブ・ザ・リング』(2001)から始めた、壮大な中つ国サーガをこれで完結させます。
キャスト陣は前作から引き続き、ホビット族のビルボを演じるマーティン・フリーマン、魔法使いガンダルフ役のイアン・マッケランを始め、リチャード・アーミティッジオーランド・ブルームエヴァンジェリン・リリールーク・エヴァンズらが登場。多すぎて書ききれないのですが。個人的には、私の好きなガラドリエル様(←なぜか様付けになる)役のケイト・ブランシェットの再びの出演が嬉しい! 見せ場もありますよ!
ニュージーランドでの公開が2014年12月11日、日本での公開がその2日後の13日となっています。

あらすじ

前作『竜に奪われた王国』のエンディングの直後。ホビット族のビルボ(演: マーティン・フリーマン)とドワーフ族のトーリン(演: リチャード・アーミティッジ)らは、ドワーフの王国エレボールに巣食っていた竜・スマウグ(演: ベネディクト・カンバーバッチ)を倒すことに失敗。スマウグはその復讐として、湖の町エスガロスを襲撃し始める。
住民の人間達は、巨大な竜の炎から成す術もなく逃げ惑うが、町の統領によって囚われていた射手・バルド(演: ルーク・エヴァンズ)は、その混乱の最中に脱出し、スマウグを倒すためにただ一人弓を取った。どの矢でも竜の鱗を傷付けることができず、スマウグに狙われて絶体絶命かと思われたその時、バルドの息子が「黒い矢」を持って駆け付けた。バルドはその矢を、かつて祖先のギリオンが作った、スマウグ唯一の傷痕に向かって放ち、見事に命中させ、竜を倒すことに成功する。
一方、トーリンは、エレボールの王権の証である「アーケン石」を、財宝の山の中から見つけ出そうと必死になっていた。実はその石は既にビルボが発見していたものの、彼は石に異様な執着を見せるトーリンのことを案じ、それを隠していた。スマウグの襲撃を生き残ったエスガロスの人間達は、バルドに率いられ、はなれ山の側にあるデイルの町の廃墟に移住する。トーリンは、人間達が財宝を狙いに来たと警戒し、城の守りを固め始める。
やがて、エルフ王スランドゥイル(演: リー・ペイス)と、その軍勢もデイルに到着。スランドゥイルは山の白い宝玉を、バルドは湖の町が受けた被害の贖いを、それぞれトーリンに求める。しかし、トーリンは全く話に応じない。エルフ・人間側とドワーフ側は、一触即発の状態となるが、その頃、灰色の魔法使いガンダルフ(演: イアン・マッケラン)は、両者にとって共通の大きな脅威が迫っていることを警告しようとしていた――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ホビット 思いがけない冒険』
・映画『ホビット 竜に奪われた王国』
・映画『ホビット 決戦のゆくえ』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画