タグ別アーカイブ: ニール・ブロムカンプ

映画『チャッピー』を観た (かんたん感想)

イントロダクション

『第9地区』、『エリジウム』に続く、ニール・ブロムカンプ監督のSFアクション映画。今回の主人公は、人間の子供のように全てを一から学習していく、無垢なAIロボット。演じるのはもちろんシャールト・コプリー。舞台ももちろん南アフリカ。

AIの開発者役にデーヴ・パテールと、そのライバル役でヒュー・ジャックマン、彼らの上司役にシガニー・ウィーバーを迎えてます。で、面白いのが、チャッピーをさらうギャング団の役として、ラッパー・グループ”ダイ・アントワード”のワトキン・チューダー・ジョーンズと、ヨーランディ・ヴィッサーが出てることですね。しかも役名も同じで。

ちなみに、日本で公開される際に、映倫の年齢制限を下げるために映像をカットして、それが監督の耳に入っていなかったとかで色々問題になってましたが、今回の記事ではその辺のことは省略します。取り急ぎ感想だけにするので……。
なお、アメリカでの公開は2015年3月6日。日本では5月23日封切りでした。

あらすじ

西暦2016年、南アフリカ・ヨハネスブルグの警察は、増え続ける犯罪に対抗するため、テトラバール社の人工知能を搭載したスカウトロボットを導入する。人間の警官と連携しながら犯罪と闘うロボは、警察から高く評価され、犯罪発生率の減少に貢献した。
ロボの開発者ディオン・ウィルソン(演: デーヴ・パテール)も、その功績を讃えられる。しかし、AIではなく人間の脳波で操作するロボ「ムース」を開発して、ディオンとの競争に負けたヴィンセント・ムーア(演: ヒュー・ジャックマン)は、ディオンのことを妬んでいた。
ある日、ギャングのニンジャ(演: ワトキン・チューダー・ジョーンズ)とヨーランディ(演: ヨーランディ・ヴィッサー)と”アメリカ”(演: ホセ・パブロ・カンティージョ)達は、警察に追われていた。彼らはヒッポ(演: ブランドン・オーレット)に借金していたが、その金を揃えることに失敗。ヒッポに猶予時間を貰おうと交渉していると、その場にスカウトロボを含む警官隊が到着し、銃撃戦となる。ニンジャら3人組とヒッポは逃げ出すが、スカウトロボの22号は修復困難なダメージを負い、廃棄処分が決まる。
そんな中、ディオンの長年の研究がいよいよ完成を迎えていた。それは、人間と全く同じように物事を学習し、「意識」を持つAI。彼はそれをスカウトロボに搭載しようと、上司のミシェル・ブラッドリー(演: シガニー・ウィーバー)にかけ合うが、彼女は現状のロボに満足しており、許可を出さない。諦めきれないディオンは、廃棄されかけの22号のボディと、全ロボのソフトウェアを管理するUSB端末を持ち出し、帰宅しようとする。
しかし、途中で彼はニンジャらに襲撃され、拉致される。ニンジャ達は強盗のために、彼を脅してスカウトロボ達を停止させるつもりだったが、ディオンの車に積まれた22号を見て、それを彼らの味方としてプログラムさせることにする。ディオンは、AIを22号にインストール。その瞬間、22号は「意識」に目覚め、人間を見てひどく怯え始める。まだ言葉も分からないそれは、子供のように教育を必要としていた。ヨーランディは、22号に”チャッピー”(演: シャールト・コプリー)という名前を付ける。ディオンは、自分のロボットがギャングの手に渡ってしまうことを恐れるが、ニンジャ達はチャッピーをギャングスタとして育てることにした――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『チャッピー』

レビュー

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

映画『エリジウム』 つづき (かんたん感想)

前回のポストで書きそびれたことがあったので。

<!ネタバレあり Spoiler Alert!>
映画『エリジウム』
ゲーム『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』

雑感 つづき

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

映画『エリジウム』を観てきた (かんたん感想)

近頃、Editors関連のポストばかりなので、たまには今日的な(?) 話題で。
というわけで、映画『エリジウム』、公開初日の朝一番で観てきました。
世間的には新型iPhoneの発売の方で盛り上がってるみたいですが、私の関心はこっちです。

映画『エリジウム』ポスター

映画『エリジウム』ポスター

映画『エリジウム』オフィシャルサイト http://www.elysium-movie.jp/site/

イントロダクション

『第9地区』(2009年) で成功を収めたニール・ブロムカンプが監督・脚本を務める、SF映画。人種差別問題を描いた前作に続き、今作では貧富の差が極限まで開いた格差社会の未来を描きます。
主演は、私が愛する『ジェイソン・ボーン』シリーズで有名な、マット・デイモン。悪役にはジョディ・フォスター (『羊たちの沈黙』など)を迎え、また『第9地区』の主役だったシャールト・コプリーも、鍵を握る悪人を演じてます。
アメリカでの公開は、2013年8月9日。

あらすじ

スクリーン上に広がる、荒れ果てた大地。その向こうには、砂塵にまみれたバラック小屋や、剥き出しのコンクリートの家、崩壊しかけたビルが立ち並ぶ。ここはアフリカではない。ここは2154年のロサンゼルス。21世紀からの人口爆発や環境破壊により、地球の人類の暮らしはますます劣悪になっていた。
マックス(演:マット・デイモン)は、かつては自動車泥棒などを働いていたが、現在はアーマダイン社の工場に勤めている労働者。彼は幼い頃から、地球の衛星軌道上に浮かぶスペースコロニー「エリジウム」へ行くことを夢見ていた。そこは、富裕層のみが住むことを許される楽園で、あらゆる病気を一瞬で治すことのできる医療技術が存在し、人々は、老いや地上の争いとは無縁の生活を送っていた。
通勤の途中でマックスは、警備用のドロイドに抵抗したと見られて、ドロイドに腕の骨を折られてしまう。マックスは病院で、幼なじみのフレイに再会する。彼女も幼い頃、マックスとエリジウムへ行くことを誓い合っていた。看護師となっていた彼女の手当を受けた彼は、近いうちに会う約束を取り付ける。
一方、地上の人々は、エリジウムの治療技術を求めて、不法侵入を散発的に試みていた。デラコート防衛長官(演:ジョディ・フォスター)は、エリジウムの生活を維持するために、それらの宇宙船を撃ち落とす命令も厭わない。彼女の過激な姿勢はエリジウム政府に警戒されるが、彼女にはある野心があった。
マックスは怪我を押して働くが、ある時、工場内で事故に遭い、全身に大量の放射線を被曝。余命5日と宣言される。助かるには、エリジウムの治療技術を利用するしかない。決意したマックスは、エリジウムへの不法侵入をビジネスとしているスパイダーと会い、取引する。手術で強化外骨格「エクソスーツ」を装着した彼は、無謀な闘いを始めた。

レビュー

<!ネタバレあり Spoiler Alert!>
映画『エリジウム』

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画