タグ別アーカイブ: ドゥニ・ヴィルヌーヴ

映画『ボーダーライン』 (かんたん感想)

あらすじ

アリゾナ州・チャンドラーの郊外。人質をとっているとされる誘拐犯達の家を、FBIの特殊部隊が急襲する。隊員のケイト(演: エミリー・ブラント)らは家を制圧するが、人質達の姿は無かった。だが、室内の壁の内側に大量の人間の遺体が隠されているのを発見する。家の名義人は、メキシコのソノラの麻薬カルテルの重要人物、マニュエル・ディアスだった。
FBIの上役に召集されたケイトは、国防総省の人間と名乗るマット(演: ジョシュ・ブローリン)から、彼が率いているカルテル捜査チームにスカウトされ、志願する。テキサス州エル・パソに移動したケイトは、自分を元検事だと紹介する所属不明の男アレハンドロ(演: ベニシオ・デル・トロ)と同行することになる。ケイト達は、現在メキシコのフアレス市で地元警察に拘束されているマニュエル・ディアスの兄の身柄を受け取り、アメリカ側へ連行する作戦の会議に参加する。が、その場に参加していたのは、イラクに行ったことのあるような軍人・傭兵といった身なりの男達ばかりだった。現場のものものしさに困惑するケイトは、マットに説明を求めるが、マットは全容を語ろうとしない。
ケイト達のチームは車列を組んで国境を越え、フアレス市内に入る。だが、市内で彼女が目撃したのは、カルテルの見せしめとして殺され、道路の高架下に吊るされた人間の死体達のある光景だった――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ボーダーライン』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画