タグ別アーカイブ: トム・ハーディ

映画『レヴェナント:蘇えりし者』 (かんたん感想)

あらすじ

1823年のアメリカ北西部。猟師のヒュー・グラス(演: レオナルド・ディカプリオ)は、ネイティブ・アメリカンのポーニー族の女性との間に生まれた息子ホーク(演: フォレスト・グッドラック)と共に狩りをしていた。川のそばでグラスの銃声を聞きつけた罠猟師のフィッツジェラルド(演: トム・ハーディ)は、ネイティブ・アメリカンの接近を警戒する。グラス達はヘンリー(演: ドーナル・グリーソン)率いる狩猟隊のメンバーで、彼らは野営中だった。そこを突然、ネイティブ・アメリカンの一団が急襲する。騒ぎを聞いたグラスらも駆け付け、壮絶な戦闘が始まった。生き残った十余名の狩猟隊は、ボートで川へと脱出する。
川を下る狩猟隊だったが、川下はネイティブ・アメリカンのアリカラ族の領域に近いため、グラスはボートを捨てて山沿いの険しいルートを行くことを提案する。フィッツジェラルドは川を進むべきと言うが、ヘンリー隊長はグラスの案を採用し、彼らは森へと分け入る。隊のメンバーが休む間、グラスは一人で森の中を偵察する。しかしそこで大きなグリズリーに遭遇し、襲われてしまう。グラスは喉を爪で切り裂かれる重傷を負うが、最後の気力を振り絞りナイフでグリズリーを殺した。駆け付けた狩猟隊は瀕死の状態のグラスを発見する。自分で動けないほど衰弱した彼を担架で運ぶが、道には雪が積もり、隊員の疲労も限界に達していた。フィッツジェラルドはグラスはもう助からないと主張し、ヘンリー隊長もグラスを見捨てる決断を迫られた。彼の最期を見届け埋葬をするためにホークとブリッジャー(演: ウィル・ポールター)が残ると言い、またフィッツジェラルドもヘンリーから金を貰うことを条件に残った。
しかし、ホークとブリッジャーのいない隙に、フィッツジェラルドはグラスの息の根を止めようとする。ホークが駆け付けてフィッツジェラルドを止めようとするが、グラスの目の前で彼はホークを刺し殺し、その死体を隠してしまう。何も知らずに戻ってきたブリッジャーにフィッツジェラルドは出発を急かし、まだ息のあるグラスを墓穴に引きずり込む。そして二人ともグラスを置き去りに逃げてしまった。ゆっくりと墓の中から這い出たグラスは、息子の亡骸のもとに辿り着いて寄り添い、そして、全てを奪ったフィッツジェラルドへの復讐を誓った――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『レヴェナント:蘇えりし者』

レビュー

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観た (かんたん感想)

イントロダクション

1979年から続く『マッドマックス』シリーズの27年ぶりの続編であり、リブート作。
監督ジョージ・ミラーは70歳にして、自身の代表作を自らリブートします。ここで現代の若手監督とかに引き継がなかった辺りが凄いです。公開後はどこを見ても怖いくらいに絶賛一色で、正直最初は観るのを尻込みしてました。

旧三部作はメル・ギブソンの出世作となりましたが、今作のマックス役はトム・ハーディ。また、もう一人の主人公とも言えるフュリオサ役にはシャーリーズ・セロン
そして、彼らを追う支配者役は、シリーズ一作目にも悪役で出演していたヒュー・キース・バーン。別人役で数十年後にシリーズにカムバックという例も何だか珍しいです。さらに以上の面々にも負けない個性を持ってるのがニコラス・ホルト。『X-MEN』では青色のビーストでしたが今作では全身白塗りに。

オーストラリアでの公開が2015年5月14日、日本では6月20日。

あらすじ

石油資源をめぐる争いから始まった核戦争を経た後の世界。大地はどこも砂で覆われ、灼熱の太陽に照らされていた。マックス(演: トム・ハーディ)はかつて警官だったが、妻子を殺された過去を持つ。彼は命を救い損ねた少女の幻覚にさいなまれながら、愛車インターセプターを駆り、砂漠をさまよっていた。ある時、彼はイモータン・ジョー(演: ヒュー・キース・バーン)の武装集団ウォー・ボーイズによって囚われの身となる。O型の血液を持つ彼は、ウォー・ボーイズのための生きた「輸血袋」として扱われ、背中にタトゥーを刻まれ、顔に鉄製のくつわをはめ込まれた。
岩山の中にある砦「シタデル」は、イモータン・ジョーを頂点とする巨大組織で、大量の地下水やガソリンなどの資源を有し、最下層の貧民達はそのおこぼれに与かって生きていた。フュリオサ(演: シャーリーズ・セロン)は、ジョーの信用を得ている大隊長で、ある日、「ガスタウン」とガソリン取引をする一団の統率を任される。しかし、大型トレーラーのハンドルを握るフュリオサは、進路を途中で東に変更。その異変を目撃したジョーが、自分の子供を出産させるために幽閉していた女性達「ワイブス」の部屋を見に行くと、そこはもぬけの殻になっていた。
怒ったジョーは、ウォー・ボーイズ達を総動員し、フュリオサが連れ去ったワイブスの奪還に向かう。ウォー・ボーイズの一人ニュクス(演: ニコラス・ホルト)も、マックスからの輸血中に騒ぎを聞きつけ、自分も出撃すると言い張る。病に侵され、常に輸血を必要としているニュクスだったが、「輸血袋」を車の先にくくりつけることで戦いに出る。かくして、フュリオサのトレーラーとイモータン・ジョー、そしてニュクス達の追跡劇が始まったが――

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画