タグ別アーカイブ: トム・クルーズ

映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を観た (かんたん感想)

イントロダクション

もう20年近くも続いている人気スパイ・アクションシリーズの5作目。
今回は監督に、『アウトロー』などのクリストファー・マッカリーを迎えて、IMF史上最も困難なミッションを描きます。

主人公イーサン・ハント役のトム・クルーズは、気付けば今年で53歳。にも関わらず、今作でも離陸する輸送機に外からしがみつくわ、激流の中で潜水するわ、バイクスタントをやるわで、相変わらずのエンターテイナーっぷりです。
そして、ヒロイン役には、スウェーデン女優のレベッカ・ファーガソン。敵か味方か分からない、非常に謎めいたキャラで、物語の核心部分にいます。
そして、IMFのチームは今作でも健在。サイモン・ペッグジェレミー・レナーは前作から続投。そして、ヴィング・レイムスも今作で任務に本格復帰します。その他、アレック・ボールドウィンサイモン・マクバーニーも重要な役どころで登場。

公開日は、アメリカでは2015年7月31日、日本では1週間後の8月7日。

あらすじ

ベラルーシ・ミンスクの飛行場で、ある輸送機が離陸しようとしていた。テロ組織が操縦するその機の積荷は生物兵器。IMFのブラント(演: ジェレミー・レナー)は、ベンジー(演: サイモン・ペッグ)に遠隔操作で輸送機をハッキングするよう指示。ルーサー(演: ヴィング・レイムス)の助けを借り、人工衛星を介して輸送機のシステムに侵入するが、離陸態勢は止められない。その時、イーサン・ハント(演: トム・クルーズ)が現れ、輸送機に飛び乗った。彼は離陸した機の後部ドアの外にしがみつき、ドアを開けろとベンジーに叫ぶ。ベンジーはやっとのことで、ドアを解錠し、イーサンは中の積荷のパラシュートを開き、ハッチから脱出。任務に成功した。
イーサンはこのテロ組織の背後に、彼が以前から追っている犯罪組織「シンジケート」の存在があると睨んでいた。ロンドンのIMFの隠れ家で、彼は本部からのメッセージを再生する。しかし、それはシンジケートの用意した罠だった。直後イーサンは密室に閉じ込められ、ガラス越しに一人の男がIMFメンバーを射殺する様を見せられながら、ガスを吸って気を失う。
一方、アメリカの上院議員の委員会では、CIA長官ハンリー(演: アレック・ボールドウィン)が、IMFの過去の危険行動を挙げ、組織を解体することを進言した。ブラントは抗議するが、結果的にIMF解体が承認され、組織はCIAに吸収されてしまう。
イーサンは見知らぬ部屋で拘束されて目覚める。一人の女性(演: レベッカ・ファーガソン)が入ってきて、尋問の用意をするが、彼女はなぜか靴まで脱ぎ始めた。直後、その部屋に男達も入ってくる。イーサンはその中に、死亡したはずのドイツ諜報員ヤニク(演: イェンス・フルテン)がいることに気づく。ヤニクはその女性イルサに、尋問を引き継ぐように言うが、イルサは渋る。すると、イルサはイーサンに、手錠の鍵をこっそり見せた。意図を察したイーサンはヤニクを蹴り飛ばし、イルサから鍵を受け取って拘束を脱する。男達と戦い昏倒させたイーサンは逃げ出すが、イルサは彼と一緒に逃げずそこに残った。
イーサンはブラントに電話し、シンジケートが実在することを警告する。しかし、既にIMFは解体され、おまけにハンリーはイーサンを過去の騒動の責任者として、指名手配していた。イーサンはブラントに、自分は行方不明ということにしておけと頼み、一人でシンジケートの追跡を始めるーー。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ミッション:インポッシブル / ローグ・ネイション』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

映画『コラテラル』 (かんたん感想)

たまにはこのブログでも旧作映画のレビューを。
ということで、ずっと前から観たかった殺し屋映画、『コラテラル』です。

イントロダクション

『ヒート』などで有名なマイケル・マン監督の、2004年のサスペンス・アクション映画。
トム・クルーズといえば善良で良い男の主人公役のイメージでしたが、今作では何と冷徹な悪役。そして、そんな彼と共演するのが、今や大スターのジェイミー・フォックス
他にもキャストでいうと、今やハルク役でお馴染みマーク・ラファロとかジェイダ・ピンケット=スミスハビエル・バルデムも出演してたり。(そして冒頭にはカメオでなぜかジェイソン・ステイサムも。)

あらすじ

ロサンゼルスの空港に、銀髪の男ヴィンセント(演: トム・クルーズ)が到着する。彼は歩行者の一人と不意にぶつかったように見せかけて、持っているブリーフケースをさりげなく交換する。彼は誰にも見られることなく、L.A.の街に消える。
マックス(演:ジェイミー・フォックス)は、L.A.でタクシー運転手として12年間働いている。稼ぎは多くないが、将来リムジン・サービスの会社を立てることを夢に見て、堅実な仕事をしていた。ある夕方、彼はアニー(演: ジェイダ・ピンケット=スミス)という女性客を乗せる。彼女が指定した目的地までのルートに対して、彼は別の道なら速く着くと提案する。彼らはそのことで賭けをするが、結果はマックスの勝ちだった。アニーの職業は検事で、彼女は去り際、何か困ったことがあったらとマックスに名刺を渡す。彼はそれを大切にしまった。
直後、マックスのタクシーにヴィンセントが乗る。彼は不動産屋を自称し、一晩で5人の客・友人を回らないといけないといい、マックスに今夜のタクシーを貸し切りにしてくれないかと持ちかける。職務規定に反するからと渋るマックスだったが、ヴィンセントが出した600ドルの誘惑に負け、了承。あるアパートの前でヴィンセントを待った。
ほどなくして、彼のタクシーの真上に男の死体が降ってくる。仰天するマックスの元に、至って冷静な様子のヴィンセントが戻る。直感的にマックスは逃げ出そうとするが、ヴィンセントは銃を突き出して止め、男の死体をタクシーのトランクに隠すのを手伝わせる。
そして、そのままヴィンセントを乗せて運転するよう命じる。かくして、マックスの運命の一夜が始まった――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『コラテラル』

レビュー

続きを読む

2件のコメント

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画