タグ別アーカイブ: トッド・へインズ

2016年2月観た映画2本 『キャロル』、『オデッセイ』(かんたん感想)

今回も遅まきながら感想載せておきます。物語に関わる重大なネタバレは無しです。

『キャロル』

あらすじ

1950年代、ニューヨーク。テレーズ・ベリベット(演: ルーニー・マーラ)は、レストランで男の知り合いに声をかけられる。彼女は、キャロル・エアードという女性(演: ケイト・ブランシェット)と会話中だった。だが、キャロルは席を立ち、去ってしまう。その後、テレーズはキャロルとの思い出を回想する。
テレーズはデパートで働いていた。クリスマスの近づくある日、おもちゃ売り場で電車の模型を見ていたキャロルと目が合う。キャロルは テレーズのレジで模型を購入し、宅配の手続きをする。だが、キャロルは手袋を忘れて帰ってしまった。送り状から住所を知ったテレーズは、その手袋を郵送で届ける。
キャロルは一人娘と暮らしているが、夫と離婚協議中だった。キャロルの家に忘れ物が届くと、キャロルはデパートのテレーズに電話し、お礼にとランチに誘う。遠慮していたが承諾したテレーズはキャロルと再会し、その後何度か交友を重ね、互いの家も訪れるようになる。クリスマスの期間になると、テレーズとキャロルは、それぞれの身の回りの男性達と距離を置き、二人きりで国内旅行に出かけるが――。

レビュー

LGBTをテーマとした映画というか、そもそも恋愛映画自体あまり観たことが無いのですが、今作はそれらの中でも一番印象に残る作品になりました。
何から何まで美しいと思います。映像も音楽も。主演女優2人はもちろんのこと、50年代の地味な色調の風景の中で一際目を引く赤やピンクの帽子など、美術や衣装の面で細部まで素敵です。

観ていて、「距離」が重要な作品だと思いました。テレーズとキャロルの初めての出会いのシーンの、おもちゃ売り場の端と端の間の距離。レジを挟んで話す時に縮まる距離。二人の間の距離は動き続けます。テレーズがカメラを持って遠くからキャロルを撮る時。車で隣同士に座る時。肩に手をかける時。一方で、彼女達の距離の近さを不適切に思うのが、周囲の男性達であったり。かつて、同性があれだけ近い距離にいることに対して、世間が無理解だった時代。テレーズとキャロルは、互いの間の距離にも、社会との距離にも苦悩することになります。
紆余曲折を経た後の、ラストシーンの距離の変化は、初めての出会いのシーンとの対比を感じてはっとしました。
続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画