タグ別アーカイブ: ディズニー

映画『ベイマックス』を観てきた (かんたん感想)

遅ればせながら、ついに観ました。サークルの人達に誘われて。

イントロダクション

ディズニーマーベルを買収して久しいですが、とうとうマーベルコミックを原作とするディズニー・アニメーションが作られました。
映画の原作は『Big Hero 6』という、スーパーヒーローもののコミックスだそうですが、日本での映画宣伝ではそういった面はほぼ隠して、ハートフルなロボットの友情物語か何かのように見せていましたね。(NAVERですが参考までに→http://matome.naver.jp/odai/2141866561764500601)
その宣伝手法の是非は置いておくとして、個人的に久々に観たディズニーでございました。(……もしかしたら、初めて劇場で観たマーベル映画になるかも?)
アメリカでの公開は、2014年11月7日。日本での一般公開は、12月20日。

あらすじ

サンフランシスコと東京の文化が同居しているような近未来都市、サンフランソウキョウ。両親を亡くしている14歳の少年ヒロ・ハマダは、高校を飛び級で卒業するような天才科学少年。彼はその知能を生かして、違法のロボットバトルに熱を上げていたが、兄のタダシはそんな弟の様子を見かねて、彼の工科大学にヒロを連れて行く。
最先端の科学技術が集まる研究室で、タダシは、真っ白で丸い図体のケアロボット、「ベイマックス」を開発していた。数々の研究に刺激されたヒロは、この大学に入ることを決意する。そのための条件とは、大学の研究発表会で、タダシの教官であるキャラハンに認めてもらえるような発表をすることだった。ヒロは、使用者の神経活動に従って自在に動かせる無数の微小ロボット、「マイクロボット」を開発する。発表を成功に収めた彼は、直後に技術会社の社長クレイに、巨額の報酬でヘッドハンティングを持ちかけられるが、それを断ってキャラハン教授の下で学ぶことに決める。
成功を喜び合うヒロとタダシ。しかし、二人が会場を出ると、そこで火災が発生する。屋内に取り残されたキャラハンを助けようと、タダシは火の中へ入っていってしまうが、直後に爆発が起き、キャラハンとタダシは帰らぬ人となってしまった。悲しみのあまり、ヒロは大学にも入らず、全てに無気力になってしまう。
ある日ひょんなことから、ヒロは兄の遺品であるベイマックスを起動させてしまう。傷心のヒロをケアしようとするベイマックスに振り回されていると、ヒロはマイクロボットの一つが室内で独りでに動いているのを見つける。マイクロボットの制御装置は、火災の際に焼失したはずが、彼が見つけたロボットはどこかに集まろうとしていた。ベイマックスは、その場所を探すために勝手に外に出てしまう。慌てて追いかけたヒロは、行く先で怪しげな廃工場を見つける。そこで、大量のマイクロボットが生産されていたことを知るが、直後にそれを操る仮面を被った男に襲撃され――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ベイマックス』

レビュー

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画