タグ別アーカイブ: ダニエル・クレイグ

あえて比べるジェームズ・ボンドとジェイソン・ボーン(後編) -映画『ジェイソン・ボーン』三部作 各論編

だいぶ間が空きましたが、二人のJ.B.を比較してみる企画の後編。まずは前編からお読みください。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert↓〉
映画『ボーン・アイデンティティー』
映画『ボーン・スプレマシー』
映画『ボーン・アルティメイタム』

2.4.パーソナリティー

総じてジェームズ・ボンドは、「シニシスト」とか、「享楽主義的」、「女たらし」という風に評されます。
確かに彼は、敵はもちろん、仕事仲間や、上司のMに対してさえも皮肉を飛ばします。また、出先では品の良いホテルによく泊まり、身に付けているものもブランド品で、出会った女性といつの間にかベッドを共にしています。
彼は、自らがスパイであることを楽しんでいるようですが、その仕事精神の根底に、ユナイテッド・キングダムへの忠誠心があることは認めています。

シルヴァ「今の君がどうにかこうにかもってるのは、薬と酒のおかげ」
(Just look at you, barely held together by your pills and your drink.)

ボンド「憐れな愛国心も抜けてない」
(Don’t forget my pathetic love of country.)

――映画『007 スカイフォール』より(松崎広幸訳)

ボンドは、システムや権力に対して、どこか反発的・反骨的でありながら、やっぱり国を助けることを選んだ人間と言えそうです。

これまた、ジェイソン・ボーンは好対照を成しています。
彼はジョークらしいジョークを口にしません。特に2作目以降、ボーンが微笑むシーンは1秒もありません(写真の中や回想を除く)。また、彼は一人の女性を一途に愛し続けています。(そもそも出会う女性の人数自体少ないですが。)
大まかにいって、かなり「真面目」なキャラクターですが、一方で、内側から自身を突き動かすような強い感情も持っています。というより、彼の特色はその「人間臭さ」です。
社会から切り離された孤独な彼は、自分が信じられるものを捜しています。そして、過去に暗殺者としてやってきた自分の行為に対して罪の意識があり、とても内省的です。

ボーン「何度も謝罪しようとした……、自分のしたことを、自分の存在を。だが、罪の意識は消えない」
(I’ve tried to apologize for. . . for what I’ve done. . . for what I am. None of it makes it any better.)

――映画『ボーン・アルティメイタム』より(平田勝茂訳)

自己反省が行動の基点にあるボーンは、自分の記憶の真実を見つけるという目的がいつも頭にあり、ストイックかつ実直に振る舞うようです。 続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -映画

あえて比べるジェームズ・ボンドとジェイソン・ボーン(前編) -映画『ジェイソン・ボーン』三部作 各論編

『ボーン』三部作紹介編総論編の投稿からかなり間が空きましたが、唐突に「良いモノ語り」を再開します。今回から各論編。

1.はじめに

共にイニシャルが「J.B.」である二人のアクション・ヒーローがいます。
方や50年以上にわたって継続的にシリーズが作り続けられている映画の主人公。方や21世紀のゼロ年代に印象的な三部作が作られた映画の主人公。

ネットを見てると、ジェームズ・ボンドとジェイソン・ボーンを比較してみようと試みるやり取りに、それなりに遭遇します。
この手の作品を越えた(時にジャンルすらも越えた)比較議論というのは、たいてい不毛でキリがありません。
実際、ただ立ち位置が似ているだけで共通点が少ないもの同士を比べたところで、あんまり意味が無いものです。

しかし、少し前から私は、この二人のヒーローの間の違いと類似点を考えてみるということをしたくなってきました。
というのも、比較することによって、それまでは見えてこなかったそれぞれのヒーローの特徴を浮かび上がらせることができるかもしれないと思ったからです。それぞれ映画史の中で一定の存在感を放っているヒーローを、あえて対比して見ることで、また彼らの姿が違って見えてくるかもしれません。

というわけで、まずこの前編では、二人のヒーローを様々な角度から改めて見てみたいと思います。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert↓〉
小説『暗殺者』(ロバート・ラドラム)

2.比較してみる

2.1.来歴

ジェームズ・ボンド
イアン・フレミングによって創作されたジェームズ・ボンド(James Bond)が最初に世に登場したのは、1953年の小説『カジノ・ロワイヤル』。英国諜報部きってのスパイで、「007」なるコードネームを持ち、任務中に自分の判断で敵を殺害しても不問にされるという「殺しのライセンス」を持つ男。英国を守るために世界を駆ける彼は、任務の途中で魅力的な謎の美女に出会い、危険な陰謀を企む者を追い、壮絶な闘いに勝利して任務を達成します。「スパイの本場」ともいえる英国で、シリアスで地味な本来のスパイ像とは離れた、華やかさを身にまとったスパイが生まれたのは、それ以降の「スパイ」に対する世間のイメージに決定的な影響を与えてしまったという点で、功罪あるかもしれませんが。
ともかく、映画化され、2014年現在まで6人の役者によって演じられてきた彼は、男性性やダンディズム、マッチョイズムのシンボルとしての地位を得ます。劇中に出る自動車や時計、銃、あるいはウォッカ・マティーニは、ジェームズ・ボンドと固く紐づけられた代物になっています。それだけ時代に影響を与えてきたヒーローです。

ジェイソン・ボーン
一方、ロバート・ラドラムによって創作されたジェイソン・ボーン(Jason Bourne)は、1980年に発表された小説『暗殺者』(The Bourne Identity)の主人公(山本光伸氏の訳的には「ジェーソン・ボーン」)。地中海上を漂流していたところ漁船に救助された彼は、自分の名前を含めた一切の記憶を失っていました。しかし彼の身体からは、コンタクトレンズの使用痕、毛髪を染めた跡、そして、臀部の皮膚の下に埋め込まれていたフィルムに記された、スイスの銀行口座の番号が見つかります。彼は自分のことをまったく覚えていませんが、格闘では明らかに素人ではない動きをし、拳銃の解体も無意識のうちにやってしまいます。
ここまでは原作は映画版とそう変わりませんが、この後は違ってきます。紹介編でも書いた通り、映画版は原作からいくつかの設定を借りているだけで、筋書きはかなり異なっており、特にボーンの正体はまったく違います。原作のボーンは、実際には暗殺者ではなく、架空の暗殺の実績を積み重ねることによって、世界的なテロリスト・カルロスの注意を引くために作り出された、ダミーの人格でした。これに対し、映画版のボーンは、CIAによる人格改造や精神矯正を経て生み出された、正真正銘、本物の暗殺者です。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -映画