タグ別アーカイブ: スティーブン・ダルドリー

映画『トラッシュ! この街が輝く日まで』を観た (かんたん感想)

2015年最初に映画館で観た映画はこれにしました。昨年YouTubeで観た、この映画の(国際版)トレーラー映像の広告に心惹かれたので。

公式サイト:http://trashmovie.jp/

イントロダクション

スティーブン・ダルドリー監督による、ブラジルのスラム街を舞台とした、同名の小説の映画化。脚本は、最近『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』が評判らしいリチャード・カーティス

特筆すべきことに、主役であるキャスト3人は、実際にブラジルに暮らす、演技経験の全く無い無名の子供達です。これだけでも、生半可な試みじゃないと思います。
彼らを支えているのは、マーティン・シーンルーニー・マーラなどのアメリカ俳優。その他、現地ブラジルの有名役者陣も出演しているようです。

ブラジルでの公開が、2014年10月9日。日本では2015年1月9日に封切り。イギリスでは1月30日だそうなので、珍しく日本の方が速いですね。

あらすじ

ブラジル・リオデジャネイロ。ジョゼ・アンジェロ(演: ワグネル・モウラ)の財布の中には、金とIDカード、コインロッカーの鍵、娘の写真、ポケットカレンダー、そしてアニマル・ロトのカードが入っている。警察に追われた彼は逃げ出すが、銃撃される。追い詰められたジョゼは、とっさにその財布をゴミ収集車に投げ入れた。ジョゼは逮捕され、財布はゴミの埋め立て地へと運ばれた。
14歳のラファエル(演: リックソン・テベス)は、そのゴミ山で働く、スラムの少年。財布を拾った彼は、友達のガルド(演: エデュアルド・ルイス)と中身の金を分け合うが、他に入っていた奇妙な品々のことが気になる。程なくして、警察がそのゴミ山へ来た。警察官のフェデリコ(演: セルトン・メロ)から、財布を見なかったか訊かれたラファエルだが、彼は汚職にまみれた地元警察を信用できない。二人が財布の中身を、同じスラムに住む少年、通称”ラット”(ガブリエル・ウェインスタイン)に預けようとすると、ラットはロッカーの鍵に見覚えがあるという。
かつてラットが住んでいた都心に向かい、三人は警察の目をかいくぐりながら、問題のロッカーを見つける。中身は、刑務所の囚人らしい人物に宛てられた、一通の手紙だけだった。その間にフェデリコは、ゴミ山での財布捜しに協力すると言っていたラファエル達の姿が見当たらないことに気付き――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『トラッシュ! この街が輝く日まで』

レビュー

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画