タグ別アーカイブ: ジョディ・フォスター

映画『エリジウム』 つづき (かんたん感想)

前回のポストで書きそびれたことがあったので。

<!ネタバレあり Spoiler Alert!>
映画『エリジウム』
ゲーム『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』

雑感 つづき

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

映画『エリジウム』を観てきた (かんたん感想)

近頃、Editors関連のポストばかりなので、たまには今日的な(?) 話題で。
というわけで、映画『エリジウム』、公開初日の朝一番で観てきました。
世間的には新型iPhoneの発売の方で盛り上がってるみたいですが、私の関心はこっちです。

映画『エリジウム』ポスター

映画『エリジウム』ポスター

映画『エリジウム』オフィシャルサイト http://www.elysium-movie.jp/site/

イントロダクション

『第9地区』(2009年) で成功を収めたニール・ブロムカンプが監督・脚本を務める、SF映画。人種差別問題を描いた前作に続き、今作では貧富の差が極限まで開いた格差社会の未来を描きます。
主演は、私が愛する『ジェイソン・ボーン』シリーズで有名な、マット・デイモン。悪役にはジョディ・フォスター (『羊たちの沈黙』など)を迎え、また『第9地区』の主役だったシャールト・コプリーも、鍵を握る悪人を演じてます。
アメリカでの公開は、2013年8月9日。

あらすじ

スクリーン上に広がる、荒れ果てた大地。その向こうには、砂塵にまみれたバラック小屋や、剥き出しのコンクリートの家、崩壊しかけたビルが立ち並ぶ。ここはアフリカではない。ここは2154年のロサンゼルス。21世紀からの人口爆発や環境破壊により、地球の人類の暮らしはますます劣悪になっていた。
マックス(演:マット・デイモン)は、かつては自動車泥棒などを働いていたが、現在はアーマダイン社の工場に勤めている労働者。彼は幼い頃から、地球の衛星軌道上に浮かぶスペースコロニー「エリジウム」へ行くことを夢見ていた。そこは、富裕層のみが住むことを許される楽園で、あらゆる病気を一瞬で治すことのできる医療技術が存在し、人々は、老いや地上の争いとは無縁の生活を送っていた。
通勤の途中でマックスは、警備用のドロイドに抵抗したと見られて、ドロイドに腕の骨を折られてしまう。マックスは病院で、幼なじみのフレイに再会する。彼女も幼い頃、マックスとエリジウムへ行くことを誓い合っていた。看護師となっていた彼女の手当を受けた彼は、近いうちに会う約束を取り付ける。
一方、地上の人々は、エリジウムの治療技術を求めて、不法侵入を散発的に試みていた。デラコート防衛長官(演:ジョディ・フォスター)は、エリジウムの生活を維持するために、それらの宇宙船を撃ち落とす命令も厭わない。彼女の過激な姿勢はエリジウム政府に警戒されるが、彼女にはある野心があった。
マックスは怪我を押して働くが、ある時、工場内で事故に遭い、全身に大量の放射線を被曝。余命5日と宣言される。助かるには、エリジウムの治療技術を利用するしかない。決意したマックスは、エリジウムへの不法侵入をビジネスとしているスパイダーと会い、取引する。手術で強化外骨格「エクソスーツ」を装着した彼は、無謀な闘いを始めた。

レビュー

<!ネタバレあり Spoiler Alert!>
映画『エリジウム』

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画