タグ別アーカイブ: ジブリ

映画『思い出のマーニー』を観てきた (かんたん感想)

サークルの友人達に誘われて、遅まきながら観に行きました。
ジブリ映画って、世間では有名だけど自分ではなかなか観に行かないかなぁ……って感じだったんですが、ちょっと気になってはいた作品だったので、良い機会だと思い、観ることにしました。

映画『思い出のマーニー』公式サイト http://marnie.jp/index.html

イントロダクション

イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる1967年の同名児童文学のアニメ映画版。(ただし、舞台は現代日本の北海道に置き換えられています。)スタジオジブリ制作で、監督は米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』など)。今作には宮崎駿も高畑勲も関わっていないそうです。珍しい。
ダブルヒロインとして、心を閉ざした少女・杏奈役には高月彩良が、タイトルにも出ている謎のマーニー役には有村架純が抜擢されています。本業が声優ではない方達ですが、脇を固めているのも松嶋菜々子寺島進黒木瞳などなどベテランの役者達ばかりで、やっぱりその辺もジブリらしいというか何というか。(以上、敬称略)
公開日は2014年7月19日。(かなり遅い時期に観に行ったことになりますね……。)

あらすじ

札幌市に住む12歳の少女、佐々木杏奈(演: 高月彩良)は、他者との関わり合いに煩わしさを感じ、誰に対しても心を閉ざしていた。喘息持ちの彼女は、夏休みの間、母の頼子(演: 松嶋菜々子)の勧めで、北海道内の港町に暮らす親戚の大岩夫妻(演: 寺島進、根岸季衣)の元で療養することになる。
大らかな性格の夫妻の家でも杏奈は密かに息苦しさを感じていたが、ある時、近所の入り江の向こうに古びた洋風の屋敷を発見する。そこは無人だったが、杏奈は以前からそこを知っているように感じられた。それ以来、彼女は夢の中で、その屋敷と、そこにいる金髪の少女の姿を見るようになる。杏奈はその屋敷に心を惹かれ、趣味のスケッチでも好んでそこを描くようになった。
七夕祭りの晩、些細なことから地元の少女達と諍いを起こしてしまった杏奈は、逃げ込むように入り江へ行き、そこで独り涙する。ふと気づくと、傍の岸にはボートがとめてあり、彼女はそれに乗って屋敷へと漕ぎ出した。その時、屋敷に明かりがともり、中から金髪の少女(演: 有村架純)が顔を出して杏奈を見つけ、屋敷へ招いた。彼女は、杏奈が夢の中で見た人とそっくりの少女だった――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『思い出のマーニー』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画