タグ別アーカイブ: ジェシー・アイゼンバーグ

2016年1月観た映画4本 『ブリッジ・オブ・スパイ』他(かんたん感想)

色々あってブログの更新が止まっておりました。
もう2月も半ばを過ぎてますが、1月に観てきた映画の分の感想を書けたのでまとめてアップします。というわけで、以下に観た順に一つずつ。いずれもネタバレ無しです。

『ブリッジ・オブ・スパイ』

あらすじ

1957年、ニューヨークのブルックリン。アトリエで絵を描いていたある中年の男性、ルドルフ・アベル(演: マーク・ライランス)のもとに電話がかかる。アベルは外に出かけるが、彼はFBIに尾行されていた。アベルがホテルの部屋に入ると、そこへFBIの捜査官達が一斉に突入し、彼をソビエト連邦のスパイとして逮捕する。
ジム・ドノヴァン(演: トム・ハンクス)は、保険の分野を専門としている弁護士。しかしある日、ジムはアベルの弁護人として推薦されることになる。かつてジムは刑事裁判も担当したこともあり、その優秀な能力を買われていた。アメリカ国内のあらゆる人間がアベルを敵視しており、どうやっても極刑は免れない裁判になることを知りつつも、ジムは彼の弁護人となる。
ジムは、後に万が一ソ連でアメリカ人がスパイとして囚われることがあった時のために、アベルを”交換用”の捕虜として生かしておくことを考えるが、周囲はそれを受け入れない。敵国のスパイを弁護するジムは、時には匿名の脅迫を受けながらも、合衆国憲法を根拠に、アベルにもアメリカ人としての権利を認めるよう訴える。そして、訪れた判決の日。裁判長への根気強い説得が功を奏し、奇跡的にアベルの死刑を回避することに成功する。
しかしその頃、CIAの作戦に参加していたあるアメリカ人パイロットが、ソ連領内で撃墜され、囚われの身となっていた。間もなく、東側にいるアベルの妻から、ジム宛てに手紙が届く。それは、夫のアベルを、捕虜のアメリカ人パイロットと交換して東側に返してほしいと頼むものだった。CIAはそれを受け、ジムにスパイ交換の交渉人となるように依頼する。交渉の地は、東ベルリンだった――。

レビュー

冒頭の、BGMが無く台詞もほとんど無い尾行シーンから既に最高です。とても地味で静かな(そしてスパイ向きの)中年男性。地下鉄に入り、カメラが徐々に後ろに移っていって、アベルが追われる人間であることが分かります。
河畔でベンチに座って、イーゼルの高さを調節してるように見せかけてこっそりコインを取る手元。ホテルのカミソリで慎重にそのコインを開く手元。FBIに部屋中を捜索されているその最中に、堂々と、しかし落ち着いて証拠を隠滅するその手元。手元をよく映すスパイ映画は名作(※個人の感想です。)

それにしても、主演のトム・ハンクスが画面に映っている時の、あの何とも言えない安心感たるや。彼自身が孤立無援の状況にある中、それでも人命を助けようとする信念。冷たい戦争の真っただ中にあっても、彼のキャラクターの存在が、この映画に温かい人間の血を通わせています。スパイ映画としても、人間ドラマとしても記憶に残る作品でした。
続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画