タグ別アーカイブ: ジェイミー・フォックス

映画『コラテラル』 (かんたん感想)

たまにはこのブログでも旧作映画のレビューを。
ということで、ずっと前から観たかった殺し屋映画、『コラテラル』です。

イントロダクション

『ヒート』などで有名なマイケル・マン監督の、2004年のサスペンス・アクション映画。
トム・クルーズといえば善良で良い男の主人公役のイメージでしたが、今作では何と冷徹な悪役。そして、そんな彼と共演するのが、今や大スターのジェイミー・フォックス
他にもキャストでいうと、今やハルク役でお馴染みマーク・ラファロとかジェイダ・ピンケット=スミスハビエル・バルデムも出演してたり。(そして冒頭にはカメオでなぜかジェイソン・ステイサムも。)

あらすじ

ロサンゼルスの空港に、銀髪の男ヴィンセント(演: トム・クルーズ)が到着する。彼は歩行者の一人と不意にぶつかったように見せかけて、持っているブリーフケースをさりげなく交換する。彼は誰にも見られることなく、L.A.の街に消える。
マックス(演:ジェイミー・フォックス)は、L.A.でタクシー運転手として12年間働いている。稼ぎは多くないが、将来リムジン・サービスの会社を立てることを夢に見て、堅実な仕事をしていた。ある夕方、彼はアニー(演: ジェイダ・ピンケット=スミス)という女性客を乗せる。彼女が指定した目的地までのルートに対して、彼は別の道なら速く着くと提案する。彼らはそのことで賭けをするが、結果はマックスの勝ちだった。アニーの職業は検事で、彼女は去り際、何か困ったことがあったらとマックスに名刺を渡す。彼はそれを大切にしまった。
直後、マックスのタクシーにヴィンセントが乗る。彼は不動産屋を自称し、一晩で5人の客・友人を回らないといけないといい、マックスに今夜のタクシーを貸し切りにしてくれないかと持ちかける。職務規定に反するからと渋るマックスだったが、ヴィンセントが出した600ドルの誘惑に負け、了承。あるアパートの前でヴィンセントを待った。
ほどなくして、彼のタクシーの真上に男の死体が降ってくる。仰天するマックスの元に、至って冷静な様子のヴィンセントが戻る。直感的にマックスは逃げ出そうとするが、ヴィンセントは銃を突き出して止め、男の死体をタクシーのトランクに隠すのを手伝わせる。
そして、そのままヴィンセントを乗せて運転するよう命じる。かくして、マックスの運命の一夜が始まった――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『コラテラル』

レビュー

続きを読む

広告

2件のコメント

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画