タグ別アーカイブ: ジェイク・ギレンホール

映画『ナイトクローラー』を観た (かんたん感想)

イントロダクション

事件や事故の過激な映像をテレビ局に売りつけるフリーのパパラッチが、非情な手段を利用してのし上がっていく様を描くスリラー。
監督はダン・ギルロイ。苗字で思い出すかもしれませんが、脚本家・監督のトニー・ギルロイの弟です。ダンは今作が初監督作品(!)。

普段は愛想を振りまきながらも、仕事には血も涙も無い姿勢を見せるパパラッチ役に、ジェイク・ギレンホール。自分は彼の作品を観るのは初めてでした。
また、彼から過激な映像をどんどん買ってしまうニュース番組のディレクター役にレネ・ルッソ、下働きをさせられるアシスタント役にリズ・アーメッド、そして、ライバルのパパラッチ役にビル・パクストンが共演。

全米での公開が2014年10月31日で、日本での公開は遅れて2015年8月22日。

あらすじ

夜のロサンゼルス。鉄道の線路脇のフェンスから金網を切り出していたルイス・ブルーム(演: ジェイク・ギレンホール)は、警備員に見つかる。彼は道に迷ったと言い訳するが、警備員が付けている高価な腕時計を目にした瞬間、彼を殴りつけてそれを奪う。ルイスは金網やマンホールの蓋などを金属加工場に売り込むが、二束三文で買い取られる。彼は仕事が欲しいので働かせてほしいと頼みこむが、責任者には「泥棒は雇えない」と突っぱねられる。
その帰り道、ルイスは交通事故の現場を目撃する。二人の警官が燃える車の中から人を助け出そうとしていた。そこへ一台のヴァンが到着し、中から現れたパパラッチ(演: ビル・パクストン)が撮影を始める。彼らは事件・事故の現場にいち早く駆けつけ、ホットな映像をテレビ局に売るフリーランスだった。
その仕事に興味を覚えたルイスは、後日、人から盗んだ自転車をカメラ・警察無線機と交換し、見よう見まねでパパラッチを始める。そして撮影したカージャックの被害者の映像を、テレビ局KWLAのニュース番組に売ろうとする。ディレクターのニナ(演: レネ・ルッソ)は、映像の画質に難点を挙げながらも、彼の映像を買い付け、今後も撮影を続けるように言う。報酬をもらい味をしめたルイスは、さらに過激な事件・事故の撮影にのめり込んでいき――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ナイトクローラー』

レビュー

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画