タグ別アーカイブ: シャーリーズ・セロン

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観た (かんたん感想)

イントロダクション

1979年から続く『マッドマックス』シリーズの27年ぶりの続編であり、リブート作。
監督ジョージ・ミラーは70歳にして、自身の代表作を自らリブートします。ここで現代の若手監督とかに引き継がなかった辺りが凄いです。公開後はどこを見ても怖いくらいに絶賛一色で、正直最初は観るのを尻込みしてました。

旧三部作はメル・ギブソンの出世作となりましたが、今作のマックス役はトム・ハーディ。また、もう一人の主人公とも言えるフュリオサ役にはシャーリーズ・セロン
そして、彼らを追う支配者役は、シリーズ一作目にも悪役で出演していたヒュー・キース・バーン。別人役で数十年後にシリーズにカムバックという例も何だか珍しいです。さらに以上の面々にも負けない個性を持ってるのがニコラス・ホルト。『X-MEN』では青色のビーストでしたが今作では全身白塗りに。

オーストラリアでの公開が2015年5月14日、日本では6月20日。

あらすじ

石油資源をめぐる争いから始まった核戦争を経た後の世界。大地はどこも砂で覆われ、灼熱の太陽に照らされていた。マックス(演: トム・ハーディ)はかつて警官だったが、妻子を殺された過去を持つ。彼は命を救い損ねた少女の幻覚にさいなまれながら、愛車インターセプターを駆り、砂漠をさまよっていた。ある時、彼はイモータン・ジョー(演: ヒュー・キース・バーン)の武装集団ウォー・ボーイズによって囚われの身となる。O型の血液を持つ彼は、ウォー・ボーイズのための生きた「輸血袋」として扱われ、背中にタトゥーを刻まれ、顔に鉄製のくつわをはめ込まれた。
岩山の中にある砦「シタデル」は、イモータン・ジョーを頂点とする巨大組織で、大量の地下水やガソリンなどの資源を有し、最下層の貧民達はそのおこぼれに与かって生きていた。フュリオサ(演: シャーリーズ・セロン)は、ジョーの信用を得ている大隊長で、ある日、「ガスタウン」とガソリン取引をする一団の統率を任される。しかし、大型トレーラーのハンドルを握るフュリオサは、進路を途中で東に変更。その異変を目撃したジョーが、自分の子供を出産させるために幽閉していた女性達「ワイブス」の部屋を見に行くと、そこはもぬけの殻になっていた。
怒ったジョーは、ウォー・ボーイズ達を総動員し、フュリオサが連れ去ったワイブスの奪還に向かう。ウォー・ボーイズの一人ニュクス(演: ニコラス・ホルト)も、マックスからの輸血中に騒ぎを聞きつけ、自分も出撃すると言い張る。病に侵され、常に輸血を必要としているニュクスだったが、「輸血袋」を車の先にくくりつけることで戦いに出る。かくして、フュリオサのトレーラーとイモータン・ジョー、そしてニュクス達の追跡劇が始まったが――

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画