タグ別アーカイブ: コリン・ファース

映画『キングスマン』を観た (かんたん感想)

イントロダクション

ロンドンの不良少年が、かつて死んだ父親が所属していた国際スパイ機関にスカウトされ、紳士として成長していく様を、コメディーとヴァイオレンスと共に描くアクション作。もともとはコミックが原作だそう。

そういうわけなのか、監督は『キックアス』などのマシュー・ボーン。この人の映画は初めてでしたが、何というか随所にこの人の「ノリ」のようなものが感じられた気がします。

今作は過去の様々なスパイ映画にオマージュを捧げてて、もちろんキャスティングもそれにちなんでいます。コリン・ファースマーク・ストロングも、かつて『裏切りのサーカス』で共に出演。また、往年のスパイ映画でも主演したマイケル・ケインも、今作の諜報機関のトップ役です。
一方、新米スパイとなる主人公には、フレッシュなタロン・エガートン。同期の女性スパイ役で実質ヒロインのソフィ・クックソンと、今後注目されるかもしれないキャストもいます。そして、ヴィラン役はサミュエル・L・ジャクソン。そしてチョイ役でマーク・ハミルも登場(なんと原作コミックでは彼本人が登場していたようですが……)。

イギリスでの公開が2015年1月29日、日本では9月11日。

あらすじ

1997年、中東のテロリストの拠点を、ヘリコプターに乗った一部隊が急襲する。拠点は彼らによって制圧されたが、尋問中の捕虜のテロリストが手榴弾のピンを抜いてしまう。その時、一人の部隊員が捕虜の身体に覆いかぶさり、爆発を受け犠牲になった。生き残った隊員、ハリー(演: コリン・ファース)は、ロンドンの彼の遺族を訪れる。母親は幼い息子エグジーのことを案じるが、ハリーはある電話番号が刻まれたペンダントを彼に渡し、「将来何か困ったことがあれば、この番号にかけるように」と教え、去っていった。
時は流れ現代。アルゼンチンの雪深い山の小屋で、大学教授アーノルド(演: マーク・ハミル)が何者かに囚われていた。男達は教授を彼らの「ボス」に会わせようとするが、そこにスーツ姿の紳士が現れ、颯爽と男達を全滅させる。紳士は彼を救出しようとするが、次の瞬間、両脚に鋭い刃の付いた義足の女性(演: ソフィア・ブテラ)に襲われ、身体を真っ二つに切られてしまう。そこに現れたボス、ヴァレンティン(演: サミュエル・L・ジャクソン)は、教授をある計画の下に引き入れようとする。
ロンドンのウェストミンスターにあるスーツ店「キングスマン」では、ハリーが姿を現していた。彼を呼んだ老人アーサー(演: マイケル・ケイン)は、そのスーツ店の裏の顔、国際的なスパイ組織のトップであり、ハリーはその精鋭スパイの一人だったのだ。彼らは山小屋で死亡したメンバー、”ランスロット”の後継者を見つけるため、各々で候補者を探してくることとなった。
一方、成長したエグジー(演: タロン・エガートン)の家庭環境は最悪だった。母親は再婚した夫にDVを振るわれ、エグジーも夫の子分のチンピラに悩まされ、自身も不良少年として育っていた。ある時、エグジーは持ち前の手癖の悪さで、義父の子分の車の鍵を盗み、ひとしきり暴走運転をして、警察に捕まる。刑務所行きが決まりそうになる間際で、彼は肌身離さず付けていたペンダントを取り出し、そこに電話をかける。すると、彼は突然釈放される。警察署の外で当惑していた彼を待っていたのは、ハリーだった――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『キングスマン』

レビュー

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画