タグ別アーカイブ: コメディ

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を観た (かんたん感想)

イントロダクション

かつてヒーロー映画の主演で有名になり、現在は落ちぶれた中年俳優が、ブロードウェイの舞台に出てもう一度名声を取り戻そうと奮闘するコメディ。

監督はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。日本だと『バベル』で注目されてた人ですが、個人的には2010年のハビエル・バルデム主演の『BIUTIFUL ビューティフル』の方が気になってて、まだ観ていないという状況です……。
また、撮影監督はエマニュエル・ルベツキ。長回しで有名なアルフォンソ・キュアロン監督作などに参加していた人なので、この映画の長回し撮影のために抜擢されたんでしょうね。

「かつてヒーロー映画で主役をやった」という主人公には、現実で『バットマン』をやったことのあるマイケル・キートン以上に説得力のあるキャストは無いかもしれません。また、主人公の娘役にはエマ・ストーン、優秀だけど嫌味な俳優役にエドワード・ノートン、そしてナオミ・ワッツザック・ガリフィアナキスなど、本当に舞台にいたら凄そうな人達ばかりでした。

アカデミー賞で監督賞を獲った作品は作品賞は受賞しない、とか言われてたみたいですが、少なくともこの作品は例外のようで、どちらも獲りましたね。あと撮影賞も。
米国での公開が2014年10月17日。日本での封切りが2015年4月10日。

あらすじ

リーガン・トムソン(演: マイケル・キートン)は、かつて『バードマン』というスーパーヒーロー映画で、主役のバードマンを演じたことで著名なアクション俳優だったが、現在は人気を失い落ちぶれてしまっている。俳優としてもう一度輝くために、彼は全く経験の無いブロードウェイに進出するという決断をし、自らの主演・演出で舞台を開こうとしていた。
しかし、プレビュー公演を目前に控えたリハーサルの時、共演者の一人が事故で怪我を負い、降板する。芳しくない舞台の出来も案じて、リーガンはそのままプレビュー公演が中止にしようと思っていたが、弁護士でありリーガンの親友のジェイク(演: ザック・ガリフィアナキス)は代役を探す。そして、実力派の俳優であるマイク・シャイナー(演: エドワード・ノートン)が急きょ呼ばれた。
マイクはリーガンの期待にかなうような演技をする男だったが、舞台という「芸術」に高い理想を持っているマイクは、次第に周囲と摩擦を起こすようになり、結果的にプレビュー公演は大失敗に終わる。ブロードウェイで華々しい再復活を果たすというリーガンの夢は、ますます絶望的になる。
そんなリーガンが一人で楽屋に籠っている時は、どこからか声が囁きかけてきて、彼の惨めな現状をあざ笑ってくる。それは、かつて自分が演じたアクションヒーロー「バードマン」の声だった――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『バードマン』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

[小説] 【株価】【自動車整備所】【メビウスの輪】 (約2600字)

  • あらすじ:
    『帯鉈モータース』は自動車整備所だが、ここ数年は自転車操業であることで人々に知られていた。
  • 字数(概数):
    2600字
  • 作品に含まれる要素:
    コメディ
  • 備考:
    2015年2月15日発表。お題小説。お題は:「株価」、「自動車整備所」、「メビウスの輪」
  • 本文ページへ

 
[2015/5/9]追記:
小説本文を別ページに移動しました。

コメントする

カテゴリー: 創作小説

[小説] お嬢様、月にて難題に挑む (約5000字)

  • あらすじ:
    「というわけで、お父様。私、お月さまに行かなくてはなりません!」
  • 字数(概数):
    5000字
  • 作品に含まれる要素:
    SF、コメディ
  • 備考:
    2014年10月6日発表。お題小説。お題は:「箱」、「お月さま」、「運動オンチ」
  • 本文ページへ

 
[2015/5/9]追記:
小説本文を別ページに移動しました。

コメントする

カテゴリー: 創作小説