タグ別アーカイブ: クリント・イーストウッド

映画『アメリカン・スナイパー』を観た (かんたん感想)

初めてティザー映像を観た時に、それで完全に心を奪われました。(→動画)ティザーだけで、ここまで感情に訴えかけられるのが凄い。これ、続きは一体どうなるんだ……。
というわけで、この目で確かめてきました。

イントロダクション

『ジャージー・ボーイズ』に続く、巨匠クリント・イーストウッド監督作。イラク戦争に4回従軍し、米軍史上最多となる160人以上(※公式戦果)を射殺した、実在の狙撃手クリス・カイル氏の自伝を基にした映画です。
クリス・カイル役は、ブラッドリー・クーパー。これがまた、本物のクリス氏と激似なんです。本編でも一度、ご本人の写真を見る機会があるんですが、本当に風貌がそっくりです。実際、ブラッドリー・クーパーも、役作りのために相当肉体改造をしたそうですが、その甲斐あって、とても説得力が出ています。また、クリスの恋人タナ役にはシエナ・ミラーでした。

アメリカで公開されるや否や、たちまち大反響を得て、イーストウッド監督作としては最大の初動成績、戦争映画としてはあの『プライベート・ライアン』も抜いてトップの興収になったそうです。ちょうどこれを書いてる時にアカデミー賞の発表があったんですが、なんと音響編集賞を受賞だそうで。確かに冒頭の戦車が放つ振動音から既に凄かったなぁ……。
アメリカでの全国公開は、2015年1月16日。日本では、2月21日。

あらすじ

イラク戦争。アメリカ海軍の特殊部隊ネイビー・シールズに所属するクリス・カイル(演: ブラッドリー・クーパー)は、スナイパーとして戦場で任務に当たっていた。
彼は、アメリカ・テキサス州の出身。幼い頃に父親から狩りを通して射撃を教えられ、また正義感を教わった。大人になってからは、ロデオに興じるなどをしていたが、ケニアなどでのアメリカ大使館爆破事件をニュースで知ると、愛国心にかられて、軍に志願することを決意。厳しい訓練が始まった。
ある時クリスは、タナ(演: シエナ・ミラー)という女性と知り合い、親しくなる。軍では狙撃の才能を見込まれるようになり、公私ともに順調な生活を送っていたクリスだが、2001年9月に同時多発テロが発生。後にタナと結婚式を挙げるが、それからすぐにクリスのイラク行きが決まった。
砂埃の舞う市街地の建物の屋上で、クリスはスナイパーライフルを構え、海兵隊の戦車部隊が移動する先を警戒する。彼は道路の前方に、一組の現地人の母子が姿を現すのを発見する。母親は子供に、対戦車手榴弾のような何かを手渡した。無線で本部と連絡を取ると、「お前の判断で撃て」との命令。子供は部隊の方へと駆け出し、その身体にライフルの照準を合わせたクリスは――。

レビュー

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『アメリカン・スナイパー』
続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画