タグ別アーカイブ: キーラ・ナイトレイ

映画『イミテーション・ゲーム』を観た (かんたん感想)

イントロダクション

イギリスの天才数学者であり、第二次世界大戦中にドイツ軍が使用した最強の暗号「エニグマ」に挑んだ暗号解読者、アラン・チューリングの生涯を描く作品。
史実そのままのドキュメンタリーではありませんが、伝記『エニグマ -アラン・チューリング伝』を基にしているそうです。監督はノルウェー出身のモルテン・ティルドゥム

主演は我らがベネディクト・カンバーバッチ。ナイーブで一癖のある天才とか、頭の切れる超人を演じさせれば、当代で彼の右に出るものはいません。なるべくしてなったキャスティングというか何というか。
ヒロインは、チューリングと共に仕事をしていたジョーン・クラークに当たり、演じたのはキーラ・ナイトレイ。その他、MI6から解雇されたジム・プリドー役MI6長官メンジーズ役にはマーク・ストロングMI6でMを補佐するビル・タナー役終戦後にある事件を捜査する刑事役にはロリー・キニアなど、英国の豪華な俳優ばかりで安定感がありました。

アカデミー賞では脚色賞を獲得して、脚本のグレアム・ムーアの受賞スピーチが話題になったりしてましたね。

あらすじ

1951年。イギリスの天才数学者アラン・チューリング(演: ベネディクト・カンバーバッチ)の自宅に何者かが侵入したとの通報があった。捜査に向かったノック刑事(演: ロリー・キニア)は、荒らされた彼の家の中で巨大なマシンを目にする。チューリング自身は「何も盗まれていない」と言って、彼らを追い出すが、不思議に思った刑事は情報を集めようとする。
1939年。イギリスとドイツは戦争状態に入る。チューリングは英海軍によって、イギリス南東部の田舎にある邸宅「ブレッチリー・パーク」へ召集される。それは、ドイツ軍が使う解読不可能な暗号「エニグマ」を解読するプロジェクトのための面接だった。論理的だが、人との協調性に問題があるチューリングは、デニストン中佐(演: チャールズ・ダンス)らから白眼視されるが、彼は自分が解読すると名乗りを上げる。かくして、チェスのチャンピオンであるヒュー(演: マシュー・グッド)を始めとした頭脳達が取り掛かった。
エニグマは非常に難解なマシンで、文字の組み合わせの可能性は膨大な数がある。しかも、ドイツ軍の暗号設定は毎日変更され、一つの同じ暗号を解読できる時間を一日以上与えない。チューリングは早くから、これは人間に解くことは不可能であり、マシンに対抗できるのはマシンしかないと考えていた。それを作ることを同僚や中佐にかけ合うが、性格が災いして相手にされない。しかし、彼の考えをチャーチル首相に直訴する手紙が受け入れられ、チューリングは一転してリーダーとなる。
彼はさらに優秀な頭脳をチームに入れるため、新聞にクロスワード・パズルを載せ、それを解けた国民を候補者とした。その最終テストに、ケンブリッジ大卒の女性ジョーン・クラーク(演: キーラ・ナイトレイ)などが合格する。ジョーンは両親に配慮して、一旦は暗号解読計画への勧誘を断るものの、チューリングの熱心な説得を受けてブレッチリーに赴く。
そして、ついにチューリングは、「クリストファー」と名前を付けた暗号解読マシンを開発するが――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『イミテーション・ゲーム』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画