タグ別アーカイブ: キアヌ・リーブス

必要最小限の単語で話す「ジョン・ウィック話法」を会得しよう

人とのコミュニケーションに何かしら悩みを抱えている方は多いと思います。
話し始めたは良いけどどう終わらせたら良いか分からなかったり。本当は短く済ませられる話をついダラダラと長引かせたり。大事なことを伝えたいのに要点が伝わらなかったり……

そんな悩みに役立つのが、あの伝説の殺し屋ジョン・ウィックさんが創始したと言われる会話法、名付けて「ジョン・ウィック話法」です。必要最小限の言葉を発するだけで、コミュニケーションを成り立たせてしまうというこの話法をマスターすれば、あなたも会話で苦労することは減るはずです。

この記事では、初級から中級、上級まで3つのステップで、この特殊なジョン・ウィック話法を解説していきます。
あなたもこのジョン・ウィック話法を身に着けて、言葉のミニマリストを目指してみましょう。
 
img_0562-1
 

初級編:主語・修飾語の省略

実際のジョン・ウィックさんの話しぶりは下記のような感じです。

ウィンストン「私の記憶では、君は殴る方であって殴られる方ではないはずだが」(Now, as I recall, weren’t you the one tasked to dole out the beatings, not to receive them?)

ジョン『腕が落ちた』(Rusty, I guess.)

ウィンストン「私には分かっているぞ、ジョナサン。まず訊きたい。この世界に本当に戻ったのか?」(I’m familiar with the parlance, Jonathan. I want to ask you this. Have you return to the fold?)

ジョン『立ち寄っただけだ』(Just visiting.)

相手が話してる単語の量と、ジョンさんが返す単語の量の差を見比べれば一目瞭然です。本当に必要なことだけを話すだけで、会話というものは成立するのです。

コツは、とにかく余計な主語や修飾語を省略すること。最低限必要な目的語と述語だけを相手にぶん投げてやるのです。それでほとんどの会話は事足ります。
続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -映画

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』(ネタバレ)「掟」を破ったことの意味

『チャプター2』、個人的に今年1番期待してた作品でしたが、その期待の遥か上を飛んで行ってくれる素晴らしい作品でした。
前作超えはもちろん、間違いなくこの2010年代殺し屋映画ベストに余裕でランクインしてくれる内容です。

あのアクションシーンが好きとかこのキャラが好きとかそういう話はもう無限に書くことができてしまってキリが無いのですが、正直私が何よりも衝撃を受けたのが、今回のストーリーのテーマとそのラストの展開です。


公開初日に観に行けたのですが、あのラストの衝撃が実は今も結構後を引いてます。なので、居てもたってもいられなくなってブログに書き殴りました。

というわけで、以下、ラストシーンについてのネタバレあり所感です。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ジョン・ウィック』
・映画『ジョン・ウィック:チャプター2』

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

映画『ジョン・ウィック』  (かんたん感想)

映画の当たり年である2015年。ある意味で一番楽しみにしていたかもしれない映画が、実はコレでした。(本気です。)
公開初日には観に行けませんでしたが、IMAXでたっぷり堪能してきましたよ!

イントロダクション

裏社会から足を洗った元殺し屋が、愛犬を殺し愛車を奪ったロシアンマフィアを相手に復活し、一人で本気の復讐をかけるアクション映画。

監督のチャド・スタエルスキーはスタントマンの経歴があって、キアヌ・リーブスとは既に『マトリックス』や『コンスタンティン』の頃からの付き合い。実際に身体を張った経験がある人の監督というだけでも興味湧きます。

そして、主演がそのキアヌ・リーブス。正直ここ数年、お世辞にもヒット作に恵まれてるとは言い難い状況だったのが、この作品で名実ともに「復活」。実際、主人公のキャラクターを考えても、彼以外に似合う俳優が思い浮かびません。(でも正直あの髪型は……)
ジョンに追い回されるマフィア役にはミカエル・ニクヴィストアルフィー・アレン。ニューヨークの独特な裏社会の面々には、エイドリアンヌ・パリッキイアン・マクシェーンパトリック・ケリー(『コマンドー』のサリーの人……!)。そして、重要な脇役としてウィレム・デフォーも。

アメリカでの公開が2014年10月24日。日本では遅れに遅れて2015年10月16日。(日本の配給会社は1年も何やってたのか……。)

あらすじ

ニューヨーク・マンハッタンのある港の倉庫に、血まみれになった男、ジョン・ウィック(演: キアヌ・リーブス)が辿り着く。歩くことすらできないほど衰弱した彼は、道に座り込むと懐から携帯電話を取り出し、彼の妻ヘレン(演: ブリジット・モナハン)との思い出の動画を再生し始めた。
数日前のこと。5年間付き添ってきたヘレンが、重い病のため息を引き取った。一人深い悲しみに暮れるジョンだったが、埋葬の日の夜、ある贈り物が届く。それは、1匹の犬だった。添えられた手紙にはヘレンの字で、自分が先立つことで孤独になってしまうジョンのことを案じ、愛することができる存在を見つけられるように贈る、とあった。ジョンはその犬をデイジーと名付け、大切にした。
翌朝、彼はデイジーと共に、愛車の69年式フォードマスタングに乗り、外出する。立ち寄ったガソリンスタンドで、ロシア語を話す不良風の若者に絡まれ、「車を売ってくれないか」と言われる。ジョンはその言葉を突っぱねて、その場を立ち去った。
深夜、ジョンと共に寝ていたデイジーが急に目覚め、吠え始める。不審に思い自宅の寝室を出たジョンは、そこで突然複数の男に殴られる。男達は車のキーを探して家を荒らしまわり、そしてジョンの目の前でデイジーを殴り死なせてしまう。男の一人は、ガソリンスタンドでジョンに絡んだ若者だった。殴られて気絶したジョンは翌朝、マスタングが奪われてしまったことを知る。
若者は奪った車でとある自動車整備場に乗り入れ、車の登録情報を偽造しようとした。整備場のオーナー、オーレリオ(演: ジョン・レグイザモ)はその車を見るなり、「どこでその車を見つけた」と若者を殴りつけて帰らせる。その後ジョンがオーレリオの元を訪れ、若者の正体がロシアンマフィアのボスの息子、ヨセフ(演: アルフィー・アレン)であることを知る。
一方、ヨセフは、父のヴィゴ(演: ミカエル・ニクヴィスト)に呼び出され、車を誰から奪ったのかと問い質される。そしてヴィゴは、犬の飼い主であり車の持ち主であったジョン・ウィックは、かつて暗黒街の殺し屋を始末する「伝説の殺し屋」だったことを語り始める――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ジョン・ウィック』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画