タグ別アーカイブ: アレハンドロ・G・イニャリトゥ

映画『レヴェナント:蘇えりし者』 (かんたん感想)

あらすじ

1823年のアメリカ北西部。猟師のヒュー・グラス(演: レオナルド・ディカプリオ)は、ネイティブ・アメリカンのポーニー族の女性との間に生まれた息子ホーク(演: フォレスト・グッドラック)と共に狩りをしていた。川のそばでグラスの銃声を聞きつけた罠猟師のフィッツジェラルド(演: トム・ハーディ)は、ネイティブ・アメリカンの接近を警戒する。グラス達はヘンリー(演: ドーナル・グリーソン)率いる狩猟隊のメンバーで、彼らは野営中だった。そこを突然、ネイティブ・アメリカンの一団が急襲する。騒ぎを聞いたグラスらも駆け付け、壮絶な戦闘が始まった。生き残った十余名の狩猟隊は、ボートで川へと脱出する。
川を下る狩猟隊だったが、川下はネイティブ・アメリカンのアリカラ族の領域に近いため、グラスはボートを捨てて山沿いの険しいルートを行くことを提案する。フィッツジェラルドは川を進むべきと言うが、ヘンリー隊長はグラスの案を採用し、彼らは森へと分け入る。隊のメンバーが休む間、グラスは一人で森の中を偵察する。しかしそこで大きなグリズリーに遭遇し、襲われてしまう。グラスは喉を爪で切り裂かれる重傷を負うが、最後の気力を振り絞りナイフでグリズリーを殺した。駆け付けた狩猟隊は瀕死の状態のグラスを発見する。自分で動けないほど衰弱した彼を担架で運ぶが、道には雪が積もり、隊員の疲労も限界に達していた。フィッツジェラルドはグラスはもう助からないと主張し、ヘンリー隊長もグラスを見捨てる決断を迫られた。彼の最期を見届け埋葬をするためにホークとブリッジャー(演: ウィル・ポールター)が残ると言い、またフィッツジェラルドもヘンリーから金を貰うことを条件に残った。
しかし、ホークとブリッジャーのいない隙に、フィッツジェラルドはグラスの息の根を止めようとする。ホークが駆け付けてフィッツジェラルドを止めようとするが、グラスの目の前で彼はホークを刺し殺し、その死体を隠してしまう。何も知らずに戻ってきたブリッジャーにフィッツジェラルドは出発を急かし、まだ息のあるグラスを墓穴に引きずり込む。そして二人ともグラスを置き去りに逃げてしまった。ゆっくりと墓の中から這い出たグラスは、息子の亡骸のもとに辿り着いて寄り添い、そして、全てを奪ったフィッツジェラルドへの復讐を誓った――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『レヴェナント:蘇えりし者』

レビュー

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を観た (かんたん感想)

イントロダクション

かつてヒーロー映画の主演で有名になり、現在は落ちぶれた中年俳優が、ブロードウェイの舞台に出てもう一度名声を取り戻そうと奮闘するコメディ。

監督はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。日本だと『バベル』で注目されてた人ですが、個人的には2010年のハビエル・バルデム主演の『BIUTIFUL ビューティフル』の方が気になってて、まだ観ていないという状況です……。
また、撮影監督はエマニュエル・ルベツキ。長回しで有名なアルフォンソ・キュアロン監督作などに参加していた人なので、この映画の長回し撮影のために抜擢されたんでしょうね。

「かつてヒーロー映画で主役をやった」という主人公には、現実で『バットマン』をやったことのあるマイケル・キートン以上に説得力のあるキャストは無いかもしれません。また、主人公の娘役にはエマ・ストーン、優秀だけど嫌味な俳優役にエドワード・ノートン、そしてナオミ・ワッツザック・ガリフィアナキスなど、本当に舞台にいたら凄そうな人達ばかりでした。

アカデミー賞で監督賞を獲った作品は作品賞は受賞しない、とか言われてたみたいですが、少なくともこの作品は例外のようで、どちらも獲りましたね。あと撮影賞も。
米国での公開が2014年10月17日。日本での封切りが2015年4月10日。

あらすじ

リーガン・トムソン(演: マイケル・キートン)は、かつて『バードマン』というスーパーヒーロー映画で、主役のバードマンを演じたことで著名なアクション俳優だったが、現在は人気を失い落ちぶれてしまっている。俳優としてもう一度輝くために、彼は全く経験の無いブロードウェイに進出するという決断をし、自らの主演・演出で舞台を開こうとしていた。
しかし、プレビュー公演を目前に控えたリハーサルの時、共演者の一人が事故で怪我を負い、降板する。芳しくない舞台の出来も案じて、リーガンはそのままプレビュー公演が中止にしようと思っていたが、弁護士でありリーガンの親友のジェイク(演: ザック・ガリフィアナキス)は代役を探す。そして、実力派の俳優であるマイク・シャイナー(演: エドワード・ノートン)が急きょ呼ばれた。
マイクはリーガンの期待にかなうような演技をする男だったが、舞台という「芸術」に高い理想を持っているマイクは、次第に周囲と摩擦を起こすようになり、結果的にプレビュー公演は大失敗に終わる。ブロードウェイで華々しい再復活を果たすというリーガンの夢は、ますます絶望的になる。
そんなリーガンが一人で楽屋に籠っている時は、どこからか声が囁きかけてきて、彼の惨めな現状をあざ笑ってくる。それは、かつて自分が演じたアクションヒーロー「バードマン」の声だった――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『バードマン』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画