タグ別アーカイブ: アニメ

アニメ『キノの旅 the Animated Series』(2017)(かんたん感想)

はじめに

アニメの感想を書く前に、もしかしたら『キノの旅』と私の最初の出会いの話から書き始めた方が良いかもしれません。

というのも、2017年秋に放送された新アニメ版は、既に人生のどこかしらの時点で『キノの旅』と出会ったことがある人達がメインターゲットなんだと思います。このアニメが初めてという人もそれなりにいるんでしょうが、17年も続いている作品の知名度は相当でしょう。
そういう私が初めて小説『キノの旅』を手に取ったのは、中学2年生の時でした。よく休み時間を図書室で過ごす手合いだったので、全ての本棚に収まっている本の背表紙を眺めているうちに、この本を見つけることになりました。ライトノベルと呼ばれる本に出合ったのもその時が初めてでしたし、表紙にキャラクターの美麗なイラストが堂々と載ってる本も読んだことありませんでした。
黒星紅白氏のカバーイラストがいつも気になって眺めていたのを覚えています。(このキャラは一体……? 男の子? 女の子? 銃を持って戦うの……? バイクに乗って旅するの……?)十代半ばの読書生活を狂わせるには十分な作品だったことはお分かりかと思います。

勇気を出して読み始めてみようと思いましたが、いつもⅠ巻が誰かに借りられていて、Ⅲ巻以降が飛び飛びで置かれているだけでした。「(ショートストーリー集だから)どの巻から読んでも大丈夫だよ」という当時の友人の言葉を信じ、私が読み始めたのがⅢ巻です。
キノの旅 (3) The Beautiful World (電撃文庫)
よりによって1話目から大分ハードな内容だったこの巻からなぜ読んでしまったんだろうと今でも思いますが、ともかく当時の学校にあった巻は、その後全て読破しました。すっかりこのシリーズにハマっていました。

まだ当時はそれぞれのエピソードが持つ寓話としてのメッセージをよく理解できてはいなかったと思いますが、それでもキノとエルメスが走っていく、奇妙で不思議な旅路を追うだけで楽しかったです。
が、Ⅻ巻ぐらいまで読んだのを最後に、学校の受験やら何やらという時期を挟んで、ぱったり読まなくなってしまいました。本屋で買って続きを読むということもしませんでした。(借りて読んだ本は、往々にしてこういうことになる気がします。)その後もシリーズはどんどん巻数を重ねていき、私はついていくタイミングを失ったまま、他の物事に時間をかけて生きてきました。興味は移り変わるものです。

そういったところに、再び『キノの旅』はアニメとなって現れました。「再び」といっても私は’03年のバージョンを観ていませんが、それでも昔好きだったキャラクターをもう一度観られるのは素敵なことです。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・アニメ『キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series』(2017)

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -アニメ

アニメ『プリンセス・プリンシパル』スパイ作品へのオマージュの数々を読み解く

スパイが出てくる小説や映画が大好きなので、『プリンセス・プリンシパル』は第1話Aパートからもう惚れてしまうくらいでした。個人的に久しぶりに毎週欠かさずリアルタイムで追って観たアニメです。

本作の面白さは色々なところにあると思いますが、何よりも好感を覚えたのは、本作が過去の名作スパイ小説、スパイ映画などから影響を受けていることが、かなりはっきりした形で見て取れることです。オマージュといって良いと思います。それも結構な数に上ります。

この記事では、そんな『プリンセス・プリンシパル』に込められている、スパイものへの数々のオマージュを見ていってみます。

話の核心に迫るようなネタバレは回避していますが、本編をある程度視聴してからお読みいただくことをおススメします。

 
1.アンジェ・ル・カレ
これはもう有名な話ですが、第2話冒頭などで語られるアンジェの変名の苗字の元ネタは、イギリスのスパイ小説家、ジョン・ル・カレです。
この小ネタは、本作のオマージュ元の大部分がル・カレの作品であることを、はっきり示しています。

ジョン・ル・カレは、現実のイギリスの諜報機関MI6(正しくはSIS)などで本物のスパイとして働いたことのある小説家。『寒い国から帰ってきたスパイ』、『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』、『ナイロビの蜂』、『誰よりも狙われた男』などの著作が有名で、多くの作品が映画化されています。(ジョン・ル・カレ -Wikipedia)

詳細は後述しますが、このうち『プリンセス・プリンシパル』に一番大きな影響を与えたのは、長編小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』(1974年)と、それを映画化した『裏切りのサーカス』(2011年)だと思われます。(※詳しくはこの制作者インタビューでも語られていますね→橘正紀監督、梶浦由記さん、湯川淳CPに聞くTVアニメ『プリンセス・プリンシパル』誕生秘話

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]

ル・カレ作品の特徴を一つ挙げるとすると、いわゆるジェームズ・ボンド的な、派手でアクションに溢れたスパイとは全く反対の位置にある、もっと地味で冷酷でリアルな世界――監視とか尾行、聞き取り調査がほとんど――のスパイを描いていることです。

『プリプリ』も一見アクションが目立ちますが、例えば第2話や第6話、第8話のように、かなり地道で慎重さが求められる任務、そちらの方に実は本質があると思います。本当に外連味だけのスパイアクションにしたかったら、わざわざそんなエピソードは入れないはず。そして、そういったリアリティ重視のスパイ描写を含めながら、上手いことエンタメに仕立て上げられている作品は、なかなかありません。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -アニメ

2015年に出会った作品達を振り返る

もうすぐ2015年終わるという感覚がしないのですが、もう終わりみたいです。
個人的に今年は色々と変化が多かった一年で、それに順応していくので精一杯という印象でした。やろうと思っていたことができなかったり、だらだらと先延ばしになったり。当たり前ですけど、時間って有限ですね……。
そんな中でもきちんと本を読んだり映画観る時間は確保したいなと思ってます。というわけで今年もこれやります。

映画

新作

  • トラッシュ!-この街が輝く日まで-
    トラッシュ!-この街が輝く日まで- [DVD]
  • ベイマックス
    ベイマックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
  • アメリカン・スナイパー
    アメリカン・スナイパー [DVD]
  • イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
    イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 コレクターズ・エディション(2枚組)[初回限定生産]アウタースリーブ付 [DVD]
  • バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
    バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [DVD]
  • セッション
    セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]
  • チャッピー
    CHAPPIE/チャッピー アンレイテッド・バージョン  [DVD]
  • マッドマックス 怒りのデス・ロード
    マッドマックス 怒りのデス・ロード [Blu-ray]
  • ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
    ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
  • ナイトクローラー
    ナイトクローラー [DVD]
  • キングスマン
    KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [DVD]
  • ジョン・ウィック
    ジョン・ウィック コレクターズ・エディション(スチールブック仕様・日本オリジナルデザイン) [Blu-ray]
  • 屍者の帝国
    屍者の帝国 [DVD]
  • ハーモニー
    ハーモニー [DVD]
  • コードネーム U.N.C.L.E.
    The Man from U.N.C.L.E コードネーム U.N.C.L.E. US盤Blu-ray
  • 007 スペクター
    映画パンフレット 007 SPECTRE スペクター
  • スター・ウォーズ/フォースの覚醒
    スター・ウォーズ/フォースの覚醒 [Blu-ray]

旧作

コラテラル
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

映画の当たり年なので、観たい映画は機会を逃さずに観に行けたかと思います。何度かリピートで観に行った作品もあって、今年映画館に行った回数で言えば20回ですね。
実は今年でIMAX上映を初めて観に行くようになったんですけど……、映像と音響に完全にハマってしまいました。今後は気になる映画はIMAXでチェックすることにすると思います。少し料金を足してでも観に行く価値があります。
ちなみに、『ジョン・ウィック』のIMAX上映は2回観に行きました。おかげで、せっかくムビチケカードを買ったのに一度も使わないまま(IMAX上映の席予約には使えないので)、上映期間が終了してしまいましたが、今となっては良い思い出です。
いやホントに今年の映画は何から何まで伝説級です……。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 当ブログについて, 気になること

映画『ハーモニー』 (かんたん感想)

イントロダクション

『屍者の帝国』に続いて、『Project-Itoh』の映画第二弾。原作はもちろん、伊藤計劃が書いた最後の完成された長編『ハーモニー』。
監督は二人体制で、なかむらたかし氏とマイケル・アリアス氏。制作はSTUDIO 4℃

優しさで覆われた世界に嫌気が差している主人公役に沢城みゆき、そんな世界を転覆させようとそそのかすカリスマ的な親友役に、上田麗奈。そしてその二人の間に立つ重要なポジションの少女役には洲崎綾。他にも、榊原良子チョー、『屍者の帝国』から引き続き登場の大塚明夫三木眞一郎など、こちらも実力派ばかり。

日本の公開日は2015年11月13日。

あらすじ

これは、”ETMLバージョン1.2″によって記述される、「わたし」の物語。

近未来のニジェールの砂漠地帯。一面のひまわり畑の端で、世界保健機構(WHO)の「螺旋監察事務局」の上級監察官である霧慧トァン(演: 沢城みゆき)は、トゥアレグ族の一団と接触する。一団の男アサフ(演: 大塚明夫)は、トァンらを「医療の民」と呼び、トァンからナノマシンの医療パッチを受け取る。
かつて世界規模で起きた「大災厄」の後、トァンらの属する医療社会では、人類の健康を至上価値とし、人命を社会の重要リソースとする「生命主義」が掲げられた。そこでは誰もが「WatchMe」と呼ばれるナノマシンを体内に注入して健康を管理し、病気を駆逐していた。酒や煙草などの不健康な嗜好品はご法度とされていたが、生命主義のことを倦んでいるトァンは、平和維持活動という任務の傍らで、医療パッチとの交換でそれを戦場で仕入れていた。トァンが基地に帰還すると、彼女の上司であるオスカー・シュタウフェンベルク(演: 榊原良子)が待ち受けており、トァンが嗜好品を隠し持っていることを咎める。螺旋監察官がそれらを持っていることが公になれば重大な不祥事となるため、シュタウフェンベルクはトァンを謹慎処分とし、日本へ帰国させる。
13年前、日本の女子高生だったトァンは、御冷ミァハ(演: 上田麗奈)というカリスマ的な少女と親友だった。ミァハは、あらゆる人への優しさと思いやりを強要する社会を激しく嫌悪しており、トァンと、もう一人の親友である零下堂キアン(演: 洲崎綾)と共に、自殺を企てる。生きて社会の一員となることを求めてくる世界への抵抗として。しかし、結果的に死亡したのはミァハ一人だけだった。生き残ってしまったトァンは、以来罪悪感を引きずっていた。
嫌々ながら母国へ帰ったトァンは、そこで親友であるキアンと再会する。13年を経て、すっかり健康社会の模範的な一員となってしまった様子のキアンを目にし、トァンは内心で失望する。しかし、昼食の席でキアンは、かつてミァハに持ちかけられた自殺の企てを、親達に告白していたのだと明かす。トァンの自殺が未遂に終わり、ミァハだけを逝かせてしまったことを、キアンは今も悔いていた。トァンは、キアンがある意味では命の恩人であると知る。
だがキアンは突然、「ごめんね、ミァハ」と呟くと、唐突にテーブルナイフを自分の首に突き刺した。その時、健全な世界の各地で、大量の人間が一斉に自殺を図る事件が起きていた――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ハーモニー』
・小説『ハーモニー』
・映画『屍者の帝国』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

映画『屍者の帝国』 (かんたん感想)

イントロダクション

フジテレビ系列のアニメ枠「ノイタミナ」の劇場版企画である、「Project-Itoh」なる企画の映画第一弾。原作はもちろん同名の小説。プロローグ部が伊藤計劃の絶筆となり、円城塔が第1章以降を書き継いで完成させ、共作となった本。死後の人間の脳に電極を挿すことによって屍者として蘇らせる、フランケンシュタインの技術が一般化した架空の19世紀が舞台。

アニメ映画版の監督は牧原亮太郎で、制作はWIT STUDIO。また、キャラクター原案はredjuiceで、、他の伊藤計劃作品の映画版でも同様に担当。
主人公となるのはジョン・H・ワトソンで(当然元ネタは「シャーロック・ホームズ」)、声優は細谷佳正。また、ワトソンの記録係の屍者であり、生前には彼と友人だったという設定が映画で加わったフライデー(これまた元ネタは『ロビンソン・クルーソー』)の役には、村瀬歩。その他、筋肉担当のバーナビー役に楠大典、ボンドガール的立ち位置の美女ハダリー役に花澤香菜などを迎えています。

日本での公開は2015年10月2日。

あらすじ

19世紀後半。この世界では、人間の脳にある「霊素」が人間の魂の正体であると考えられ、死後の脳に電気によって疑似霊素を書き込むことにより、死んだ人間を動く「屍者」として復活させていた。屍者は自分の意思を持たず、プログラムに従って単純労働をこなす。今や世界は屍者の労働力無しには成立しないまでになっていた。
ロンドンの医学生のジョン・H・ワトソン(演: 細谷佳正)は、病気で亡くなった友人のフライデー(演: 村瀬歩)を、生前の約束に従って墓から掘り出し、違法に死体を屍者化する。高度な言語処理機能を書き込まれたフライデーに、ワトソンは大量の書物を記憶させるが、ある日彼の前に、大英帝国の諜報機関「ウォルシンガム」の長であるM(演: 大塚明夫)という老人が姿を現す。彼はワトソンの屍者技術への高い関心を買っており、ワトソンの犯罪行為を放免とする代わりに、大英帝国のために働かないかと持ちかける。
ウォルシンガムの目的は、ロシア帝国の屍者技術者、アレクセイ・カラマーゾフが所持しているとされる「ヴィクターの手記」。そこには、かつて世界で最初に屍者化に成功したヴィクター・フランケンシュタイン博士が遺した、まるで生者のように意志を持ち言葉を話せる屍者を生み出す、究極の技術が記されているという。カラマーゾフはその手記を携行してロシア帝国からアフガニスタンの奥地へ逃亡し、ロシア帝国と大英帝国がそれを狙ってグレート・ゲームを始めようとしている。
その手記の内容に強い興味を引かれたワトソンは、Mの勧誘を受け入れる。そして、アフガニスタンとの戦争下にある、英国統治下のインド・ボンベイに、フライデーと共に向かった――。

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画