アニメ『キノの旅 the Animated Series』(2017)(かんたん感想)

はじめに

アニメの感想を書く前に、もしかしたら『キノの旅』と私の最初の出会いの話から書き始めた方が良いかもしれません。

というのも、2017年秋に放送された新アニメ版は、既に人生のどこかしらの時点で『キノの旅』と出会ったことがある人達がメインターゲットなんだと思います。このアニメが初めてという人もそれなりにいるんでしょうが、17年も続いている作品の知名度は相当でしょう。
そういう私が初めて小説『キノの旅』を手に取ったのは、中学2年生の時でした。よく休み時間を図書室で過ごす手合いだったので、全ての本棚に収まっている本の背表紙を眺めているうちに、この本を見つけることになりました。ライトノベルと呼ばれる本に出合ったのもその時が初めてでしたし、表紙にキャラクターの美麗なイラストが堂々と載ってる本も読んだことありませんでした。
黒星紅白氏のカバーイラストがいつも気になって眺めていたのを覚えています。(このキャラは一体……? 男の子? 女の子? 銃を持って戦うの……? バイクに乗って旅するの……?)十代半ばの読書生活を狂わせるには十分な作品だったことはお分かりかと思います。

勇気を出して読み始めてみようと思いましたが、いつもⅠ巻が誰かに借りられていて、Ⅲ巻以降が飛び飛びで置かれているだけでした。「(ショートストーリー集だから)どの巻から読んでも大丈夫だよ」という当時の友人の言葉を信じ、私が読み始めたのがⅢ巻です。
キノの旅 (3) The Beautiful World (電撃文庫)
よりによって1話目から大分ハードな内容だったこの巻からなぜ読んでしまったんだろうと今でも思いますが、ともかく当時の学校にあった巻は、その後全て読破しました。すっかりこのシリーズにハマっていました。

まだ当時はそれぞれのエピソードが持つ寓話としてのメッセージをよく理解できてはいなかったと思いますが、それでもキノとエルメスが走っていく、奇妙で不思議な旅路を追うだけで楽しかったです。
が、Ⅻ巻ぐらいまで読んだのを最後に、学校の受験やら何やらという時期を挟んで、ぱったり読まなくなってしまいました。本屋で買って続きを読むということもしませんでした。(借りて読んだ本は、往々にしてこういうことになる気がします。)その後もシリーズはどんどん巻数を重ねていき、私はついていくタイミングを失ったまま、他の物事に時間をかけて生きてきました。興味は移り変わるものです。

そういったところに、再び『キノの旅』はアニメとなって現れました。「再び」といっても私は’03年のバージョンを観ていませんが、それでも昔好きだったキャラクターをもう一度観られるのは素敵なことです。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・アニメ『キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series』(2017)

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -アニメ

アルバム『Stranger in the Alps』(かんたん感想)

2017年に見つけて一番嬉しかったアーティストといえば、私の場合、フィービー・ブリジャーズ(Phoebe Bridgers)です。
Twitterのタイムラインを眺めている中でまったくの偶然から彼女の曲を見つけましたが、もうまさに完全に一目惚れというやつでした。

その魅力は言葉で説明するより、もうこのPVを見てもらう方が早いと思います。はい。

天使のようなホワイトブロンドに透き通るようなボーカル、どこかメランコリックでメロウなギター。しばらくこの曲のヘビロテが止まりませんでした。
遅まきながら彼女のことについて調べましたが、LAを拠点に活動、2015年以降にデビューし、2017年9月に1stアルバム『Stranger in the Alps』を発売、という来歴です。今まさに注目されている女性SSWの一人に数えられています。

日本でも先にLPレコード盤は発売されていました。我が家にもレコードプレーヤーがあれば良いんですが、あいにく無いので大人しくiTunesか何かでダウンロードしようかと思ってましたが、待ってるうちにちゃんと日本盤CDも発売されました。

ストレンジャー・イン・ジ・アルプス

ストレンジャー・イン・ジ・アルプス

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -音楽

映画『ブレードランナー』+『ブレードランナー2049』(かんたん感想)

〈↓ネタバレありSpoiler Alert!↓〉
・映画『ブレードランナー』
・映画『ブレードランナー2049』

1982年の『ブレードランナー』という映画は、私にとって長い間、観ておくべきかどうか迷っていた作品でした。
多くのクリエイターがこの映画に影響を受けたという話は聞きます。後に続く数多くのSF作品が、この一本の映画にインスパイアされたということも知りました。
それでもこの2017年になるまでに、私がこの「原点」なるものに触れてみようと思うきっかけはありませんでした。だって自分が生まれるより約10年も前の作品だし、他に今に観たいものもたくさんあるし……と。

そこにやってきたのが『ブレードランナー2049』でした。続編を作ることさえ畏れ多いとまで言われた作品。しかもリドリー・スコット本人が監督するわけでもない。
しかし『2049』の本編が公開される約1か月前に、相次いで公開された3本の短編映像が斬新で私の目を引きました。前作と続編の空白期間を描く、3つの前日譚。私は観てすぐにその世界観に引き込まれていくのが分かりました。


『2049』公開の1週間前の休日、やっぱり予習はしておくべきだと思い立ち、私は『ブレードランナー:ファイナル・カット』(字幕版)のバージョンを手に取りました。

そういうわけで、以下の感想ではこれら2つの映画を、別々の作品というよりかは、一続きの自分なりの体験として扱っています。
ちょっと長くなりますがどうぞお付き合いください。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

アニメ『プリンセス・プリンシパル』スパイ作品へのオマージュの数々を読み解く

スパイが出てくる小説や映画が大好きなので、『プリンセス・プリンシパル』は第1話Aパートからもう惚れてしまうくらいでした。個人的に久しぶりに毎週欠かさずリアルタイムで追って観たアニメです。

本作の面白さは色々なところにあると思いますが、何よりも好感を覚えたのは、本作が過去の名作スパイ小説、スパイ映画などから影響を受けていることが、かなりはっきりした形で見て取れることです。オマージュといって良いと思います。それも結構な数に上ります。

この記事では、そんな『プリンセス・プリンシパル』に込められている、スパイものへの数々のオマージュを見ていってみます。

話の核心に迫るようなネタバレは回避していますが、本編をある程度視聴してからお読みいただくことをおススメします。

 
1.アンジェ・ル・カレ
これはもう有名な話ですが、第2話冒頭などで語られるアンジェの変名の苗字の元ネタは、イギリスのスパイ小説家、ジョン・ル・カレです。
この小ネタは、本作のオマージュ元の大部分がル・カレの作品であることを、はっきり示しています。

ジョン・ル・カレは、現実のイギリスの諜報機関MI6(正しくはSIS)などで本物のスパイとして働いたことのある小説家。『寒い国から帰ってきたスパイ』、『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』、『ナイロビの蜂』、『誰よりも狙われた男』などの著作が有名で、多くの作品が映画化されています。(ジョン・ル・カレ -Wikipedia)

詳細は後述しますが、このうち『プリンセス・プリンシパル』に一番大きな影響を与えたのは、長編小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』(1974年)と、それを映画化した『裏切りのサーカス』(2011年)だと思われます。(※詳しくはこの制作者インタビューでも語られていますね→橘正紀監督、梶浦由記さん、湯川淳CPに聞くTVアニメ『プリンセス・プリンシパル』誕生秘話

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]

ル・カレ作品の特徴を一つ挙げるとすると、いわゆるジェームズ・ボンド的な、派手でアクションに溢れたスパイとは全く反対の位置にある、もっと地味で冷酷でリアルな世界――監視とか尾行、聞き取り調査がほとんど――のスパイを描いていることです。

『プリプリ』も一見アクションが目立ちますが、例えば第2話や第6話、第8話のように、かなり地道で慎重さが求められる任務、そちらの方に実は本質があると思います。本当に外連味だけのスパイアクションにしたかったら、わざわざそんなエピソードは入れないはず。そして、そういったリアリティ重視のスパイ描写を含めながら、上手いことエンタメに仕立て上げられている作品は、なかなかありません。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -アニメ

必要最小限の単語で話す「ジョン・ウィック話法」を会得しよう

人とのコミュニケーションに何かしら悩みを抱えている方は多いと思います。
話し始めたは良いけどどう終わらせたら良いか分からなかったり。本当は短く済ませられる話をついダラダラと長引かせたり。大事なことを伝えたいのに要点が伝わらなかったり……

そんな悩みに役立つのが、あの伝説の殺し屋ジョン・ウィックさんが創始したと言われる会話法、名付けて「ジョン・ウィック話法」です。必要最小限の言葉を発するだけで、コミュニケーションを成り立たせてしまうというこの話法をマスターすれば、あなたも会話で苦労することは減るはずです。

この記事では、初級から中級、上級まで3つのステップで、この特殊なジョン・ウィック話法を解説していきます。
あなたもこのジョン・ウィック話法を身に着けて、言葉のミニマリストを目指してみましょう。
 
img_0562-1
 

初級編:主語・修飾語の省略

実際のジョン・ウィックさんの話しぶりは下記のような感じです。

ウィンストン「私の記憶では、君は殴る方であって殴られる方ではないはずだが」(Now, as I recall, weren’t you the one tasked to dole out the beatings, not to receive them?)

ジョン『腕が落ちた』(Rusty, I guess.)

ウィンストン「私には分かっているぞ、ジョナサン。まず訊きたい。この世界に本当に戻ったのか?」(I’m familiar with the parlance, Jonathan. I want to ask you this. Have you return to the fold?)

ジョン『立ち寄っただけだ』(Just visiting.)

相手が話してる単語の量と、ジョンさんが返す単語の量の差を見比べれば一目瞭然です。本当に必要なことだけを話すだけで、会話というものは成立するのです。

コツは、とにかく余計な主語や修飾語を省略すること。最低限必要な目的語と述語だけを相手にぶん投げてやるのです。それでほとんどの会話は事足ります。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -映画