映画『エクス・マキナ』 (かんたん感想)

あらすじ

ケイレブ・スミス(演: ドーナル・グリーソン)は、世界最大手の検索エンジン企業「ブルーブック」で働くプログラマー。ある日彼は社内の抽選に当選し、社長のネイサン(演: オスカー・アイザック)の自宅へと招待される。ヘリコプターに乗り、山奥へと連れて行かれたケイレブは、深い森の中にひっそりとたたずむ現代的な邸宅を見つける。彼は、玄関で機械が発行するキーカードを受け取って中に入り、そして初めてネイサンと対面する。ネイサンはケイレブに、彼が秘密裏に行っているある研究のために協力してほしいと要請するが、そのためには機密保持契約書へのサインが必要だった。
戸惑いながらもサインしたケイレブ。ネイサンは、彼がこの屋敷で人工知能(AI)の研究していると打ち明ける。ケイレブが頼まれたこととは、AIの「チューリング・テスト」――人間が機械と対話し、機械が知能を持っているかどうか判別するテスト――をすることだった。そして、監視カメラを備えた小部屋で、彼は人型のロボット、エヴァ(演: アリシア・ヴィキャンデル)とガラス越しに対面する。エヴァは人間の女性の顔と手足を持つが、それ以外の身体のパーツは機械が剥き出しだった。エヴァは、ネイサン以外ではケイレブが初めて出会う人間だと話す。極めて人間らしく会話をこなすエヴァの能力に、ケイレブは驚嘆する。
その晩、眠れずにいたケイレブが自室のテレビを点けると、なぜかそこにはエヴァのいる部屋の監視カメラ映像が映っていた。じっと観察していると、突然屋敷全体が停電する。電力が復旧するまでの間、彼は一時的に部屋に閉じ込められてしまう。
夜を明かした翌日も同様にケイレブはエヴァとの対談を始める。二者は互いのことをもっとよく知ろうとするが、その途中で再び屋敷が停電する。エヴァは、部屋の監視カメラが機能していないのを見るや、ケイレブに対して「ネイサンは嘘をついている」と警告する――。

レビュー

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『エクス・マキナ』

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画

[小説]憎悪と賞味期限切れのケーキ

憎悪と賞味期限切れのケーキ
[あらすじ]
この世の全てのものは、生まれたその場から腐り出していく。
[ページ番号]
[字数(概数)]
2800字
[作品が含む要素]
SF
[備考]
2016年5月4日発表。お題小説。お題は:「憎悪と賞味期限切れのケーキ」

 

コメントする

カテゴリー: 創作小説

『ジョン・ウィック』は「映画の皮をかぶったゲーム」なのか

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ジョン・ウィック』

殺し屋もの映画の系譜の中で、『ジョン・ウィック』は独特な裏社会の設定と、変にリアリティのあるアクションが絶妙な具合でマッチした映像を生み出すことに成功しています。
ゼロ年代の代表的な殺し屋映画が『ボーン・アイデンティティー』に始まるボーン三部作だとしたら、10年代なら今のところ、間違いなく『ジョン・ウィック』でしょう。(しかも2017年に続編が控えているとか。)(そしてボーンの方も2016年夏に新作『ジェイソン・ボーン』が公開されますが…。)

ところで、『ジョン・ウィック』のアクションについて、海外のニュースサイトで興味深いレビューを見つけました。
タイトルはずばり、「『ジョン・ウィック』は、映画の皮をかぶったただのテレビゲームである」

Chris Hicks: ‘John Wick’ is just a video game disguised as a movie -the Deseret News
http://www.deseretnews.com/article/865614322/6John-Wick7-is-just-a-video-game-disguised-as-a-movie.html?pg=all

内容を以下に日本語で要約します。

1986年の映画『トップガン』は、公開当時大ヒットを記録した。映画館で鑑賞した観客にとっては、それは70ミリのワイドスクリーンとサラウンドの音響による、信じられないほど本能的な映画体験だった。それから30年経った今でも、『トップガン』の影響は、特にテレビゲームのように感じるアクション映画において根強い。ゲームのように感じる映画があるとすれば、それは『ジョン・ウィック』だ。

「特殊なスキルを持った」孤独な男というのは、『96時間』よりも以前からアクションジャンルで流行ってきた設定だ。だが、殺人マシーンの能力の描写は、時代を経るにつれより凄惨になっていった。『ジョン・ウィック』は、『イコライザー』(デンゼル・ワシントン主演)と『誘拐の掟』(リーアム・ニーソン主演)という2つのR指定作に続いて公開された。これらの作品は暴力的だが、中でも『ジョン・ウィック』は独特だ。ジョンは何十人もの悪者に文字通り立ち向かい、マーシャルアーツの動きで倒しながら、一人ひとりを素早い銃撃の連続で殺していく。

『ジョン・ウィック』は、テレビゲームから意識的にヒントを得ているのではないだろうか。こんにち、人間をターゲットとして、銃撃の連続の中でできるだけ多くを倒していくゲームはたくさんある。『ジョン・ウィック』の劇中には、ジョンが殺しの準備をしている時に、悪役の一人がまさにこの手のゲームをしているシーンがある。この映画は、まさにゲーマー達に直接訴えかけるように作られた映画に見える。

初めて『トップガン』を観た時、筆者はいくつかの場面で、まるで他の誰かがゲームをしているのを観ているかのように感じたことを覚えている。『ジョン・ウィック』はそのデジャブだった。

レビューはあくまで一個人のものですが、「『ジョン・ウィック』はゲーム的である」という意見に関しては、実は私も少し似たようなことを思ってました。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り -映画

映画『レヴェナント:蘇えりし者』 (かんたん感想)

あらすじ

1823年のアメリカ北西部。猟師のヒュー・グラス(演: レオナルド・ディカプリオ)は、ネイティブ・アメリカンのポーニー族の女性との間に生まれた息子ホーク(演: フォレスト・グッドラック)と共に狩りをしていた。川のそばでグラスの銃声を聞きつけた罠猟師のフィッツジェラルド(演: トム・ハーディ)は、ネイティブ・アメリカンの接近を警戒する。グラス達はヘンリー(演: ドーナル・グリーソン)率いる狩猟隊のメンバーで、彼らは野営中だった。そこを突然、ネイティブ・アメリカンの一団が急襲する。騒ぎを聞いたグラスらも駆け付け、壮絶な戦闘が始まった。生き残った十余名の狩猟隊は、ボートで川へと脱出する。
川を下る狩猟隊だったが、川下はネイティブ・アメリカンのアリカラ族の領域に近いため、グラスはボートを捨てて山沿いの険しいルートを行くことを提案する。フィッツジェラルドは川を進むべきと言うが、ヘンリー隊長はグラスの案を採用し、彼らは森へと分け入る。隊のメンバーが休む間、グラスは一人で森の中を偵察する。しかしそこで大きなグリズリーに遭遇し、襲われてしまう。グラスは喉を爪で切り裂かれる重傷を負うが、最後の気力を振り絞りナイフでグリズリーを殺した。駆け付けた狩猟隊は瀕死の状態のグラスを発見する。自分で動けないほど衰弱した彼を担架で運ぶが、道には雪が積もり、隊員の疲労も限界に達していた。フィッツジェラルドはグラスはもう助からないと主張し、ヘンリー隊長もグラスを見捨てる決断を迫られた。彼の最期を見届け埋葬をするためにホークとブリッジャー(演: ウィル・ポールター)が残ると言い、またフィッツジェラルドもヘンリーから金を貰うことを条件に残った。
しかし、ホークとブリッジャーのいない隙に、フィッツジェラルドはグラスの息の根を止めようとする。ホークが駆け付けてフィッツジェラルドを止めようとするが、グラスの目の前で彼はホークを刺し殺し、その死体を隠してしまう。何も知らずに戻ってきたブリッジャーにフィッツジェラルドは出発を急かし、まだ息のあるグラスを墓穴に引きずり込む。そして二人ともグラスを置き去りに逃げてしまった。ゆっくりと墓の中から這い出たグラスは、息子の亡骸のもとに辿り着いて寄り添い、そして、全てを奪ったフィッツジェラルドへの復讐を誓った――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『レヴェナント:蘇えりし者』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画

映画『ルーム』 (かんたん感想)

あらすじ

ある狭い部屋の中。少年のジャック(演: ジェイコブ・トレンブレイ)は5歳の誕生日を迎えた。同じ部屋には母親のジョイ(演: ブリー・ラーソン )が暮らしているが、二人はその部屋から一歩も外に出ることができない。ジョイは7年間にわたり、「オールド・ニック」を名乗る男に監禁されており、彼女がその室内で出産したジャックも、外の世界のことを一切知らずに育ってきたのだ。
今まで幾度となく脱出を企ててきたジョイだったが、成功することは無かった。5歳になってもテレビで見たこと以外の知識の無い息子に、外の「本物の」世界を見せてあげたいという気持ちはあるが、上手くはいかない。脱出のためには息子の協力が必要と考えていたが、まだ幼いジャックは外の世界のことを想像できず、これまで暮らしてきた部屋の中の方が良いと言う。
それでも根気強くジャックを説得したジョイは、ジャックに仮病を装わせ、週に一度男が部屋の中に訪れる際に、彼を外の病院に連れて行かせる計画を立てるが――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ルーム』

レビュー

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画