カテゴリー別アーカイブ: かんたん感想

アルバム『Violence』(かんたん感想)

Editors(エディターズ)の第6作目のアルバムが!約2年半ぶりに出ました!…と当たり前のようにこの投稿を書き始めようとしましたが、ふと手を止めて冷静に考えました。

6枚目のアルバム。今私が持ってるどのアーティストのCDよりも多い数です。個人的にもともと好きになるバンドの数は少ないんですが、これだけ多くの数のCDを持つことになるなんて今まで想像したこともありませんでした。

ヴァイオレンス

レビュー

いやもう、本当にどうしたら良いんでしょうか? このバンドは毎回最高傑作を作ることしかできないんでしょうか? と思ってしまうほどとんでもなく素晴らしいサウンドでした。軽率な発言と分かってても、私は迷わず「最高傑作」と評したいです。『Violence』というアルバムは、Editorsをさらなる高みに導きました。

サウンドの印象を一言で言い表すなら、まさにヴォーカルのトム自身が言う通り、”Brutal(粗暴)”
シンセサイザーは前作『In Dream』から引き続き残されていますが、ギターサウンドはかつてないほど鮮やかで鋭くなり、ドラムビートはかつてないほど激しくなっています。踊り出したくなるほどの躍動感。クリアでどこまでも広がっていきそうな開放感。
今回も何か一つの統一的なテーマやコンセプトに沿って作られたアルバムではありません。詳しくは2017年9月の↓のインタビューを参照いただきたいんですが、ベースのラッセルは今回のアルバムを、一曲一曲の継ぎはぎ(patchwork)的な制作と回答しています。

Editors on their next album, career highlights + their soaring popularity in Europe – GIGWISE
https://www.gigwise.com/features/110679/editors-on-their-next-album-russell-leetch-and-ed-lay

同じインタビューの中で、過去作のサウンドとの比較について問われた際、ラッセルは「『An End Has A Start』と『In Dream』に掛け合わせた」感じと答えてますが、私の印象もまさにそんな感じで、『AEHAS』のギターの疾走感と『In Dream』のシンセ主体の音作りが互いに絶妙なバランスで着地したイメージです。

それにしても、この『Violence』というタイトル。初めて見た時はどきりとさせられました。なんて不穏な単語でしょう。ある意味で彼ららしくないワードチョイスだと最初感じました。改めて過去のアルバムタイトルを振り返ると、

『The Back Room』=「奥の部屋」
『An End Has A Start』=「終わりが始まる」
『In This Light and On This Evening』=「この黄昏のこの光の中で」
『The Weight of Your Love』=「お前の愛の重さ」
『In Dream』=「夢の中で」

このラインアップの中に、この一単語が加わるわけです。

『Violence』=「狂おしき力」

2016年にイギリスはBrexitという大きな局面を迎えていて、そういった情勢がバンドの心理にも何かしら影響を与えていたのかもと勘繰ってしまいいました。先行公開されていた『Magazine』や『Hallelujah (So Low)』の印象もあり、今回どこかポリティカルなとげとげしさに走ってしまうのではないかと。

そういった心配は、結局は杞憂で済みました。時代が新しくなってもEditorsはEditorsらしさを見失ったりしていません。そして同時に、Editorsは常に新しい存在に生まれ変わり続けていきます。
それこそがきっとこのバンドの姿なんでしょう。一つ所に安住せず、常にどこかを目指して進み続ける。私の憧れているスタイルです。

では、以下でいつもの通り各曲レビューを。
続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -音楽

ライブレポート: The xx @Zepp Osaka Bayside(2018.2)

The xxが日本に単独ツアーで来る! しかも大阪にも! ということを知ってから、勢いのままライブに参加した話です。

ずっと彼らのライブに行きたいと思っていたものの、前回2017年に来日していたのを知ったのは既に終わった後だったので(Twitterで関連情報をフォローしてなかった)、今度こそはチャンスを逃したくありませんでした。

実は、個人的に音楽のライブというものに行くこと自体、今回が人生で初めてでした。好きなアーティストは海外の人ばかりで、しかも来日することも稀で、またもしそんなことがあったとしても、運悪く自分の予定が合わなかったりで、黙って涙を呑む日ばかり……。
そんな中The xxの今回のジャパンツアーが、初めて自分の行けるチャンスのあるライブになりました。交通費的にも日程的にも大阪の方が良さそうだったので、色々分からないことだらけながらも、初ライブ参戦を決意しました。

整理券番号はA200番以内でしたが、当日よく分からないまま400番台の列で待ってたりしていました。18時より指定席組が入った後でスタンディング組の入場が開始。会場内では左側の前の方の柵の辺りに陣取らせてもらいました。観客を見渡した感じ、20代あたりが大半でしたが、外国の人も1割ぐらいはいました。日本の結構年齢層高めの人もいて、ファンの幅広さを感じました。

オープニングアクトはSapphire Slows。初めて聴きましたが、キャッチーなエレクトロサウンドと淡いヴォーカルに聞き入ってました。
そのアクトの終わりからの待ち時間がだいぶ長かったのは正直アレでしたが(1時間ぐらい?)、いよいよ照明が暗くなってメンバーの登場!
続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -音楽

アニメ『キノの旅 the Animated Series』(2017)(かんたん感想)

はじめに

アニメの感想を書く前に、もしかしたら『キノの旅』と私の最初の出会いの話から書き始めた方が良いかもしれません。

というのも、2017年秋に放送された新アニメ版は、既に人生のどこかしらの時点で『キノの旅』と出会ったことがある人達がメインターゲットなんだと思います。このアニメが初めてという人もそれなりにいるんでしょうが、17年も続いている作品の知名度は相当でしょう。
そういう私が初めて小説『キノの旅』を手に取ったのは、中学2年生の時でした。よく休み時間を図書室で過ごす手合いだったので、全ての本棚に収まっている本の背表紙を眺めているうちに、この本を見つけることになりました。ライトノベルと呼ばれる本に出合ったのもその時が初めてでしたし、表紙にキャラクターの美麗なイラストが堂々と載ってる本も読んだことありませんでした。
黒星紅白氏のカバーイラストがいつも気になって眺めていたのを覚えています。(このキャラは一体……? 男の子? 女の子? 銃を持って戦うの……? バイクに乗って旅するの……?)十代半ばの読書生活を狂わせるには十分な作品だったことはお分かりかと思います。

勇気を出して読み始めてみようと思いましたが、いつもⅠ巻が誰かに借りられていて、Ⅲ巻以降が飛び飛びで置かれているだけでした。「(ショートストーリー集だから)どの巻から読んでも大丈夫だよ」という当時の友人の言葉を信じ、私が読み始めたのがⅢ巻です。
キノの旅 (3) The Beautiful World (電撃文庫)
よりによって1話目から大分ハードな内容だったこの巻からなぜ読んでしまったんだろうと今でも思いますが、ともかく当時の学校にあった巻は、その後全て読破しました。すっかりこのシリーズにハマっていました。

まだ当時はそれぞれのエピソードが持つ寓話としてのメッセージをよく理解できてはいなかったと思いますが、それでもキノとエルメスが走っていく、奇妙で不思議な旅路を追うだけで楽しかったです。
が、Ⅻ巻ぐらいまで読んだのを最後に、学校の受験やら何やらという時期を挟んで、ぱったり読まなくなってしまいました。本屋で買って続きを読むということもしませんでした。(借りて読んだ本は、往々にしてこういうことになる気がします。)その後もシリーズはどんどん巻数を重ねていき、私はついていくタイミングを失ったまま、他の物事に時間をかけて生きてきました。興味は移り変わるものです。

そういったところに、再び『キノの旅』はアニメとなって現れました。「再び」といっても私は’03年のバージョンを観ていませんが、それでも昔好きだったキャラクターをもう一度観られるのは素敵なことです。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・アニメ『キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series』(2017)

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -アニメ

アルバム『Stranger in the Alps』(かんたん感想)

2017年に見つけて一番嬉しかったアーティストといえば、私の場合、フィービー・ブリジャーズ(Phoebe Bridgers)です。
Twitterのタイムラインを眺めている中でまったくの偶然から彼女の曲を見つけましたが、もうまさに完全に一目惚れというやつでした。

その魅力は言葉で説明するより、もうこのPVを見てもらう方が早いと思います。はい。

天使のようなホワイトブロンドに透き通るようなボーカル、どこかメランコリックでメロウなギター。しばらくこの曲のヘビロテが止まりませんでした。
遅まきながら彼女のことについて調べましたが、LAを拠点に活動、2015年以降にデビューし、2017年9月に1stアルバム『Stranger in the Alps』を発売、という来歴です。今まさに注目されている女性SSWの一人に数えられています。

日本でも先にLPレコード盤は発売されていました。我が家にもレコードプレーヤーがあれば良いんですが、あいにく無いので大人しくiTunesか何かでダウンロードしようかと思ってましたが、待ってるうちにちゃんと日本盤CDも発売されました。

ストレンジャー・イン・ジ・アルプス

ストレンジャー・イン・ジ・アルプス

続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -音楽

映画『ブレードランナー』+『ブレードランナー2049』(かんたん感想)

〈↓ネタバレありSpoiler Alert!↓〉
・映画『ブレードランナー』
・映画『ブレードランナー2049』

1982年の『ブレードランナー』という映画は、私にとって長い間、観ておくべきかどうか迷っていた作品でした。
多くのクリエイターがこの映画に影響を受けたという話は聞きます。後に続く数多くのSF作品が、この一本の映画にインスパイアされたということも知りました。
それでもこの2017年になるまでに、私がこの「原点」なるものに触れてみようと思うきっかけはありませんでした。だって自分が生まれるより約10年も前の作品だし、他に今に観たいものもたくさんあるし……と。

そこにやってきたのが『ブレードランナー2049』でした。続編を作ることさえ畏れ多いとまで言われた作品。しかもリドリー・スコット本人が監督するわけでもない。
しかし『2049』の本編が公開される約1か月前に、相次いで公開された3本の短編映像が斬新で私の目を引きました。前作と続編の空白期間を描く、3つの前日譚。私は観てすぐにその世界観に引き込まれていくのが分かりました。


『2049』公開の1週間前の休日、やっぱり予習はしておくべきだと思い立ち、私は『ブレードランナー:ファイナル・カット』(字幕版)のバージョンを手に取りました。

そういうわけで、以下の感想ではこれら2つの映画を、別々の作品というよりかは、一続きの自分なりの体験として扱っています。
ちょっと長くなりますがどうぞお付き合いください。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画