映画『エクス・マキナ』 (かんたん感想)

あらすじ

ケイレブ・スミス(演: ドーナル・グリーソン)は、世界最大手の検索エンジン企業「ブルーブック」で働くプログラマー。ある日彼は社内の抽選に当選し、社長のネイサン(演: オスカー・アイザック)の自宅へと招待される。ヘリコプターに乗り、山奥へと連れて行かれたケイレブは、深い森の中にひっそりとたたずむ現代的な邸宅を見つける。彼は、玄関で機械が発行するキーカードを受け取って中に入り、そして初めてネイサンと対面する。ネイサンはケイレブに、彼が秘密裏に行っているある研究のために協力してほしいと要請するが、そのためには機密保持契約書へのサインが必要だった。
戸惑いながらもサインしたケイレブ。ネイサンは、彼がこの屋敷で人工知能(AI)の研究していると打ち明ける。ケイレブが頼まれたこととは、AIの「チューリング・テスト」――人間が機械と対話し、機械が知能を持っているかどうか判別するテスト――をすることだった。そして、監視カメラを備えた小部屋で、彼は人型のロボット、エヴァ(演: アリシア・ヴィキャンデル)とガラス越しに対面する。エヴァは人間の女性の顔と手足を持つが、それ以外の身体のパーツは機械が剥き出しだった。エヴァは、ネイサン以外ではケイレブが初めて出会う人間だと話す。極めて人間らしく会話をこなすエヴァの能力に、ケイレブは驚嘆する。
その晩、眠れずにいたケイレブが自室のテレビを点けると、なぜかそこにはエヴァのいる部屋の監視カメラ映像が映っていた。じっと観察していると、突然屋敷全体が停電する。電力が復旧するまでの間、彼は一時的に部屋に閉じ込められてしまう。
夜を明かした翌日も同様にケイレブはエヴァとの対談を始める。二者は互いのことをもっとよく知ろうとするが、その途中で再び屋敷が停電する。エヴァは、部屋の監視カメラが機能していないのを見るや、ケイレブに対して「ネイサンは嘘をついている」と警告する――。

レビュー

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『エクス・マキナ』


 
久々に何から何まで自分のツボを押さえてくるSFに出会えた気がします。
個人的にSFのストーリーには、何か不安や緊張、恐怖といった気持ちを感じさせるものをつい期待してしまうんですが、その意味では『エクス・マキナ』はスリラーとして間違いなく一級品です。
情報が極端に制限され、自分が何をしているのかも分からないまま迷い込むケイレブ。何か腹に一物ありそうなネイサン。そして、何を考えているのか分からないエヴァ。正体不明のキョウコ。人間対人間、人間対AIの「心理戦」。そもそもAIに心はあるのかどうかと人間が考えている間に、機械は予想もつかない行動を取るようになります。

個人的にこの映画、カメラワークがかなり印象的でした。
常に人物が画面のど真ん中にくるような構図になっています。他の映画なら微妙に左右どちらかに寄ったりすることもありますが、『エクス・マキナ』では徹底して中央です。中央にいない時には、二人の人物が画面真ん中の縦線に対して、線対称もしくは点対称の関係となるように配置されています。シンメトリーな構図です。これも他の映画以上にかなり意図的に使われています。
二人の人物が会話をやり取りしている時のシーンとか、まるで鏡合わせになっているかのように画面上の位置関係が不変なので、いい意味で違和感を醸し出しています。エヴァが質問を投げかけるシーンとか、まるでケイレブを通り越して観客に直接訊いているかのようです。
観客にとっての鏡を意識している映画というのがあって(最近観たのでは『ボーダーライン』など)、この映画ももしかしたらそうかもしれません。実際、鏡とかガラスへの映り込みというのが、劇中でたびたび特徴的に使われています。

こんな風に映像がかなり独特で、ハリウッド映画なのにどこかインディーズ映画な雰囲気さえ感じます。もともと脚本家だったアレックス・ガーランドの監督デビュー作だからというのもあるかもしれませんが。
「人間対AI」というテーマの映画はたくさんありますが、この映画はそのテーマに対してかなり先進的に挑んでいます。本気で容赦のない、かつ冷静で現実主義的なストーリー。
チェスをやるAIは、自分はチェスをやっていると理解しているか。ジャクソン・ポロックが自分が何を描いているのか考え出したら。エヴァは「白黒の部屋」の中にいるのか。哲学と思考実験を会話にいくつも挟み込んでいて、かなり注意しないと話についていけません。

話の結末もやはりかなり突っ込んだところまで行っています。ネイサンが死ぬのを観てスカッとすることもできますが、ケイレブの立場から観ている観客にとって、これは人間に優しくないオチとも言えます。かといって、もしケイレブとエヴァが二人で仲良く屋敷を脱出する展開とか、またはケイレブだけが脱出する展開だったら、この映画も既存の枠に収まったままの作品に過ぎなくなります。
エヴァというAIに対して私達が持つ様々な感情は、今世間を賑わせているSiriやAlphaGoといったどんどん世間に広まるAIへの感情とそのまま同じではないでしょうか。彼女の美しさに憧れ、その純粋さを好きになり、その能力に期待することもある一方で、人間を出し抜き、裏切ってくることへの恐怖も私達は持ち合わせています。エヴァがネイサンから解放されることを応援したくなるけれど、私達を置き去りにし、手の届かなくなるところまで行ってしまうのを怖く思います。
でも、こんな切実で相反する感情を持つことこそ、人類がAIを身近な存在として捉えられるようになった証拠かもしれません。もう2016年なのですから。(海外での映画の公開は2015年でしたが。)
『エクス・マキナ』は、将来のAIへの大きな期待の話でもあり、同時に人類全体にとっての、いつかきっと訪れる壮大な失恋物語かもしれません。

雑感

いくつか気付いた小ネタ

  • 劇中で思考実験としてケイレブが引用する「メアリーと白黒の部屋」の話。あとでネイサンのメインコンピューターのデスクトップが出てきますが、その背景画像の風景写真もモノクロです。ネイサンがAIに対してやっていることを暗に示しています。
  • また、ケイレブがネイサンの過去のロボットの記録映像を盗み見る時、そのファイルが収められているフォルダの名前が「Deus Ex Machina」となっています(ここでこっそりタイトル回収)。
  • 本作のストーリーが1週間で設定されているの、聖書の創世記にちなんでいるからではと思いました。だとすると、エヴァへのチューリング・テストそのものが実質6日間で終わり、最後の1日でテストから解放されているのも、ちょうどその流れに当てはまっていそうな気がします。
  • 最後にエヴァが殴られて片腕を失うところ、今思うとちょっと『ターミネーター』っぽさありますね…。
  • これはTwitterで見かけた指摘ですが、停電の時に部屋が真っ赤になるところも『2001年宇宙の旅』っぽいとのこと

1回観ただけだと拾いきれないんですけど、この映画、まだまだネタを隠し持っていそうな気がします。ハマりそうです。

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中