2016年1月観た映画4本 『ブリッジ・オブ・スパイ』他(かんたん感想)

色々あってブログの更新が止まっておりました。
もう2月も半ばを過ぎてますが、1月に観てきた映画の分の感想を書けたのでまとめてアップします。というわけで、以下に観た順に一つずつ。いずれもネタバレ無しです。

『ブリッジ・オブ・スパイ』

あらすじ

1957年、ニューヨークのブルックリン。アトリエで絵を描いていたある中年の男性、ルドルフ・アベル(演: マーク・ライランス)のもとに電話がかかる。アベルは外に出かけるが、彼はFBIに尾行されていた。アベルがホテルの部屋に入ると、そこへFBIの捜査官達が一斉に突入し、彼をソビエト連邦のスパイとして逮捕する。
ジム・ドノヴァン(演: トム・ハンクス)は、保険の分野を専門としている弁護士。しかしある日、ジムはアベルの弁護人として推薦されることになる。かつてジムは刑事裁判も担当したこともあり、その優秀な能力を買われていた。アメリカ国内のあらゆる人間がアベルを敵視しており、どうやっても極刑は免れない裁判になることを知りつつも、ジムは彼の弁護人となる。
ジムは、後に万が一ソ連でアメリカ人がスパイとして囚われることがあった時のために、アベルを”交換用”の捕虜として生かしておくことを考えるが、周囲はそれを受け入れない。敵国のスパイを弁護するジムは、時には匿名の脅迫を受けながらも、合衆国憲法を根拠に、アベルにもアメリカ人としての権利を認めるよう訴える。そして、訪れた判決の日。裁判長への根気強い説得が功を奏し、奇跡的にアベルの死刑を回避することに成功する。
しかしその頃、CIAの作戦に参加していたあるアメリカ人パイロットが、ソ連領内で撃墜され、囚われの身となっていた。間もなく、東側にいるアベルの妻から、ジム宛てに手紙が届く。それは、夫のアベルを、捕虜のアメリカ人パイロットと交換して東側に返してほしいと頼むものだった。CIAはそれを受け、ジムにスパイ交換の交渉人となるように依頼する。交渉の地は、東ベルリンだった――。

レビュー

冒頭の、BGMが無く台詞もほとんど無い尾行シーンから既に最高です。とても地味で静かな(そしてスパイ向きの)中年男性。地下鉄に入り、カメラが徐々に後ろに移っていって、アベルが追われる人間であることが分かります。
河畔でベンチに座って、イーゼルの高さを調節してるように見せかけてこっそりコインを取る手元。ホテルのカミソリで慎重にそのコインを開く手元。FBIに部屋中を捜索されているその最中に、堂々と、しかし落ち着いて証拠を隠滅するその手元。手元をよく映すスパイ映画は名作(※個人の感想です。)

それにしても、主演のトム・ハンクスが画面に映っている時の、あの何とも言えない安心感たるや。彼自身が孤立無援の状況にある中、それでも人命を助けようとする信念。冷たい戦争の真っただ中にあっても、彼のキャラクターの存在が、この映画に温かい人間の血を通わせています。スパイ映画としても、人間ドラマとしても記憶に残る作品でした。

『独裁者と小さな孫』

あらすじ

世界のどこかにある、とある名も知れぬ独裁国家。きらびやかな首都の夜景を見下ろせる宮殿で、大統領(演: ミシャ・ゴミアシュウィリ)は、国内の政治犯達の死刑判決にサインを済ませる。彼の小さな孫(演: ダチ・オルウェラシュウィリ)は、まだ大統領の座を継ぐには幼すぎる、純粋な子供だった。大統領は孫に権力者の力を教えるために、電話を通じて街中の全ての照明を落とすよう命じる。間もなく夜景は本当に消え去った。彼は孫にも電話で喋らせ、明かりを点けさせ、再び消させたりする。しかし、もう一度明かりを点けようとすると、辺りは暗闇に包まれたままになった。間もなく首都のあちこちから銃声と爆発音が聞こえ始める。闇夜に乗じて、クーデターが始まったのだ。
翌朝、大統領一家は国外へ避難するため、空港へ向かう。大統領の妻と娘達は飛行機に乗った。孫は、宮殿に残る幼馴染のマリアから離れるのを嫌がったため、大統領とともに国内に留まることになる。宮殿へ帰ろうとする大統領と孫。しかし、今や大統領に公然と抗議する民衆が道を塞いでおり、それを武力で排除しようとする軍隊との間で、混乱が広がり始める。大統領の車は再び空港に向かうが、そこで軍のトップである元帥さえも大統領に反旗を翻したことを知る。
辛くも軍隊から逃げ延びた大統領と孫だったが、護衛を殺され、運転手にも見捨てられる。ラジオ局も反政府勢力に占拠され、大統領の目撃情報が呼びかけられており、今や国中が大統領と孫を捜していた。大統領は、寂れた片田舎で孫を抱きかかえ、絶望的な逃避行を始める――。

レビュー

この映画を観る一日前までタイトルすらも知らなかったのですが、映画館のサイトであらすじを読んだ時、これは観に行かなければと思いました。
ストーリーは寓話的です。国の名前も登場しない、大統領の本名も孫の名前も明かされない、いつの時代なのかも分からない。しかし、寓話によってこそ描き出すことができるのは、どこの国でもいつの時代でも起こりうる、普遍的な現象です。独裁政権が民衆の手によって倒れた後、新しい秩序が成り立つのではなく、さらなる混沌を呼び寄せてしまう現象。アラブの春以降、世界中の至るところで起きていることを抽出した寓話が、この映画です。

個人的なことですが、自分はやっぱり「旅をする」物語が好きなのだと感じました。ロード・ムービーというか、サバイバルというか。ありとあらゆる手段で生き延びようとするうちに、その人物の人間性が見えてくる展開が好きです。
ネタバレ無しなので、詳しくは語りませんが、ラストシーンでは久しぶりに映画館で涙を流しそうになりました。

『ブラック・スキャンダル』

あらすじ

1970年代のアメリカ・ボストンで暗躍していたアイルランド系ギャング、ジミー・バルジャー(演: ジョニー・デップ)。彼の兄は、マサチューセッツ州の議員であるビリー・バルジャー(演: ベネディクト・カンバーバッチ)であり、そして彼ら兄弟と幼馴染だったジョン・コノリー(演: ジョエル・エドガートン)は、FBIの捜査官になっていた。ジョンは、北部ボストンで最大の勢力を誇るイタリアン・マフィアの問題に取り組んでおり、彼らの逮捕に繋がる情報を求めていた。
ジョンは、議員となったビリーの元を訪れ、弟のジミーを自分と協力させてくれないかと頼みこむ。イタリアン・マフィアと勢力争いを繰り広げているジミーから、有益な情報を得られると考えていたからだった。ビリーはその申し出を渋り、当のジミーもそれに懐疑的だった。しかし、邪魔者のイタリアン・マフィアの情報をFBIに流すことで、イタリアン・マフィアを壊滅させれば、自分達の天下に繋がると考え直し、ジョンとの隠密の協力関係が始まる。しかし、この密約は後にFBI史上最悪の汚職事件に発展することになった――。

レビュー

身も蓋もないことを言ってしまうと、ストーリーを追いながら「あ、次はこの人が死ぬな…」と予想して、そしてその後実際にその通りにそのキャラが死ぬのを楽しみながら観る映画です。それは冗談としても、順当に恐ろしさが伝わってくるギャングスタの映画でした。予告編の雰囲気とかから、スタイリッシュでちょっとノリの良い内容になるのかと思いきや、意外と重厚で乾いたテイストのある映像でした。
ジョニー・デップは今回も原型が分からないほどの変身ぶりを見せて、今までになく情け容赦ないキャラを描き切っていました。例の笑い方は、ここ最近でも強く印象に残る悪役の笑いです。ただ、ストーリー全体で観ると、ジョエル・エドガートンが一番露出が多かった気も。そして、ベネディクト・カンバーバッチはもうちょっと出番を観たかった……。

『エージェント・ウルトラ』

あらすじ

マイク(演: ジェシー・アイゼンバーグ)は、アメリカ・ウェストバージニア州の片田舎のコンビニで働く冴えない青年。バイト中に自作のスーパーヒーローのコミックを落書きし、ドラッグにもハマっているダメ男の彼だが、ガールフレンドのフィービー(演: クリステン・スチュワート)との生活が、彼にとっての幸せだった。彼はいつかフィービーにプロポーズすることを夢見ているが、なかなか踏み出せないでいた。
一方、CIA本部では、ラセター(演: コニー・ブリットン)が匿名の電話を受け取っていた。それによると、彼女がかつて立案し、現在は破棄されていたある計画で生み出されたエージェントが、近いうちに”処分”されることになる、という内容だった。心当たりのあるラセターは、昇進を果たしたライバルのイェーツ(演: トファー・グレイス)を訪ねる。イェーツはエージェントの処分について問われても悪びれる様子も見せず、自分の率いるエージェントを使って処分を実行する気だった。ラセターは自分のエージェントを助ける決心をする。
いつものようにコンビニで働くマイク。そこに変装したラセターが現れ、マイクの前で謎めいた暗号を唱える。しかし、何も起きなかった。何度も唱えてもマイクは変化を見せず、ラセターは諦めて立ち去る。その後マイクは、コンビニの駐車場で不審な二人組の男を見つける。声をかけると、二人組はナイフを取り出してマイクを襲おうとした。その瞬間、マイクの中で何かが目覚め、手に持っていたスプーンで男達に反撃し、奪った銃で二人を射殺してしまう。何が起きたのか分からないマイクは、慌ててフィービーに電話する。一方、自分のエージェントが撃退されたことを知ったイェーツは、マイクを殺害するために町の包囲を始める――。

レビュー

ある意味では恋愛映画と観ることもできると思うのですが、自分の中では今のところ、一番お気に入りの恋愛映画です。割と本気で。詳しくは語りませんが、あの「プロポーズ」シーン、最高すぎるじゃないですか……。

アクションシーンもかなり見応えがあって興奮できました。やっぱり普段アクションをやるように見えない俳優が、本格アクションに挑んでるギャップは楽しいものです。(『キングスマン』のコリン・ファースしかり。)クライマックスのアクションは、長回し風に撮られていてこだわりを感じます。何より全編にわたって、音楽と相まって映像が楽しいです。予告編を見た時からとんがった内容だなと感じていましたが、実際にかなり中毒性のある(※合法的な意味で)映画でした。
それにしても、何かと「ダメ男」と紹介されるマイクですけど、形はどうあれあんな可愛い彼女を連れている時点で人生勝ち組ですよね。

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想 -映画

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中