映画『コラテラル』 (かんたん感想)

たまにはこのブログでも旧作映画のレビューを。
ということで、ずっと前から観たかった殺し屋映画、『コラテラル』です。

イントロダクション

『ヒート』などで有名なマイケル・マン監督の、2004年のサスペンス・アクション映画。
トム・クルーズといえば善良で良い男の主人公役のイメージでしたが、今作では何と冷徹な悪役。そして、そんな彼と共演するのが、今や大スターのジェイミー・フォックス
他にもキャストでいうと、今やハルク役でお馴染みマーク・ラファロとかジェイダ・ピンケット=スミスハビエル・バルデムも出演してたり。(そして冒頭にはカメオでなぜかジェイソン・ステイサムも。)

あらすじ

ロサンゼルスの空港に、銀髪の男ヴィンセント(演: トム・クルーズ)が到着する。彼は歩行者の一人と不意にぶつかったように見せかけて、持っているブリーフケースをさりげなく交換する。彼は誰にも見られることなく、L.A.の街に消える。
マックス(演:ジェイミー・フォックス)は、L.A.でタクシー運転手として12年間働いている。稼ぎは多くないが、将来リムジン・サービスの会社を立てることを夢に見て、堅実な仕事をしていた。ある夕方、彼はアニー(演: ジェイダ・ピンケット=スミス)という女性客を乗せる。彼女が指定した目的地までのルートに対して、彼は別の道なら速く着くと提案する。彼らはそのことで賭けをするが、結果はマックスの勝ちだった。アニーの職業は検事で、彼女は去り際、何か困ったことがあったらとマックスに名刺を渡す。彼はそれを大切にしまった。
直後、マックスのタクシーにヴィンセントが乗る。彼は不動産屋を自称し、一晩で5人の客・友人を回らないといけないといい、マックスに今夜のタクシーを貸し切りにしてくれないかと持ちかける。職務規定に反するからと渋るマックスだったが、ヴィンセントが出した600ドルの誘惑に負け、了承。あるアパートの前でヴィンセントを待った。
ほどなくして、彼のタクシーの真上に男の死体が降ってくる。仰天するマックスの元に、至って冷静な様子のヴィンセントが戻る。直感的にマックスは逃げ出そうとするが、ヴィンセントは銃を突き出して止め、男の死体をタクシーのトランクに隠すのを手伝わせる。
そして、そのままヴィンセントを乗せて運転するよう命じる。かくして、マックスの運命の一夜が始まった――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『コラテラル』

レビュー


 

自分の行き先

タクシーって、改めて思うと不思議な乗り物です。電車やバスとは違って、不特定多数の客が一緒に乗ることはまず無くて、客(達)と運転手が一対一の関係。
運転手はその客のためだけに目的地まで運転し、寄り道はせず、客を下ろせばそこでお別れ。そういうビジネスですが、時には客と会話が弾むことがあり、商売の関係を超えた人情味が生まれることがあります。黙っていてもいいけど、無視するには近すぎる距離。ビジネスライクな素っ気なさと、心理的な距離の近さ。

主人公マックスもそういう運転手です。ただ客を運ぶだけでなく、少しでも速く着くようにしたりとか、客の気分を気遣ったりとか。サービス業として良い運転手ですけど、言い換えれば彼は人に合わせてきた人間です。
マックス自身は夢を持っている男です。しかし、それを叶えるためとはいえ、タクシー運転手という「つなぎの仕事」を12年も続けています。だからヴィンセントにもその夢の本気さを疑われます。
マックスはなかなかそこへ踏み出せません。自分で進みたい方向があるけれど、他人の人生を運ぶ仕事をしているために、なかなかそちらへ向かえない。あるいは、本当は向かえるけれども、まだ自分でもできないと思い込んでいる。

全く対照的なのは、ヴィンセントという男。彼は冷徹で精密なプロフェッショナルです。血を流してでもミッションを遂行しようとする殺し屋。目的のためなら他人がどうなろうが一切気にせず、ためらいなく人を殺せる。個人的には若干サイコパスの傾向を感じます。
彼はある意味自分のために生きていられる男です。人の命の儚さ、人生の短さを口にし、どこか刹那主義的です。そして、マックスのように自分で動かない人間を巻き添え(コラテラル)にして、自分の目的を叶えようとします。

この映画の一番燃えるポイントは、そんな二人の男が出会うことによって起きた、マックスの闘いと成長です。巻き添え・共犯になるしかなかった男が、次第に強い感情を持って、ついには自らの意思で動き始めるところです。
マックスも最初から明らかに弱そうでなよなよした男ではなくて、時には強さも見せはします。ヴィンセントのブリーフケースを投げ捨てたり。そのおかげでさらに彼は厄介事に巻き込まれるんですが、それを経験するうちに彼が変化していくのが分かります。ハビエル・バルデム演じるフェリックスと会うシーンがまさにそれで、彼はヴィンセントのフリをすることで、本物のヴィンセントの態度に少し近づきます。
また、マックスが大切なタクシーを横転させるシーンも象徴的です。どんな物語でも、それまで当たり前のように存在していた道具が、(意図的にせよ偶然にせよ)破壊されて無くなる瞬間というのは、たいてい重要な意味があります。
この場合、他人の目的を叶えるためのものでしかなかったタクシーを捨てて、自分の足で動き出すことを描いています。だから、映画の大半がタクシーのシーンだったにも関わらず、クライマックスは徒歩です。

暗殺者とタクシー運転手という、ある意味で対極的なプロフェッショナルを持ってきているところが、この映画のユニークさで、その二人の考え方や行動が、サスペンスを生み出しています。
何より、そこから生み出されるアクションが洗練されててカッコいいんです。マイケル・マン監督の映画を観るのは初めてでしたが、この映画で銃が撃たれるシーンはどれも熱いです。効果音もかなりリアル。
特に、ラストの撃ち合い! ドアを隔てているとはいえ、真正面から向かい合って撃ち合う様は、さながら西部劇。撃ち合いが終わって、凄腕の敵には一発も当たらなかったと思いきや、致命傷を負ったのは敵の方で、替えのマガジンを取り落とし、無言で銃を下げて腰を下ろす。シビれます、この姿。
ここまで熱くなる男達の対決なんて、そうそう見られません。

タクシーで危険な奴と隣り合わせというシチュエーションの面白さと、無駄の無いアクションのカッコよさ。そして、作品の根底にあるのはやっぱり人間ドラマで、男の対決と成長でした。

雑感

音楽

L.A.の夜景の魅力が画面上に美しく映っていますが、タクシーから流れてくる音楽など、耳でも楽しめるのが良かったです。ジャンルも多彩で、次々と場面が移り変わる様に合っていました。



 
一番お気に入りなのが、コヨーテが道路を横切るシーンで流れる”Shadow on the Sun”!

(話は変わりますが、この曲のボーカルの人、『007 カジノ・ロワイヤル』のOP曲”You Know My Name”を歌ってたクリス・コーネルでした。聞き覚えのある声だと思ったら…)

広告

2件のコメント

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

映画『コラテラル』 (かんたん感想)」への2件のフィードバック

  1. コラテラル、良かったですよね。
    一風変わった感じが、良かったです。
    ずっと、つなぎの仕事をしてて、不満ばかりの男と、なんのためらいもなしに仕事を次々にこなす男という対照的な二人を描いていて見応えがありました。

    • コメントありがとうございます。

      タクシー運転手が殺し屋に巻き込まれるという独特なシチュエーションから始まって、アクションとしても人間の成長ドラマとしても熱いストーリーに繋がるのが最高ですよね。
      マイケル・マン監督って銃撃戦の描写が凄いイメージですけど、それ以上に男達の対決の描き方がカッコいいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中