映画『思い出のマーニー』を観てきた (かんたん感想)

サークルの友人達に誘われて、遅まきながら観に行きました。
ジブリ映画って、世間では有名だけど自分ではなかなか観に行かないかなぁ……って感じだったんですが、ちょっと気になってはいた作品だったので、良い機会だと思い、観ることにしました。

映画『思い出のマーニー』公式サイト http://marnie.jp/index.html

イントロダクション

イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる1967年の同名児童文学のアニメ映画版。(ただし、舞台は現代日本の北海道に置き換えられています。)スタジオジブリ制作で、監督は米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』など)。今作には宮崎駿も高畑勲も関わっていないそうです。珍しい。
ダブルヒロインとして、心を閉ざした少女・杏奈役には高月彩良が、タイトルにも出ている謎のマーニー役には有村架純が抜擢されています。本業が声優ではない方達ですが、脇を固めているのも松嶋菜々子寺島進黒木瞳などなどベテランの役者達ばかりで、やっぱりその辺もジブリらしいというか何というか。(以上、敬称略)
公開日は2014年7月19日。(かなり遅い時期に観に行ったことになりますね……。)

あらすじ

札幌市に住む12歳の少女、佐々木杏奈(演: 高月彩良)は、他者との関わり合いに煩わしさを感じ、誰に対しても心を閉ざしていた。喘息持ちの彼女は、夏休みの間、母の頼子(演: 松嶋菜々子)の勧めで、北海道内の港町に暮らす親戚の大岩夫妻(演: 寺島進、根岸季衣)の元で療養することになる。
大らかな性格の夫妻の家でも杏奈は密かに息苦しさを感じていたが、ある時、近所の入り江の向こうに古びた洋風の屋敷を発見する。そこは無人だったが、杏奈は以前からそこを知っているように感じられた。それ以来、彼女は夢の中で、その屋敷と、そこにいる金髪の少女の姿を見るようになる。杏奈はその屋敷に心を惹かれ、趣味のスケッチでも好んでそこを描くようになった。
七夕祭りの晩、些細なことから地元の少女達と諍いを起こしてしまった杏奈は、逃げ込むように入り江へ行き、そこで独り涙する。ふと気づくと、傍の岸にはボートがとめてあり、彼女はそれに乗って屋敷へと漕ぎ出した。その時、屋敷に明かりがともり、中から金髪の少女(演: 有村架純)が顔を出して杏奈を見つけ、屋敷へ招いた。彼女は、杏奈が夢の中で見た人とそっくりの少女だった――。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『思い出のマーニー』

レビュー

治癒の物語

ざっくり言ってしまいますが、とても綺麗な映画だと思いました。
ジブリ映画をまともに(地上波で流れてるのを片手間にとかではなくしっかりと)見たのは、多分かなり久しぶりだったのですが、その良さを改めて感じさせられました。
全く身も蓋もない言い方ですが、観終わった後「良い話だなぁ~……(しみじみ)」と思ってしまいました。作品から、純粋さを求める志向性を感じました。おそらくこの作品は、その純粋さが万人に伝わるように作られています。つまり、変に奇をてらってなくて、順当に情報を提示し、順当に伏線を張って、順当に演出をして、順当に心情変化を追っています。観終われば「ああいうことだったんだね」とすっきり理解できるようになっている作品です。

こんなに純粋さを感じた理由は何でだろうと考えてみましたが、やっぱりこの物語がホスピスだからでしょうね。劇中でも終盤でその単語が言及されたように。
「何らかの形で(困難を感じさせる)日常から離れて、非日常世界へ誘い込まれ、そこで思いがけない体験を経て精神的成長を果たし、元の世界へ帰っていく。」
こういうパターンだけ取り出したら、過去の似たジブリ作品をいろいろ挙げられそうですが、本作だけの特徴があるとしたら、たぶんその非日常の舞台が癒しのための地であること、またその精神的成長が治療にあたることではないでしょうか。

原作を読んでいないため、その比較の上では語れませんが、主人公杏奈のキャラクターはひどく「現代っ子」な印象があります。
自分を「目に見えない魔法の輪」の外側にいる存在だと思い、人との関わりを避ける。ちょっといわゆるコミュ障っぽいところがあったり、関わりたくない人が見えると道を遠回りしたり、親戚にすら過剰に礼儀正しくて他人行儀だったり。人との接し方が分からずに孤独に陥っている彼女の姿は、どことなく典型的な現代の子供のように見えます(あくまで私の印象ですが)。
表向きは喘息の療養のために杏奈は田舎に来ますが、もちろん冒頭のモノローグを聴いた観客は、「いや、他に治すべきものがあるだろ」と分かっています。実際の物語の焦点もそちらにあります。

だから、この作品は、現代の人間にも通じる苦しみへの、癒しについての物語であるととれます。具体的に何が癒しだったのかと言うと、一言で言えば「マーニー」であり、もう少し言えば家族愛・親子愛のようなものです。

映画を観る前、ポスターとかCMとかを見ていた段階では、この作品は幻想的な存在との間の友情物語のような印象がありました。
もしマーニーが杏奈の祖母ではなくて、二人の繋がりが家族愛によるものではなく、友情・親愛によるものだとしたら、杏奈は本当の意味では救われなかったかもしれないと思います。きっとその話は、杏奈が二人だけの小さな魔法の輪の内側に入ることで満足してしまって、母の頼子が迎えに来て静養地から帰れば、また元通りになってしまうはずです。後に何も残らない。「非現実の世界でも、あなたを受け入れてくれる友達はいたよ。良かったね!」という話になるだけで、現実には何も起きていないのと同じ。(その辺がシビアなのがジブリっぽいのかなぁと思ったり思わなかったり)
しかし、やっぱり自分を愛してくれる存在は現実の方にいてほしいもので、杏奈が自分の血に流れるマーニーの愛を知った時に、初めて彼女は自分を肯定できるようになり、義理の母の頼子と向き合えるようになります。屋敷の窓越しに、マーニーが杏奈に叫んだ「私を許して!」が、本当は頼子もそう言いたかったのだ、ということを杏奈は理解できるようになります。

『思い出のマーニー』は、無償の愛を思い出して自分を認められるようになるまでの物語だと私は思います。この作品はそれを描くことに終始し、余計なものは削ぎ落とされています。きっと前述の純粋さはそこから来ています。

そうやって、救われた個人の話が描かれてはいますが……。
確かに、私達みんなに自分の「マーニー」がいるとは限らないかもしれません。杏奈の母、マーニーの娘(交通事故で死んだ)が、親からの愛情を感じられずに心を閉ざしてしまったように、なお「私は孤独だ」と思う人は、多分この世に少なくはないです。
何らかの形で「マーニー」に出会えている人は、幸運でしょう。全てが手遅れになる前に、どこか虚ろな安全圏に閉じこもったりせずに、自分を受け入れてくれる人を見つけられた人は、それが心の深いところに残っていると思います。

かなりこの話は現実寄りです。間違っても子供向け(杏奈より小さい年齢の子供向け)ではありません。社会・他者の存在の重苦しさを分かるようにならないと、杏奈の一連の治療の過程に共感できません。
また、現実と非現実の区別が付かなくなるような(マジック・リアリズム的な?(←難しい用語を迂闊に使っている))演出がしばしば用いられていますが、本当の意味での超常的な現象は、この作品では一つも起きていません。マーニーは子供だけに見える妖精のように見えますが、この作品に「トトロ」はいません。
だから、作品の幻想的で耽美的な見た目に反して、現実志向の作品だということが言えるかと思います。
その分、『マーニー』は、現実で生きる勇気や自信をちょっと貰えるかもしれない作品です。またどこかで観られる機会があったら観たいかなぁ。

以下、観ていて思ったことを取り留めもなく書いて終わりにします。

雑感

ジブリ的?

とはいえ、観ていて何となく「ここジブリっぽい」と思ったところもあったりするわけです。
序盤、杏奈と大岩夫妻の車のシーン。車の中が荷物でマンガ的にゴチャゴチャになっていましたが、あれを見て『となりのトトロ』や『千と千尋の神隠し』の冒頭の車のシーンを連想してしまいました。まさかセルフオマージュってことは無いと思いますが。まあ大らかな大岩夫妻というキャラの性格を表すためには良い方法かもしれませんが、でも映画全体で見てもこの車のシーンはかなり異色に感じました。
あと強いて言うと、食事シーンがやたら細かくて美味しそうなのもジブリっぽく思います。ただ本作の場合は、複数の食事シーンのうちで、杏奈の食欲が次第に増している(目玉焼きを頬張るところで私はそう感じました)のを描くことを通して、杏奈が元気に回復しているのが示唆されているので、それを狙って食事シーンが豊富なのかもしれません。

心情表現

スケッチがよく杏奈の見ている世界を映しだしています。モノローグ以外で杏奈の心情を理解する手段になっています。
冒頭、公園の遊具は子供達で溢れていたのに、彼女の遊具のスケッチでは一人も子供の姿が描かれない。最後に滑り台のところにようやく一人描こうとしますが、消しゴムで消してしまい、後はそこだけぽっかり空いたまま。次に彼女のスケッチに人間が登場するのは、マーニーを描く時です。
またスケッチが、絵描きの久子と知り合うきっかけとしても働いています。久子も久子で、飽きることなく屋敷の絵を描いていて、スケッチ・絵がキャラの関心の方向を示す道具として使われています。

モチーフ

杏奈がマーニーと出会うのが七夕祭りの晩にというところも、古典的ですけど良いですよね。杏奈が突然にマーニーと出会うのではなくて、あらかじめ夢の中でその存在が観客に暗示されていること、杏奈が自分を助けてくれる人を切望していることがあって、出会いのシーンがより深くなっています。
なぜかマーニーは満潮の時にしか出現しませんね。二人の間では満潮の時に会う約束がいつの間にか作られていますが、干潮の時には屋敷は無人になっているか、あるいは別の住人(彩香)が移り住んでいる。
また、潮の満ち引きに関連して、「月」のイメージが繰り返し繰り返し強調されていますが、それが意味するところまでは私には読み取れませんでした。
こう見ると、演出についてまだまだ色々と考察できそうなところがある映画ですよね。

広告

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -映画

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中