Twitterを始めてみた 利用方針とブログとの兼ね合いについて

時代の流れというのは恐ろしいもので、ちょっと前はあまり興味の湧かなかったサービスすらもだんだん魅力的であるように見えてくるものです。単純接触効果かな?
というわけで、Twitterを始めてみました。何となくやってみる気になったんです。

ところが、今もTwitterを危ぶんでいる面があって、特にこうしてブログを持っている者は考えなければいけないことがあると思います。
要するにブログとTwitterの兼ね合いです。
Twitterは「ミニブログ」とも定義されており、正直言って他のブログサービスと比較した時の主要な違いは、「一度の投稿文字数に制限があること」くらいな気がします。量的な違いはあっても質的な違いはあまりないと思うんです。
なので、この二つを併用している人が、使い分けをよく考えないといろいろ問題が起きる気がします。

つまり、「どっちかがおろそかになる」わけです。
ネット上でブログ・Twitterを併用している人のそれらを比べてみたことがあったんですが、両方とも同じ更新頻度を保っているという人はあまりいないように感じました。
大抵の人は、Twitterの更新に比重がかかり、ブログの更新頻度が遅くなっているか、完全に停止しています。また、ブログを一定頻度で更新している人も、その内容を見ると、Twitterでもできるような(そして実際にやっている)広報や告知が多くなり、ブログの方の独自性が失われていっています。
Twitterの魅力のいくつかは、やはり手軽さとレスポンスの速さなので、それがその人が併用するブログその他のサービスを駆逐してしまうことに繋がりやすいようです。ブログとミニブログ、同じことを書けるなら、手軽な方に書きますよね。

では、反対に、Twitterとその他サービスを併用している人で上手くいってそうに見える人は、どういうことをしていたかと言うと、やはり更新内容に高い差別化を図っていました。
「ブログではこういうコンテンツを書く、Twitterは連絡用およびブログの宣伝用」などというように、利用のスタンスをはっきり分けている人は、それぞれのサービスが同じ程度の重要性を持っているように他者の目に映ります。
見る側としても分かりやすいんですよね、自分が関心ある情報を得るには、その人が利用してるどのサービスをフォローすれば良いのか、が伝わりやすくなると思います。

と、いうわけで、私の場合のこの二つのサービスの兼ね合いの方針です。
まず、当ブログの方針は今までと変えません。小説、音楽、映画などの作品のレビュー、および創作小説の掲載です。
言い換えると、ブログは長文のコンテンツを載せる用にします。ここまで書くにもだらだらと長い文章を書いてきてますしね。
ともかく、これらは明らかにTwitterでやるには向いていないので、こちらはこのままです。
次に、Twitterには、このブログの更新の連絡、告知、ブログに載せるまでもないような事柄、あるいは体系化されてない興味、などを載せます。
より瞬間的な思いつきを書くのに適しているサービスだと思うので、そうしたいと思います。

あくまでメインはブログのつもりです。本当に書きたい文章はブログに載せます。が、そこに至るまでの思考の鎖は、Twitterに表れるかもしれません。
先日掲載したような、イベント等の告知は、ブログとTwitterの両方に掲載します。なので、どちらか一方をフォローしていて見逃してしまうということはありません。ご安心を。

これに際して、ブログの見た目も少しいじって、今まで本文の左側のみだったサイドバーを右側にも増やしました。右側には主に外部サイトへのリンクを載せることにして、Twitterのウィジェットもそこに置きます。
興味がある方、Twitterもお気軽にフォローとかしてみてください。(←まだあまりよく分かっていない)
今後とも当ブログも含めて、よろしくお願いします。
それでは。

広告

コメントする

カテゴリー: どうでもいいこと, 当ブログについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中