『ブレードランナー2049』冒頭10分間のシーンで脚本の研究

『ブレードランナー2049』を好きな理由は色々ありますが、脚本の洗練された語り口も魅力の一つだと思っています。
特に冒頭10分間のシーンは、それ単独で一つの短編小説みたいに濃縮された面白さがあると思っていて、初めて観た時はもうそこだけで「これは凄い映画になるぞ…」という予感を持ったものです。実際それは当たってました。

というわけで、この記事では冒頭10分間のシーンの脚本を詳細に掘り下げていき、ストーリーテリングに使われているテクニックなどを見てみたいと思います。
なお、今回でいう「脚本」は、映画制作の段階で使われた脚本のことではなく、完成した映画本編の内容のことを指します。
(前者の脚本はあくまで「こういう物語にする」予定のことを書いてある台本で、実際には撮影現場でのアイデアを取り入れたり編集段階での修正を加えたりして、完成した映画は脚本とは異なるからです。)

そのため、以下の劇中の文章は、映画の脚本を引用したものではなく、本編の映像を筆者が観て一から書き起こしたものです。
ご了承ください。

〈↓ネタバレあり Spoiler Alert!↓〉
・映画『ブレードランナー2049』
※冒頭10分以内の重大なネタバレを含みます。

それでは、まずはオープニングスクリプトから。

 

REPLICANTS ARE BIOENGINEERED HUMANS, DESIGNED BY TYRELL CORPORATION FOR USE OFF-WORLD.
THEIR ENHANCED STRENGTH MADE THEM IDEAL SLAVE LABOR

(レプリカント地球外惑星オフワールドでの使用を目的として、タイレル社により開発された人造人間である。彼らの強化された身体能力は、理想的な奴隷労働力として使われた)

AFTER A SERIES OF VIOLENT REBELLIONS, THEIR MANUFACTURE BECAME PROHIBITED AND TYRELL CORP WENT BANKRUPT
(だが何度も反乱を起こしたためその製造は禁止され、タイレル社は倒産する)

THE COLLAPSE OF ECOSYSTEMS IN THE MID 2020s LED TO THE RISE OF INDUSTRIALIST NIANDER WALLACE, WHOSE MASTERY OF SYNTHETIC FARMING AVERTED FAMINE
(2020年代半ばの生態系エコシステムの崩壊により、企業家二アンダー・ウォレスが台頭。彼の合成農業によって人類は飢餓を回避した)

WALLACE ACQUIRED THE REMAINS OF TYRELL CORP AND CREATED A NEW LINE OF REPLICANTS WHO OBEY
(ウォレスはタイレル社の資産を取得し、より従順な新型レプリカントの製造を開始)

MANY OLDER MODEL REPLICANTS – NEXUS 8s WITH OPEN-ENDED LIFESPANS – SURVIVED.
THEY ARE HUNTED DOWN AND ‘RETIRED’

(旧型のレプリカント――寿命の制限のないネクサス8型――は多数生き延びたが、”解任”の対象となり追跡された)

THOSE THAT HUNT THEM STILL GO BY THE NAME…
(彼らを追う捜査官は今もこう呼ばれる…)

B L A D E R U N N E R
(ブレードランナー)

 

続きを読む

広告

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -映画

[トリビア]『ジョン・ウィック』の劇中で”Hitman”(殺し屋)という単語は一度も使われない

明日使えないムダ知識をあなたに
 

概要

いきなりですが、ジョン・ウィックというキャラクターは、元々何の職業の人だったでしょう?

あなたの頭に一つの答えが浮かぶはずです……しかし、その単語、本当に映画の中で使われている単語ですか?

タイトルの通りですが、実は映画『ジョン・ウィック』および『ジョン・ウィック:チャプター2』の劇中で、“hitman”(殺し屋)や”assassin”(暗殺者)という単語は、一度も使われないという事実に、ふとしたことで気付いてしまいました。

そうだったっけ? と思う方はぜひ今すぐBD/DVDを引っ張り出してぜひご確認ください。

面倒だという方のために、以下、検証内容をお届けします。

検証

まず、ジョン・ウィックの本性が最初に明らかにされる例のシーンから。

  • ヨセフ「相手? あんなの誰でもねえだろ」(Who? That fucking nobody?)
     
    ヴィゴ「その”誰でもない男”は――ジョン・ウィックだ。以前彼は我々の仲間だった。別名は”ババー・ヤガー”」(That “fuckin’ nobody”… is John Wick. He once was an associate of ours. We call him “Baba Yaga.”)

    ヨセフ「ブギーマン?」(The Boogeyman?)

    ヴィゴ「厳密にはジョンがブギーマンなのではない。そのブギーマンを殺すために送り込む男が、彼だ」(Well John wasn’t exactly the Boogeyman. He was the one you sent to kill the fucking Boogeyman.)

    ヨセフ「Oh…」

ここで一度もジョンという男の具体的な職業名は言及されません。しかし、この台詞だけでどれほどジョンが恐るべき存在なのかが、端的に示されています。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: 良いモノ語り, 良いモノ語り -映画

Spotifyで週替わりプレイリスト始めました

タイトルのまんまですが、Spotifyでちょっとしたプレイリストの公開を始めることにしました。

mindset of the week

 

  • ただただ私がお気に入りの音楽を7曲セレクトしたリストです。
  • 毎週土曜日更新。(都合でできない時はスキップします。)
  • 毎週総入れ替え制。(忘れた頃に同じ曲をリストすることはありそう。)
  • ほぼ洋楽曲ばかりですが、サウンドトラックも入れたりしたいです。
  • ヴォーカル曲もインストゥルメンタル曲も入る予定。
  • 知ってるアーティストの曲も入れますし、Spotifyで見つけた、全然知らなかったけど好きな感じの曲も入れます。
  • 順番は無いのでシャッフルプレイOK。

読むより聴く方が早いと思いますので、Spotifyやってる方はぜひ上のボタンからどうぞ↑

個人的に昔から、ラジオのDJみたいに自分で好きに音楽を決めて流してみるということをやってみたかったんですが、私自身は喋るの下手だし、そもそも音楽を流せる場を持つことも無いし……そういう時にプレイリストをシェアするというカルチャー、ぴったりだと思いました。

これから毎週、完全に私の気分と気まぐれでランダムに音楽をお届けします。
このプレイリストが、あなたの音楽ライフをより豊かにするきっかけになったら素敵です。

ぜひお気軽にフォローどうぞ。
みんなもっと気楽に音楽シェアしようよ!

コメントする

カテゴリー: 告知

アルバム『Violence』(かんたん感想)

Editors(エディターズ)の第6作目のアルバムが!約2年半ぶりに出ました!…と当たり前のようにこの投稿を書き始めようとしましたが、ふと手を止めて冷静に考えました。

6枚目のアルバム。今私が持ってるどのアーティストのCDよりも多い数です。個人的にもともと好きになるバンドの数は少ないんですが、これだけ多くの数のCDを持つことになるなんて今まで想像したこともありませんでした。

ヴァイオレンス

レビュー

いやもう、本当にどうしたら良いんでしょうか? このバンドは毎回最高傑作を作ることしかできないんでしょうか? と思ってしまうほどとんでもなく素晴らしいサウンドでした。軽率な発言と分かってても、私は迷わず「最高傑作」と評したいです。『Violence』というアルバムは、Editorsをさらなる高みに導きました。

サウンドの印象を一言で言い表すなら、まさにヴォーカルのトム自身が言う通り、”Brutal(粗暴)”
シンセサイザーは前作『In Dream』から引き続き残されていますが、ギターサウンドはかつてないほど鮮やかで鋭くなり、ドラムビートはかつてないほど激しくなっています。踊り出したくなるほどの躍動感。クリアでどこまでも広がっていきそうな開放感。
今回も何か一つの統一的なテーマやコンセプトに沿って作られたアルバムではありません。詳しくは2017年9月の↓のインタビューを参照いただきたいんですが、ベースのラッセルは今回のアルバムを、一曲一曲の継ぎはぎ(patchwork)的な制作と回答しています。

Editors on their next album, career highlights + their soaring popularity in Europe – GIGWISE
https://www.gigwise.com/features/110679/editors-on-their-next-album-russell-leetch-and-ed-lay

同じインタビューの中で、過去作のサウンドとの比較について問われた際、ラッセルは「『An End Has A Start』と『In Dream』に掛け合わせた」感じと答えてますが、私の印象もまさにそんな感じで、『AEHAS』のギターの疾走感と『In Dream』のシンセ主体の音作りが互いに絶妙なバランスで着地したイメージです。

それにしても、この『Violence』というタイトル。初めて見た時はどきりとさせられました。なんて不穏な単語でしょう。ある意味で彼ららしくないワードチョイスだと最初感じました。改めて過去のアルバムタイトルを振り返ると、

『The Back Room』=「奥の部屋」
『An End Has A Start』=「終わりが始まる」
『In This Light and On This Evening』=「この黄昏のこの光の中で」
『The Weight of Your Love』=「お前の愛の重さ」
『In Dream』=「夢の中で」

このラインアップの中に、この一単語が加わるわけです。

『Violence』=「狂おしき力」

2016年にイギリスはBrexitという大きな局面を迎えていて、そういった情勢がバンドの心理にも何かしら影響を与えていたのかもと勘繰ってしまいいました。先行公開されていた『Magazine』や『Hallelujah (So Low)』の印象もあり、今回どこかポリティカルなとげとげしさに走ってしまうのではないかと。

そういった心配は、結局は杞憂で済みました。時代が新しくなってもEditorsはEditorsらしさを見失ったりしていません。そして同時に、Editorsは常に新しい存在に生まれ変わり続けていきます。
それこそがきっとこのバンドの姿なんでしょう。一つ所に安住せず、常にどこかを目指して進み続ける。私の憧れているスタイルです。

では、以下でいつもの通り各曲レビューを。
続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -音楽

ライブレポート: The xx @Zepp Osaka Bayside(2018.2)

The xxが日本に単独ツアーで来る! しかも大阪にも! ということを知ってから、勢いのままライブに参加した話です。

ずっと彼らのライブに行きたいと思っていたものの、前回2017年に来日していたのを知ったのは既に終わった後だったので(Twitterで関連情報をフォローしてなかった)、今度こそはチャンスを逃したくありませんでした。

実は、個人的に音楽のライブというものに行くこと自体、今回が人生で初めてでした。好きなアーティストは海外の人ばかりで、しかも来日することも稀で、またもしそんなことがあったとしても、運悪く自分の予定が合わなかったりで、黙って涙を呑む日ばかり……。
そんな中The xxの今回のジャパンツアーが、初めて自分の行けるチャンスのあるライブになりました。交通費的にも日程的にも大阪の方が良さそうだったので、色々分からないことだらけながらも、初ライブ参戦を決意しました。

整理券番号はA200番以内でしたが、当日よく分からないまま400番台の列で待ってたりしていました。18時より指定席組が入った後でスタンディング組の入場が開始。会場内では左側の前の方の柵の辺りに陣取らせてもらいました。観客を見渡した感じ、20代あたりが大半でしたが、外国の人も1割ぐらいはいました。日本の結構年齢層高めの人もいて、ファンの幅広さを感じました。

オープニングアクトはSapphire Slows。初めて聴きましたが、キャッチーなエレクトロサウンドと淡いヴォーカルに聞き入ってました。
そのアクトの終わりからの待ち時間がだいぶ長かったのは正直アレでしたが(1時間ぐらい?)、いよいよ照明が暗くなってメンバーの登場!
続きを読む

コメントする

カテゴリー: かんたん感想, かんたん感想 -音楽